築城者:黒田孝高・長政
築城年:1601年-1607年
所在地:福岡県福岡市中央区城内

・造形美…………★★★★☆
・彩色美…………★★★☆☆
・立地環境………★★★★☆
・展示+眺望……★★☆☆☆
・交通……………★★★★★
・歴史的価値……★★★★☆
・知名度…………★★★★☆

合計26点/35点満点

【コメント】

たまに博多にお城があったの?とか言う人がいるが、
博多にはお城はありません。江戸時代には、
福岡という城下町と博多という商人の町が並んで
それぞれ存在していたから。

今で言う、天神は福岡であり、博多は博多。
別の街だったんですね。

博多の歴史は古いですが、那珂川を挟んだ西側の
福崎丘陵に関が原の功績が認められて、
中津16万石から36万石の大加増で黒田長政が移り、
すぐに新城の建造に取り掛かった。

長らく天守はないとされてきたが、どうやら
幕府に遠慮して一度建てた天守を破却したのでは?
ということで、どんな天守か話題になっている。

写真は、2000年に焼損した下の橋門が修復されて
櫓門として復活したところ。

福岡城も熊本城に負けないくらいの、九州きっての
大近世城郭なわりには、建物がほとんどなくて、
かなり忘れられてる感が…^^;

少しずつ、きちんと歴史資料を紐解きながら、
正しい復元がされていってほしいものです。

【交通】
福岡市営地下鉄の大濠公園駅下車すぐ。