築城者:津軽為信/信牧/寧親
築城年:1603/1611/1810年
所在地:青森県弘前市白銀町

・造形美…………★★★★☆
・彩色美…………★★★☆☆
・立地環境………★★★★☆
・展示+眺望……★★★★☆
・交通……………★★★☆☆
・歴史的価値……★★★★★
・知名度…………★★★★☆

合計27点/35点満点

【コメント】

東北地方に唯一に残る現存天守。

築城当時は、五層の天守があったそうだが、
落雷で1627年に焼失してしまう。

一国一城令で五層の天守の建造が禁じられ、
櫓を天守代わりにしたのが、今に残る天守。

豪華であったであろう初期弘前城の天守も
見てみたいものだが、
簡素ながら現存天守もなかなかいい。
雪景色にマッチするなぁ。

桜の頃が有名な弘前城だが、なんのなんの。
雪の弘前城も極上、極上。

天守閣だけではなく、追手門や3つの櫓など、
現存する建造物に加え、
内堀・外堀や郭など、城としての構造も
ほぼ完全に残っており、見所たくさん。

ただし、冬季は天守閣が閉館しているので、
中に入ることはできない。そこだけ注意。

【交通】

弘前駅から弘前城までけっこう離れていて、
手段もバスかタクシーのみ。
ここは手っ取り早くタクシーに乗るのが吉か。

それ以上に困るのが、弘前までの交通手段。
わたしの場合、五能線を北から、五所川原を通過して、
弘前に入ったわけだが、普通は

(1)秋田方面からなら、奥羽本線。
   特急かもしかで、2時間。


(2)青森方面からなら、特急つがる。

でも、東京方面からまずどうやって、
北東北に来るかが問題。

●秋田新幹線(秋田) → 特急かもしか
 (or 秋田空港)

●東北新幹線(八戸) → 特急つがる

●青森空港 → 連絡バス

の3つの手段になるだろうか。

青森空港で降り、連絡バスで向かうのが一番早いが、
青森空港にはJALしか発着しない。
秋田空港なら、ANA・JALどちらも発着。

ちょっと東京からのアクセスは限られているが、
それだけ価値のじっくり見るある城だと思いますよ!