築城者:太田道灌・徳川家康/秀忠/家光
築城年:1457年、1606年~1637年
所在地:東京都千代田区

・造形美…………★★★★☆
・彩色美…………★★★★☆
・立地環境………★★★★☆
・展示+眺望……★★☆☆☆
・交通……………★★★★★
・歴史的価値……★★★★★
・知名度…………★★★★★

合計29点/35点満点

【コメント】

天下を統べる徳川将軍の城である。

振袖火事で江戸の広範囲が焼けてしまってから、
天守が再建されず、この富士見櫓が天守代用となる。

天守造営には資金が掛かるわけで、
江戸の街の復興もあるので、
いたし方のないところではあるが、
日本最大の城の割りに、シンボルが小さいんだよな。

ただ、客観的に見てこの富士見櫓は、
さすが江戸城に現存する建造物では一番均整がとれ、
また瓦の黒さが締まって、美しい。

このようなアングルで撮影できるのは、
ごくごく限られた日だけなのだが、
その他の日は、皇居東外苑から本丸に入れば、
背後から富士見櫓を見ることはできるが、
あまりお世辞にも、見栄えがよいとはいえない。

であれば、せめて内部を見学させてくれても、
いいんじゃないかと思うのですけどね。