築城者:酒井忠休 築城年:1781年 所在地:山形県酒田市字新屋敷 ・造形美…………★★★☆☆ ・彩色美…………★★★★☆ ・立地環境………★★★☆☆ ・展示+眺望……★★☆☆☆ ・交通……………★★☆☆☆ ・歴史的価値……★★★★★ ・知名度…………★☆☆☆☆ 合計19点/35点満点 【コメント】 庄内鶴岡藩の分知を受けて成立した松山藩の政庁。 2万石の小藩ながら大層な大手門が建っているのは、 酒田の大富豪本間重利が寄進した門だから。 藩の財政で建てたわけではないわけですな。 ただ、大手門は壮麗でも縄張りはそれなりで、 不完全なままだったようですねぇ。 宗藩鶴岡藩の建物も赤瓦だったが、こちらも赤瓦。 しかもれっきとした城郭建築なわけで、 なんとなく鶴ヶ岡城や同じ赤瓦だったといわれている、 岩手の盛岡城の風景を想像させる貴重な遺構。 官軍の実況見分役としてやってきた坊城将軍の計らいで、 取り壊されずに済んだ大手門。 これからも貴重な文化財を守ってほしいものだ。