築城者:滝川雄利・筒井定次・藤堂高虎・川崎克
築城年:1581年、1585年、1612年、1935年
所在地:三重県伊賀市丸の内

・造形美…………★★★☆☆
・彩色美…………★★★☆☆
・立地環境………★★★★☆
・展示+眺望……★★★★★
・交通……………★★★☆☆
・歴史的価値……★★★★☆
・知名度…………★★★☆☆

合計25点/35点満点

【コメント】
藤堂高虎の戦時の城として、築城された
伊賀上野城。

天守閣の規模からすると、
ちょっと高すぎるよなーという高石垣。

特に柵も何もないので、
近づくときは気をつけて。

また、地元の名士川崎克氏が再建した木造天守も
昭和初期の建築ながら、なかなか見事。

「攻防策戦の城は滅ぶときあるも、
 文化産業の城は人類生活のあらん限り、不滅である」

とは、川崎氏との言。その志や拍手。

そういえば伊賀上野といえば、忍者が連想されるが、
特に忍者とは関連がない。

むしろ、忍者を体験したいなら、
は伊賀流忍者博物館まで。天守閣のすぐそば。

【交通】

関西本線でJR伊賀上野まで。
ただし、かなり城まで距離があるので、
時間があれば、伊賀上野駅から歩いてもいいが、
近鉄伊賀線で上野市駅まで行ったほうが無難。

また、近鉄大阪線で伊賀神戸で乗り換えて
近鉄伊賀線で上野市駅まで。