弘法大師が長安から帰国後に、
真言密教の象徴として建立したという塔。

ひときわ目立つ、鮮やかな色彩。
何度も火災や落雷で焼失、現在のものは、
1937年に鉄筋コンクリート製で再建。