築城年:1201年/1567年
築城者:二階堂行政/織田信長
所在地:岐阜県岐阜市天主閣

・造形美…………★★★☆☆
・彩色美…………★★★★☆
・立地環境………★★★☆☆
・展示+眺望……★★★★★
・交通……………★★☆☆☆
・歴史的価値……★☆☆☆☆
・知名度…………★★★★★

合計23点/35点満点

【コメント】

言わずとしれた美濃の蝮・斎藤道三の居城にして、
天下布武を掲げた織田信長第二の居城である。

当然、道三の頃の岐阜城(当時は稲葉山城、もしくは井ノ口城)には
天守に相当する建造物はなかったと思われるが、
信長時代になり、山頂に天守が築かれていたようだ。

しかも、山麓の居館にも望楼構造を持った
ある意味天守に近い建造物もあったようで。

その後、池田氏が天守を再建し、
市街地の加納城へ移築されたようだが、
この岐阜城天守閣は、そのいずれの天守閣とも
似ていないまったくの模擬天守。

これは不覚。模擬と知ってみるのと、
そうでないのとは、見る感覚が違う。

確かに、信長時代には後の安土につながる
豪華な建物であっただろうし、
金箔瓦も使われていただろうが、
まったく形が違うのを建てるのもいかがなものか。

また、それをしっかりとアナウンスしないのも
どうなんだろうか。
模擬天守が悪いとは言わないけど、ねぇ。

【交通】

戦国時代の山城なので、市街地から離れた
金華山山頂に天守閣がある。

JR岐阜駅から長良橋方面に向かい、
岐阜公園前下車。

歩いていこうものなら、1時間は歩きますよ。
距離にして約4km。
わたしは運動のために往復しましたが…疲れます。