築城年:1605年
築城者:寺沢広高
所在地:熊本県天草郡苓北町富岡

・造形美…………★★★★☆
・彩色美…………★★★☆☆
・立地環境………★★★★☆
・展示+眺望……★★★★★
・交通……………☆☆☆☆☆
・歴史的価値……★★★★☆
・知名度…………★☆☆☆☆

合計21点/35点満点

【コメント】

関が原の戦い後、唐津城主・寺沢広高が天草を拝領、
飛び地であった天草を統治するために、
1605年に築いた城。天草・島原の乱では、
一揆勢の猛攻を受けるが、原田嘉種の奮戦で、
落城寸前ながら、なんとか食い止めたという激戦の地。

のちに富岡藩が成立、城郭として再度整えられるが、
そもそも収穫のあまり望めない天草で、
城の維持負担が領民の負担になっているとのことから、
当時の藩主・戸田忠昌が城を破却。

復元は、1994年から始まり2005年に完成。
石垣を含めた復元は、もはや復元というよりも、
新規築城といったほうがいいくらい。
よくもここまでできたものだと感心させられる。

島原の乱後ということもあり、城址は
反乱に使われないよう徹底的に破壊されたのだろうな。

櫓群は小振りながら、あたりが何もないところのため、
非常によく目立ち、長崎の茂木港から出ている
船からもその姿をはっきりと確認でき。

また、天草下島の端の高台に位置しており、
非常に眺めは素晴らしい。海が見渡せる城というのも
いいもんであります。

【交通】

城好きには、ここまで来た甲斐があるなと
思わせられるが、そうでないとなかなか来ないでしょうな。
もう…交通の便が悪い!

おそらく長崎市内から下って茂木港を経由して、
船で入るのが最短ルート。逆に熊本から行こうとすると、
熊本→本渡まで船かバスで、さらにそこから
バスを乗り継いで1時間…という感じ。

【グルメ】

茂木港行きの船の待合所で珈琲工房 麟泉という
カフェがあります。身体障害者授産施設の天草更生園
が経営するカフェです。

ここでピザを食べれるんですけど、
そこそこ安くて美味しかったです。待ち時間に。