2006.08.24

初秋のセーヌ川。

ずーっとストップしてたけど、
5月にあったデザフェスで購入した
ポートレート紹介第6弾。

青柳紀幸さんの作品。

まだまだ残暑厳しいが、
ここで描かれているセーヌ川は、
秋の感じかな?

優しい感じの絵に惹かれて購入。

67

2006.06.29

ファンタジー。

デザフェス・ポートレート紹介第5弾。

たなかなおゆきさんの「空想絵画物語。」シリーズ。
ファンタジー」という名前がつけられていて。

Fantasy

わたしには、この絵に描かれているのは
桜にしか見えないんだけれども、
構図のせいなのか、すごく躍動的な描かれ方が
すごく新鮮に映ったんだよね。

背景の塔はドラクエだか、FFだかの
これから攻略すべきダンジョンを控え、
さー、こっからやでぇというような感じ?

2006.06.19

サンマリノを想い出すポートレート。

デザフェス・ポートレート紹介第4弾。

中井友泰さんの作品。

Nakaisan

隣にあるのはFF12の説明書なんだけど、
どこか似ているような気がしたんで、
一緒に撮ってみた。

こう、なんだかファンタジーな感じの街並み。

ふと、6年前に訪れたイタリアに囲まれた
サンマリノを思い出す。

あそこも坂道が急なところで、
味のある建物がずーっと並んでいたよなぁ。

そういや、みやげ物やのおばちゃんに
See you laterといって出てきたっけ。

もいちど、行きたいなぁ。

2006.06.10

ぬっ!

なかなか紹介できていないが、
デザフェス・ポートレート紹介第3弾。

ナカヤトモユキさんの作品。
PCで描いたそうだが、めちゃめちゃリアルな豚。

Pig

暗闇から突然、「ぬっ!」と出てきた感じ。
テレビでよくやる芸能人の寝床に突撃するときとか、
この絵をバッっとみせたら、びっくりするだろうなぁ。

…あまりのショックにしばらく豚が食べられなくなったりね(笑)

こちらでそのほかの作品が見れますよ!

2006.05.31

切り絵。

デザフェス・ポートレート紹介第2弾。

今日は切り絵師・leeさん
ポストカード。
こちらのページで写真にないポートレートも見れます。

Kiri

左から「角楼月色」「曹操」「諸葛亮」。

右の2点は言わずもがなの三国志で
有名な2名。

切り絵の「独特な」味わいがある。
うまくいえないけれど。

シシドさんの絵もそうだけど、
微妙の色のグラデーションを楽しむよりは、
はっきりとした色のコントラストを
楽しむのが好きなのかもしれない。

ちょいワルな曹操もいいけど、
陰影を帯びた諸葛亮がいい。

諸葛先生ってば、働きすぎなんだよねぇ。
そりゃ…五丈原で倒れるわな。

左は、紫禁城の城壁の角にある角楼だそうだ。
シルエットだけだと、どことなく日本の城の櫓を
思わせるような姿かたちをしている。

…櫓みたいな建物、ホント好きなんだな。

2006.05.24

SENGOKU。

先日のデザフェスポストカードセレクション第1弾。
正確にはポストカードではないのだけれど、
気になったポートレート、ということで。

近藤邦彦さんの作品。「SENGOKU」。

Sengoku

城好き、ということで右手に描かれた
天守閣に惹かれて購入。

色調から、夕陽を想像させるが、
戦国と世にもこうした穏やかな夕陽があったのかも。

実写的ではなくオレンジの階調だけで
描かれているのがかえっていい。