築城年:1604年 築城者:島津義久 所在地:鹿児島県霧島市国分中央 ・造形美…………★★☆☆☆ ・彩色美…………★★★★☆ ・立地環境………★★★☆☆ ・展示+眺望……★★☆☆☆ ・交通……………★★★☆☆ ・歴史的価値……★★★☆☆ ・知名度…………★★☆☆☆ 合計19点/35点満点 【コメント】 秀吉に強制的に隠居させられた島津義久の第二の隠居城。 ちょうど、薩摩と大隅の境に位置し、鹿児島城からの移転話も 再々あったということだった。 唯一の当時の遺構建築として残る朱門は、 島津義久から払い下げられた旧国分城南門であり、 藩士屋敷に移築されていたものを、再度城址に移築したもの。 ただ、赤色の塗りっぷりがちょっとあまりよくなく、 当時からこんな色に塗られていたのか疑問。