« 「北条氏康の家臣団」読了…武田との比較 | トップページ

今年も巡って参りました。

毎年、振り返っては振り返っては懐かしく思う日。

そんな4月10日。わたしの大切な人は49歳なんだってさ。

でも・・・もう年はとらない。わたしがもうその止まった年を

追い越してしまっているのだ。

 

飯島愛が亡くなったとき、彼女のblogが墓碑のようになって

お参りに来た人のコメントで溢れていたことを思い出す。

 

亡くなった人が残したインターネット上の痕跡は、

遺された者にとっての、ある種の救いになる。

 

そして、墓参りするかのように、決まってこの日に

サイトへアクセスしてみる。

 

ねぇねぇ、次の元号、令和っていうんだよ。

ねえさんはどう思うかな。ねえさんの感想が聞きたい。

 

本当にもう、もっともっとお話がしたかった。

どんどん変わるネット界隈について、

いやいやもっとくだらないこととか、たわいのないことも。

 

そちらに行くのはもう少し後、といったけども、

あまりにたくさんのことがあって、

あまりにたくさんの伝えたいことがあって、

語り尽くせないかもしれないよ。

 

多くの人が誕生日に電話を掛けるねえさんだから、

あちらにわたしが言ってもお話できるのには

だいぶん待たされるのかもしれないね。それもいい。

 

わたしもいつか、この世を卒業するとき、

> 残った人は辛いよね。自分のことは忘れて欲しいけれど、

> 忘れてくれないならせめて悲しまないで欲しいかな

ということを言い残したいね。

 

というか、「近い将来の死を確信している人々のフォーラム

という存在があってよかったよね。インターネットが中心の

人付き合いが多くなる今日だから尚更。

 

ネット上、最近だとSNSでのお付き合いについて、

基本的に性善説でいられるのは、彼女のおかげです。

ホント、何度言ったかわからないけど、ありがとう。

わたしの人生のなかで、最も大切な10人に入る1人です。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

 

|

« 「北条氏康の家臣団」読了…武田との比較 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「北条氏康の家臣団」読了…武田との比較 | トップページ