行く年来る年で出てくる、京都の除夜の鐘の音は、
ここ、知恩院の大鐘楼で撞かれます。

写真を見てわかるように、
大勢の僧侶が綱を持って、
そーれ、の掛け声で「ごーーーーん」と撞きます。

もう、その重低音たるや。
デジカメで動画を撮ったのですが、
その迫力までは記録できませんでした。

体の底から響き渡る聖なる鐘の音です。