上に登ってから。

彫り物の細やかさが素晴らしいのと、
同じ木々の茶色でも、退色して焦げ茶になってるところと
赤茶色の比較的新しいであろう部分で、
茶色の中でも色の変化を楽しめる。

赤茶色のところは修理したんかね。
それとも、元からこういうものなのかな。