若王子神社から銀閣寺までの
2km程度の疎水沿いの道。

哲学者・西田幾太郎が思想にふけって
歩いた道、ということで「哲学の道」
と言う名前になったというのが定説。

ここもまた、京都の桜の名所だ。