築城者:徳川家康
築城年:1610年
所在地:愛知県名古屋市中区本丸

・造形美…………★★★☆☆
・彩色美…………★★★★☆
・立地環境………★★★★★
・展示+眺望……★★★★★
・交通……………★★★★★
・歴史的価値……★★★☆☆
・知名度…………★★★★★

合計30点/35点満点

【コメント】

城に詳しくなくても、名古屋城くらいは
知っているだろう、という超有名な城。

典型的な徳川デザインの城であり、
現存しない江戸城をはじめ、
徳川大坂城、駿府城、和歌山城など
と同様に、銅葺屋根。

戦争当時、名古屋城は銅葺だから、
焼けないんだと言われていたらしいが、
名古屋城の命である金の鯱を避難させるために
組まれていた足場に焼夷弾が命中して発火、
そこから見る見るうちに燃え広がり、
金鯱もろとも、焼失してしまった。

名古屋城が焼け落ちる様は、
色とりどりの炎に包まれていたといわれ、
おそらくは、金属製の屋根が炎色反応
起こしていたのだろう。

戦後真っ先に、名古屋城復興の声が上がり、
14年後の1959年に鉄骨鉄筋コンクリート造りで再建。

個人的に、大坂城の緑天守はどうもいただけないが、
名古屋城はやはり、緑天守であるべきだなぁと思う。

この日は、東南隅櫓が期間限定公開中で、
まさに天守と桜を撮影するためにあるような、
絶好のアングルで撮影することができた。

【グルメ】

しかし、名古屋には美味いものが多く、
食べるものに困ることは少ない。

個人的なオススメでは、ひつまぶしや味噌カツ、
手羽先揚げに、味噌煮込みうどん。

ひつまぶしなら、栄の「以ば昇」、矢場町の「萬吉兆」、
同じく矢場町の松坂屋内の「あつた蓬莱軒」。

味噌カツは、言うまでもなく「矢場とん」。
(東京銀座にも支店があります)

手羽先では、「世界の山ちゃん」。
(これも神田・新宿・池袋・田町・川崎と続々首都圏進出中)

味噌煮込みうどんでは、「山本屋総本家」が有名だが、
いまだ食したことがなく、味噌煮込みはいつも、
伏見・御園座裏の「五城」がオススメ。