« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

去年の今頃はシリーズ(8-2) 講演:恵林寺講座 平山優先生に聞く武田信玄公 品第一

さて、後半です。

◆武田四天王について◆
<なぜあの人選?>
武田四天王にしても、二十四将にしても、
後世の人たちが言い始めたものではありますけれども・・・

まずは、諱の話から。武田好きにはもはや当たり前の感はありますが、

馬場信房 → 信春
山県昌景 → ○
内藤昌豊 → 昌秀
高坂昌信 → 春日(香坂)虎綱

ですよね。

ちなみに春日虎綱が養子入りした香坂家とは
元は佐久の国衆、転じて筑摩郡牧ノ島に居を構えました。
現在は、牧ノ島城跡になっています。

ちなみに、「高坂」とあるのは上杉景勝から
北条景広への書状で、当て字として「高坂」とされている
と思われる、ということだそうです。

まぁ、四天王も二十四将も人気投票だったんだ
というのが実際のところなんでしょうね。
その中でもTOP4がこの四名だったんでしょうかね。

石川数正が豊臣方に出奔して後、信玄・勝頼時代の
軍制に関わる資料を提出させて、武田流の編成に
したことなどもあって、甲陽軍鑑が江戸時代通じて刊行が
ずっと認められてきて、ベストセラーになります。

そこで、いろんな人がカタチあるものとして見たいと
絵師に注文をつけ、誰々は入れてほしい・・・のなかで、
必ず登場するのがこの4人、というところから呼ばれたのでしょうね。

<四天王の地位>

さて、この四人、そういった後世の人気投票で
決まったのだとすると、当時の地位・職位とは
まったく関係ないわけです。ふむ。

地位が最も高いのが、山県昌景で
それに次ぐのが内藤昌秀。そして春日虎綱、
最後にくるのが、馬場信春。

譜代家老衆の家であるのは、山県家。
実は(武田家もそうですが)この時代の武田の嫡流は
安芸、継いで若狭だったそうです。

もともと甲斐源氏とはいいながらも、南北朝時代に
武田信武の子の信成と氏信(信頼)がいて、
信成が甲斐を、氏信が安芸を継承しているんですが、
氏信が嫡流というのが、最近の考え方のよう。

このとき以来の譜代に山県氏があり、安芸だけでなく、
若狭、甲斐と山県氏が譜代にいるんですね。
ただ、このときには甲斐山県氏は断絶していて、
その名跡を飯富昌景が継ぐことで、この四人で一番の家格
に位置することになるわけですね。ほうほう。

石和の百姓の子といわれる虎綱。信玄公に非常に目をかけられ、
どんどんと出世していくのですが、やはり当初の地位が低かった
というのは事実。それは、諱に秘密があるそうです。

「信」 … 武田家の通り字、家臣のうち嫡男に与えられる
「昌」 … 武田信昌の「昌」の字、次男以降に与えられる
「虎」 … 武田信虎の「虎」の字、地位のより低い家臣に与えられる

というルールがどうもあったらしいんですね。ということで、
当初(元服時点で)どういう立場だったかというのがわかります。

しかし、そこからこの四人がどういう出世ルートを辿ったかで、
見えてくることもあります。

武田家中のエリートコースといわれるのは、
小姓→近習→御使番→奉行→侍大将→城代・・・
と続いていくわけで、昌景、虎綱、
それに真田昌幸もこのルートで出世をしています。

昌景は江尻城代から駿河郡司、虎綱は海津城代から川中島郡司、
昌幸も西上野郡代になっています。が、信春の場合は
いきなり侍大将に抜擢、牧ノ島城代にまでなっています。

内藤昌秀はちょっと変則的で、小姓・近習時代は確認できない
そうなのですが、奉行からスタートして・・・後は同じ。
最終的には、箕輪城代から西上野郡司になっていますね。

このエリートコースを辿るには、文武両道、正確に言うと、
武勇に秀でるだけでなく、官僚としての能力と経験が求められます。

そこで実績を積んでいくことで、郡代という行政・警察権をもつ存在へと
出世をしていくわけですけれども、信春の場合、
その軍事指揮を買われて侍大将にはなっていますが、
行政経験がありません。したがって、城代止まりなんですよね。
ただ、信春は特定の部門(軍事のスペシャリスト)として、
活躍するタイプの人材だったのでしょう。

身分としてはやや低いわけですが、会社でも
そういうスペシャリストで生きる人もいれば、
エリートコースで出世していく人もいますよね。うんうん。

◆戦国時代の甲斐の経済について◆

朝鮮出兵の話。朝鮮から陶工を連行してきた
のは有名な話ですが、学者も朝鮮から連行してるんですって。
その学者のひとりが、甲斐について記述を残しているそうです。

曰く、田より畑が多く、馬の産地。中の下程度。
ということで、そこまで最貧国とまでは行かなくても、
それでもあまり豊かではなかった、ということになりましょう。

朝鮮出兵後、ということを考えると、武田家が滅びて
20年ほど経った後。ということは、信玄公が家督を継いだ頃は
もっと貧しくて、その中で豊かにしてきてようやく・・なんでしょうね。

甲斐では、吉田を除き二毛作が普及。山林資源が豊富。
これに関する史料も多いそうです。
水害の多いのは、周知の通りではありますね。

「甲陽軍鑑」には、別の観点で甲斐が豊かだった、
と記しているようです・・・それは、敵に
甲斐の地を踏ませなかったから。略奪されないわけです。

そして、どの軍もやっていた(黙認されていた)乱捕りで、
あらゆる動産を分捕ってくるわけですよね。そうして領国が豊か・・・と。
それは生産性を上げるという、長い目で見て成果が上がる
なんて、そんな悠長なことばかりではいかんわけですな。

戦国時代とは、気候不順と飢饉と災害が頻発し、
食うための戦の時代だったという側面があるのだそうですね。

ちょうど大きなタイムスパンで考えると、室町から氷河が発達し、
戦国の終わりごろから、暖かくなり始めて海面が上昇する、
という時期でもあって、これが寒冷期であったんですね。

それによって、作物が取れにくくなるでしょうし、
そんな中で台風がよく来襲したりもしたわけで・・・大変。

領国内生産性を上げながらも、その一方でなりふり構わず
略奪させて兵が豊かになり、さらに他国を侵略して領国を広げる。
そのためには、他国とあるときは手を結び、あるときは手を切り・・・

現代的な感覚で、見誤りますよね。
これが常態化しているということが、「戦国」という、
不安定な時代とも言え、その環境下にあって、
甲斐を豊かにするという自負があったのかもしれません。
そのためには、敵は利用するものだと・・・・そんなように
思いました。まぁ、かなり好意的に解釈して、ですけど(笑)

◆文書の解読◆

元は女性の名前はなかなかわからない、
そして女性の文書(北条夫人願文)の鑑定も、
比較対象が少ないので困難、という話だったんですけれども。

一方で、信玄公や勝頼さんだったらね・・・というところから。
本人はほぼ書状は書かず、花押のみというのがほとんど、
あとは右筆というのは、歴史好きなら知ってることかもしれません。

鑑定するとき、年号が特定できていれば、
その前後の証明済の文書と徹底的に比較して、
その筆跡から、どれか同じもの、つまり右筆の誰かと筆跡が
一致するはずではないか?という比較の仕方をするんですね。

本人書状の場合は、本人のクセ字を押さえておく
というのがポイントになるそう。信玄公の場合は「入」「事」。
後に武田二十四将展を見ると、確かにクセあるなーと思ってました(笑)

あとは墨継ぎね(笑)筆跡を真似ようとしても、
なかなかこれがマネのできない落とし穴。

普通だったら文章のキリのいいところで、
自然と次の文章を考えて筆が止まって墨継ぎするわけですが、
偽物つくってると、筆跡真似るのに精一杯。
墨継ぎが、文章の切れ目と合ってこなくなるんですってね。
信玄公の場合は、けち臭いんでしたよね(笑)
それはまた追って・・・

ということで、ここから怒涛の武田講座の2016年・3月4月5月が
始まったのでした・・・・つづく。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去年の今頃はシリーズ(8-1) 講演:恵林寺講座 平山優先生に聞く武田信玄公 品第一

さて、昨年のお話にビューンと戻ります(笑)
昨年の今頃は、初めての恵林寺講座でした。

P1170957

品第一、ということで法華経や甲陽軍鑑なども
章構成をこのような表現していますよね。

『今後平山先生には迷惑なんですが、
ずーっと生きてる限りやっていただきたく』

『平山先生、今の拍手聞きました?』

小野正文・信玄公宝物館長のブッコミ具合に苦笑。
というのも、山梨県埋蔵文化財センター時代の、
平山先生の元上司であられるそうで…ナルホド(笑)

平山先生がアタマが上がらない小野館長との
やりとりおもしろかった・・・

って、本題。このような恵林寺の中で、
講座をやっていただけるのは素敵ですよね・・・・

P1170959

P1170962

今回は、事前に参加者から質問を集め、
その中からピックアップして、平山先生が話を広げてくださる、
という新しいスタイルでした。講師側としては、シンドイだろうな…

◆信玄公の若い頃の話◆

信玄公の生まれた頃や若い頃の話、というのは
一次史料では「高白斎記」に出てくるようで、
蟇目役(ひきめやく)の話から始まりました。

蟇目役、とは貴人の出産や病気のときに、
邪気をはらうために蟇目を射る役

とあります。

このお役目、曾根三河守という重臣が仰せつかったそう。
当時は曾根三河守昌長。後代信玄期の偏諱ではなくって、
まさしく武田刑部大輔信昌の「昌」ですね。

曾根氏は、甲府の南、曽根丘陵のあたりを領した一族。
一説に、昌長は武田信重の曾孫ともいい、
書状では、姓を省いて単に「三河守」と記され、
武田の名乗りと待遇を許されていたようです。

そして縄長、虎長・・・と宗家当主の偏諱が続き、
虎長の子が勝長、すなわち内匠助、のち下野守昌世。
後に信玄公にわが目と称されたもうひとりですね。

同じく、「下」曾根家も姓を省かれるようなので、
武田一族待遇だったのでしょう。
乳母は不明、守り役は板垣駿河ですね。
でも、甲陽軍鑑を見る限り、という状況推測に過ぎず、
甲陽軍鑑に明示的に「守り役」とは書いてないんですって!
最初に「守り役」と記したのは、実は「甲斐国志」。

エピソードは甲陽軍鑑でしかわからないのですが、
駿河から届いた貝を数えさせ、過大評価
しちゃいがちと勝千代君の話や、ウツケを演じた話など。

そのウツケが晴信の作為によるもの、と見抜いたのは
わずか四人だったと伝わります。

板垣駿河、甘利備前、小山田備中、飯富兵部。
板垣、甘利、飯富はよく知られていますが、
小山田備中はイマイチ?かもしれません。

後に、小県~川中島戦線の責任者として、
真田弾正らを率いて活躍する小山田備中守虎満。
信玄からの全面的な信頼を受けているのも、
この頃からの信頼があったのでしょうか。

さて、勝千代、太郎、晴信は、慎重かつ冷静沈着。
こうした子供時代の性格は、天下に聞こえる大大名に
躍進してからも、変わらずにいたような気はしますね。

そんな幼き太郎がいかなる教育を受けたのか?
ということについて、直接的に解る史料はないのだそうですが、
信繁家訓九十九箇条に、ものすごい中国古典から
その論拠・典拠を示していることが知られていて、
現代に伝わらない古典からも、典籍からも幅広い引用。

信繁ですらそうなのですから、況や信玄をやであります。
信玄公のご兄弟だけでなく、武田家の一族、
特に信玄公母方の大井氏は、文化人を輩出しており、
甲斐国守護の家として、高い文化水準の教育を
受ける環境があり、信玄公ご本人の漢籍への興味関心も
あいまって、ものすごく吸収され消化されていったんでしょう。

ここからはわたしの推測ですが、信虎自身は14歳で
家督を継いで戦いに明け暮れる半生でしたが、
京との関係を非常に重視してましたから、
守護家たる武田家の教育とは、どうあるべきか関心が
あったのでしょうか。

性格面では反りが合わなかったであろう太郎ですが、
本人にその素養があるかはさておき、結果的に
その教育への関心が、後の武田信玄をつくった…のかも。

こう考えると、義信・勝頼両氏のことへ関心が向いてしまいます。
おそらく信玄公のことですから、義信さんへの教育は
手厚くされたんでしょうと想像できることと、
早くから諏訪家入りが決まっていた勝頼さんが、
そのような中国や日本の歴史から、大将かくあるべき…
ということを学ぶ機会がなかったのかもしれません。

ホントに遠い遠い遠すぎる遠因かもしれませんが、
勝頼さんのそういう教育環境も後の結果に
つながったのかな・・・などと想像。
確か勝頼さんも和歌の会は催していたように思いますが…

さて、話を戻します。信玄公の受けた教育、
という観点には、臨済宗との関係は切っても切れません。
臨済宗は当時の天下の教養人を相当輩出。

信玄公のバックボーンには、そんな臨済宗の思想が
深く刻まれているわけですね。

「信玄」という法名もまた、師であった岐秀元伯から、
臨済宗にあって高名な関山慧玄の関山派の高僧、
関山慧玄の「玄」の字を頂いたわけで。

ここから信玄公のバランス感覚の話に進みます。

余談ですが、このバランス感覚、ひいては、
物事の全体を見て、局所的に重きを置かないというのは、
わたしも非常に大事にしていることだったりします。

その一端として、一向宗の保護が話に上がりました。
隣国である北条、上杉では浄土真宗を堅く禁じましたが、
信玄公は領国に宗徒を迎え入れ、保護しました。

実はこの保護が遠い先、武田家の命脈が保たれる重要な鍵に
なるとは、信玄公も思ってもみなかったでしょう。
信玄公が保護し、一向宗の寺長延寺(現光沢寺)を開いた
実了師慶は、次男武田竜宝の子を弟子にしています。

そして、武田滅亡の折、この実了が信濃飯山に
弟子にしていた武田竜宝の子、すなわち還俗して
武田信道を匿って、命脈を保つことになるのです・・・・

すべての宗派を受け入れ、保護し、自由な布教を許した
信玄公ですが、法論だけは堅く禁じました。

法論とは、仏教各派の教義の解釈についての議論のことなんですが、
往々にして、各宗派の主張の押し付けと相手の主張を無視し、
相手を論破するだけでなく、法論に破れた者に改宗を迫るというような、
揉め事の原因となることが多かったようです。

これ・・・領国内の秩序が乱れる原因になるわけですね。
法論とは僧同士の決闘のみならず、各派につく信者も巻き込んだ
争いになるわけでして・・・互いの宗派は
おのおの互いを尊重すべし、これが信玄公の考え方です。

この禁を破ったのが、あの鬼美濃こと原美濃守虎胤。
日蓮宗信者なんですが、法論に首をつっこんで、
北条に追放されていました(後に呼び戻されて帰参)

ここからわかることとして、信玄公が仏教をどう捉えていたか、
の一端がわかるとともに、信玄公の基本的な考え方が
現れているようにも思います。

◆信玄公の肖像画の話◆

まぁ、よく知られた話ではあります。
いわゆる成慶院の伝・武田信玄像が畠山義続と思われること、
真像といえば、持明院蔵や浄真寺蔵の吉良義康像
ではないの?ってことですよね。

信玄公じゃないのでは、というのは20年前くらいから
言われているそうですね。でも、成慶院蔵がなぜ違うのか???
について、しっかりと振り返ってみるのもよさそうです。

(1) 家紋の違い … 花菱ではなく二引両紋
通常の人物像とは違い、烏帽子を被らず、
素襖で寛いだ格好ですが、素襖には家紋が一切ない
刀と脇差の柄の部分に二引両紋が・・・

(2) 等伯の落款

長谷川等伯の落款があるので、彼の筆によるのは確かなのですが、
彼が故郷の七尾にいた頃のものであって、信玄公が亡くなる
少し前、信玄公の西上作戦があった、元亀三年(1572年)に上洛。
ということは、元亀三年以前でないと辻褄が合いませんね。

一方、この伝・武田信玄像を見ると、髷があるのがわかります。
ということは、描かれた人物は出家していないことになってしまいます。
信玄公が出家したのは、第四次川中島合戦の少し前の
永禄元年(1558年)。永禄年間の初期・・・だと、
長谷川等伯の事実と矛盾してしまいます。

また、信玄公が出家した時期とその年齢を考えると、
ちょっと描かれる人物が老けて見えるというのも気になる点。

これらを総合すると、信玄公ではなくって、二引両紋を使える身分で、
等伯がいた元亀三年以前に能登七尾に居る人物・・・
ということで、畠山義続ということになるわけです。

さて、武田家の遺品が納められた、高野山成慶院・持明院。
勝頼が自分とともに武田家の遺品が滅びるのは
惜しいと甲州慈眼寺の尊長に託し、それらが高野聖の手によって、
高野山に伝わることになるわけですけれども。

現在、高野山成慶院には、ここで信玄像ではないとされた
伝・武田信玄像のほか、勝頼・信勝・北条夫人三人の像、
持明院には、信玄公が若い頃、出家前の、
武田晴信寿像が伝わっています。

高野山の記録には、他にも信玄公寿像があったとされていますが、
実はこの寿像、現代には伝わっていません。

信玄公の本葬は、武田氏館で長篠合戦の翌年、
天正四年(1576年)に執り行われた後、
信玄公の遺品を勝頼さんが高野山に送ったことがわかっています。

この中に信玄公寿像(=生前描かれた像)が含まれていた
というわけですね。つまり、勝頼らの三人の像や晴信画像が
高野山に伝わったのとは、別の経緯で高野山に伝わったわけです。
描いたのは、武田逍遙軒信綱。

この模本と思われる像が四点あります。

(1) 山梨県立博物館蔵
(2) 浄真寺蔵
(3) 東京大学史料編纂所模写
(4) 個人蔵(長浜市長浜城歴史博物館寄託)

このうち(4)は当日紹介されていなかったのですが、
少し前に東京で行われていた、そして現在京都で行われている
戦国時代展で展示されていて、おそらく(3)と同一なのでは
という気がしますが、寛政年間の写しだそうです。

以下、Wikipediaリンクと戦国時代展図録から転載。

(1) 山梨県立博物館蔵

(2) 浄真寺蔵

(4) 個人蔵(長浜市長浜城歴史博物館寄託)

170122_1518_002

おそらく髷があることから、出家直前の三十代前半くらいでは
ということですね。山梨県立博物館蔵、
浄真寺蔵については、写された時期は判明していませんが、
浄真寺蔵はかなり古い段階で、原本に近いとされているようです。

しかし、個人的には、東京大学史料編纂所模写の個人蔵の
信玄公像が一番丁寧な仕事をしている気がしていて、
その信玄公の甲冑姿を一番よく伝えているのではないか、と思います。

というのも、晴信画像を見る限り割と面長であるように思え、
浄真寺蔵では頭が丸く描かれているのに違和感がありましてね。

そもそも頭の形はそう変わらないでしょうが、年代比定も
出家直前と考えるならば、晴信画像が描かれてから、
10年は経っていないくらいなわけで、ちょっと晴信画像とは
異質な気がするんですよね。。。というわけで、
個人的には、(3)(4)推しです、はい(笑)

◆武田家中の酔っ払い・穴山蟠龍斎◆

さて、続いて食べ物・飲み物の話。残念ながら、
信玄公には、食べ物や飲み物のエピソードはないらしく、
どういう好みだったかはよくわからないようなのです。

その代わりっちゃなんですが、酔っ払いエピのあるのが、
穴山伊豆守信友、号して蟠龍斎。

・・・と言ってもなかなかわかりませんが、息子が信君(梅雪)
というとあぁ、とわかる人も多いでしょう。梅雪の父ちゃん。

村上との和睦交渉でも、酒飲んでおじゃんにしてしまい
晴信公曰く「いつものことだけどしょうがない」・・・

しかも、冷泉家への信玄公からの歌の会のお誘いには、
先般の非礼をお詫びしたいと穴山が言っているとし、
今、禁酒をしているともあるそうです。相当やっちゃったんだな・・・

これを聴いてから、わたしもこれから酒の席で失敗して、
蟠龍斎と呼ばれないように、気をつけたいと思います(笑)

◆信玄公の後継策と勝頼評◆

これは気になる、信玄公が後継者育成をどう考えていたかって質問。
また、勝頼さんの評価について。

まずご指摘されたのは、隠居をしないことによる権力移譲・分掌をし、
スムーズに移行することができなかった。。。

壮年期にあって、隠居せずに死ぬまで当主の座にいたのは、
信玄公と謙信公。そして、両者とも権力移譲に
失敗しているわけですね。

義信事件も最も直接的な原因は、対今川家の考え方の相違
ということなんでしょうが、信玄公がなかなか義信さんに
家督を譲らなかったこと、そして勝頼さんが高遠諏訪家を相続し、
しっかり領国経営をやってたとしたら、自分は何も任されず・・・
という焦りや不満があった、とするのは自然なことだと思いますね。

北条、今川、織田、それぞれの例を見ても、やはりきちんと
隠居していて、特に北条の世代交代のスムーズさは
特筆すべきものがあります。

ではなぜ、家督を譲らなかったのか。遠因として内紛続きの
武田家にあってなかなか踏ん切りがつかないのもあるかもですが…

鶏と卵の関係になっちゃいますが、今川家問題で意見を異にし
この状態では家督は譲れないという状況、あるいは、
もっと根本的に、当主としてあるべき心構えがなっていない、
というように、信玄公が義信さんを見ていた可能性もあるかな、
と個人的には感じているところがあります。

義信事件の前に、今川家にべったりで困っているというような
心情を信玄公は吐露していますが、後に本格的に
今川家を追い落とす際に、信玄公は氏真がいかに当主不適格か
をあげつらっている文書があったかと思います。

もちろん、武田が駿河を領有する正当性を主張する目的が
強いとは思われますが、氏真もまた信玄公からすると、
あるべき当主・大将像に適わぬ人物である認識があったような感じ。

つまり、信玄公が当主としてかくあるべしという理想像が強すぎた
という側面もあるように思います。まずは家督を譲ったうえで、
方向付けをするということもできたかもしれないのに。。。

実際、信玄公自身が当主のあるべき像をすごい意識していて、
そうなるように修養を重ねようとお考えだった節は、
すごく感じていますので・・・個人的には理想が強すぎた、
という点も問題点だったのではないか、と思っています。

さて、勝頼さん。もちろん勝頼さんだって、同じように
なかなか家督を譲ってくれない問題に直面します。
重臣が列する軍議にも参加できていないですし・・・

信玄公は勝頼さんを「おっちょこちょいだ」と評しています。
例の蒲原城を落とした際の書状なのですけども、
一軍の大将が前線に出て行って、戦いに出てしまって、
しかもそれを「例式」としていて、それでも自慢げに語ってる。

それは、大将としてというよりは、一部将としての活躍、
と捉えた上でのことのようにも思えます。

そうそう、勝頼さんが高遠から甲府に呼び戻されたのは、
元亀に入ってから、ということは1570年。
義信さんが没して3年後。そして、そのさらに3年後に
信玄公は亡くなるわけです。

それまで長く諏訪勝頼として、高遠を治め、
突如甲府に呼び戻されて「武田」勝頼となって、
わずか3年の時間しか残されていなかったのですね・・・

自身の死期について、予想し得なかったのかもしれませんが、
もしそうだとしても、また勝頼さんを公式的に後嗣と
言いにくい事情があったにせよ、リスクヘッジが甘いとは
言わざるを得ないでしょう・・とは思います。

◆信玄公の死因とご遺骨について◆

これも長らく語られてきたことですが、結核説というのが
あったかと思います。この根拠は、御宿監物友綱の
小山田信茂宛書状によるもの。

御宿監物は、葛山氏元の甥で氏元養子となった
信玄公六男・信貞の後見を務めた人物。
医者でもあり、信玄公の治療にも当たったとされます。

そこには、「肺肝」をその死の原因としています。
この「肺肝」を結核と解釈したのが、結核説。
しかし、これは内臓の病の総称。

しかも、御宿監物文書は偽文書だということらしく、
これを根拠に信玄公の死を語ることができなくなる・・・
となると、甲陽軍鑑しか手がかりがありません。

甲陽軍鑑には、「膈」とされていて、その病に冒された
様子が記述されています。曰く、心身くたびれ果てていて、
神経をすり減らしていた、よくなったり悪くなったりを繰り返す、
亡くなる直前は、口臭がひどく歯が抜けたと・・・

これをとある番組の一環で、医学史に詳しい
順天堂大学名誉教授、酒井シヅ博士に鑑定を依頼したそう。
そうすると・・・ストレス性食道がん、もしくは胃がんとのこと。

口臭が内臓が冒され腐敗臭がし、歯槽膿漏で歯にできものが
できたのではないか、ということなんだそうです。

信玄公が人を育て、その才覚を見抜くということは、
それだけ我慢強く、気を遣いすぎる人でもありました。

さらに信玄公が置かれた環境は、ある種自分で招いたところも
ありはしますが、義信との対立と死に追いやってしまったこと、
北条を敵に回して窮地に立たされたこと、
織田との全面対決に突入していくこと・・・ストレスの連続。

ご遺骨ですが、おそらく長岳寺から遺骨が出てきた?
というのは伝承であり、しばらく甕に入れられて保存された後、
甲府で荼毘に付されたのは、天正玄公仏事法語からも確実。

で、まだ蓋然性があるとされていたのは、龍雲寺の遺骨。
北高全祝は信玄公はもとより、信虎の葬儀にも参列していて、
後でわかった(武田二十四将展)ことですが、
逍遙軒信綱の逆修供養(生前供養)も行っていますし、
真田昌幸は信綱寺に信玄公廟を造るにあたって、
佐久龍雲寺領を信綱寺に寄進するといっています。

信濃のお寺ではあるのですが、何かと武田家の
仏事には深く関わっているんですよね。

龍雲寺には北高禅師が信玄公を荼毘に付して
埋葬したという内容の記録もあるそう
ですが、
さすがにそれは、天正玄公仏事法語から否定されるとしても、
参列した北高禅師が分骨された遺骨を持ち帰り、
龍雲寺に埋葬したというのは、十分にありえることではあります。

DNA鑑定でもすればいいんでしょうが、何を以って
信玄公のご遺骨かを判定・照合すればいいかがないわけで・・・
恵林寺には埋葬されたのでしょうが、百回忌の際に建てたれた
現在ある信玄公墓より以前、どうなっていたかまるでわからず。

織田の兵が墓を暴いていても、おかしくはないわけですよね・・・
ただ、墓石のみを倒して破壊しただけという可能性もあり、
そこのところは闇に包まれたまま、ということでしょうか。

ということで、前半終了です。盛りだくさん過ぎる・・・(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演:第86期「歴史文化教室」 武田勝頼の滅亡と景徳院 … 景徳院 武田勝頼・信勝・北条夫人供養塔の研究成果

景徳院といえば、武田勝頼の墓(供養塔)があり、
家康が勝頼の菩提を弔うよう、建てさせた寺院。
勝頼が自刃したとその命日に、景徳院についての講演を
聴いてまいりました。

勝頼親子の供養塔の調査ができたのも、
と関係があるというところから。
景徳院から修理の申し出があったところ、合併を待って、
合併した甲州市の予算で行えたとか・・・・

大和村のままでは調査されることなく、傾いた塔も
そのままだったかもと考えると、市町村合併の影響が
こういうところにも出るんだな、と実感。

・・・てことは置いといて本題。

◆文書の残らぬ景徳院◆

この供養塔、勝頼宝篋印塔に

「二百年遠忌 安永四年 十一世要導」

とあり、二百年遠忌に際し、当時の住職要導により
建立されたことがわかると。

ただし、弘化二年(1845年)・明治二十七年(1894年)と
二度の火災で諸堂焼失、このの火災で勝頼ほか供養塔も塔身が焼損。
現地に行った際にも確かに法号など読めなかったのだけど、
こういうことなんですね・・・おいたわしい・・・

恵林寺の信玄供養塔と霊屋が百回遠忌に建てられていて、
その際に遺臣に寄付を求めたことが奉加帳の記録から解るんだけど、
この火災の際に史料が焼けちゃったのでしょうか・・・

しかし、塩山の向嶽寺の記録(向嶽寺史)に供養塔が
建立された安永四年(1775年)に近い、
天明四年(1784年)の景徳院の様子をうかがう記述があるそうです。

曰く、向嶽寺の開山抜隊得勝の四百年遠忌の際、
経を読む僧が多数来山し、恵林寺から57人、
景徳院から55人の僧が訪れていると。

ここから、今の規模からは想像つかない、
恵林寺にも匹敵する大寺院だった可能性もあるようです。
そしてその寺を支える寺領を安堵されていたわけですね。

それくらいの規模だとしたら、同じように武田遺臣の浄財を
募ることはできそうですが、江戸時代後期に入っても
まだ武田遺臣ネットワークがあったのかなかったのか、こ
の時期における勝頼に対する捉え方などがわかったかもしれません・・・

景徳院創建には、小幡勘兵衛、つまりあの甲陽軍鑑の再編した
小幡景憲も関わっているから、その縁起など
詳しく解ったらよかったのに・・・

ということで、供養塔が建てられた時期は大寺院
だったかもしれないのですが、その後廃れ住職も居ない時代もあって、
今の住職さんもお父上の代からだそうですが、まだ短いんですね。

◆発掘成果 … 供養塔と経石から◆

さて、発掘が開始されたのが平成18年(2006年)。
ここから平成21年にかけて丹念に石の洗浄、
経文解読、整理や周辺の発掘調査が行われました。

昨年の武田二十四将展でもあった経のかかれた石が
大量に発見されたのがこのときですね。
野球のホームベースのような石に勝頼・信勝・北条夫人の戒名が
書かれた経石は三人の供養塔の左右にある
「殉難者供養塔」から発見されました。

これを皮切りに勝頼・信勝・北条夫人の供養塔の下からも
大量に見つかり、すべてあわせて5,000点を超える経石。
興味深い点は、左右の「殉難者供養塔」下と
中央の「勝頼・信勝・北条夫人供養塔下」とで
明らかな相違があるんですよね。ふむ。

①経石を収めるスペースの広さと構造。
  左右のほうは三段になっている基壇の上段にのみ
  経石が入る構造である一方、中央のほうは下段から
  中段までの広いスペースに経石がぎっしり。

  底がの盛土の厚さの違いから、向かって左側から右側にかけて、
  経石の入るスペースが異なっている。
  さらに重層的に経石が敷き詰められ、その層の厚さ16層。

②中央の経石には安永三年(1774年)八月銘、
  左右の経石には安永九年(1780年)銘。

③中央からはほぼ書かれているのが法華経である一方、
左右の経石は四種の異なる経文が記載。筆跡も異なる。

これらから考えを進めると、わかること・・・

まず第一に、勝頼・信勝・北条夫人の供養塔と
殉難者供養塔の創建年代について。
中央経石への経文と左右経石への経文記述の年代が違う、
という点から、「殉難者供養塔」も勝頼二百年遠忌後の安永九年に
建てられたかどうか?という話。

講師の飯島氏は、中央・左右の基壇は同時期に造成され、
左右の基壇には経石だけ後に入れられたのではないかと推定。
というのも、左右基壇のほうには、後から経石を入れられるよう、
左右基壇三段目の裏側の石が抜けるようになってるんだとか・・・!!

第二に、中央基壇上の各供養塔の並びの考察。
興味深いのは、勝頼・信勝・北条夫人の各供養塔の今の並びと
その下に収められている経石埋納数の比較。

現在、供養塔向かって左から、

殉難者供養塔(左)
武田信勝供養塔(五輪塔)
武田勝頼供養塔(宝篋印塔)
北条夫人供養塔(五輪塔)
殉難者供養塔(右)

の順で並んでいるのですが、同じ順で経石数を並べると、

殉難者供養塔(左) …224点
武田信勝供養塔(五輪塔) …2,498点
武田勝頼供養塔(宝篋印塔) …1,451点
北条夫人供養塔(五輪塔) …761点
殉難者供養塔(右) …321点

と、信勝が圧倒的に多いんですね。
これは経石が入るスペースの広さにも関係していて、
向かって中央基壇の左が一番広く取られているんですよ。

しかし、供養塔が勝頼がひときわ大きく、
北条夫人・信勝が同程度の高さ(しかも勝頼は宝篋印塔、
北条夫人・信勝は五輪塔)と考えると違和感が残ります。

もうひとつは、供養塔の焼損具合。
これを焼損のひどい順に並べていくとこうなります。

殉難者供養塔(左)
武田勝頼供養塔(宝篋印塔)
北条夫人供養塔(五輪塔)
武田信勝供養塔(五輪塔)
殉難者供養塔(右)

・・・・あれっ!そうなんです。焼損のひどい
殉難者供養塔(左)と勝頼供養塔に挟まれた、
信勝供養塔だけが、ほぼ無傷の状態なんです。

てことは?もとは

殉難者供養塔(左)
武田勝頼供養塔(宝篋印塔)
北条夫人供養塔(五輪塔)
武田信勝供養塔(五輪塔)
殉難者供養塔(右)

の並びだったと考えると、経石の埋納数や
焼損具合とも矛盾なく考えることができますよね。
ある時期(明治の焼損後?)に並び替えられたのでしょうか…

第三に、勝頼二百年遠忌の執り行った記録と比較して
わかることもあるみたいです。

さらに、塩山の旧家に伝わる「保坂家文書」「勝沼古事記」に、
勝頼二百年遠忌についての記録があって、
安永八年(1779年)に執り行われてることが確認できるそう。
「保坂家文書」にはさらに詳しく、

一 武田公様田野御法事弐百年御忌、
   三月八日より十四日迄と被仰出候所、御停止ニ付延引、
   十五日より廿一日迄御法要有之候事、
   西の丸様御遠行十四日迄御停止二候事

一 御焼香ニ罷出候、去年秋為知之御使僧来ル事、
   市兵衛殿御道候

   三月十六日参詣、はさみ箱ぞうり取候事、上下ニ而御焼香候、
   はかま羽折ニ而玄関迄参ル事、自分当日帰り、
   市兵衛殿詰居詰番勤被申、喜三郎殿も被参、
   市兵衛殿替被申廿一日迄詰居被申候事・・・
   □々敷御佛事御物入御用沙汰ニ候事

・・・とあります。

これらを時系列に並べると、

安永三年八月 中央経石への経文記述
安永四年三月 勝頼・信勝・北条夫人供養塔落成
安永八年三月 勝頼二百年遠忌
安永九年 左右経石への経文記述

という流れになります。遠忌前に中央経石を納めたあと、
遠忌を執り行った後、翌年に経石を納めています。

飯島氏の説のように、そもそも最初から左右経石は
後から入れることになっていた、ということや、
左右経石からは、経だけではなくって、
仏事で僧が唱える文言に三氏の戒名があるってことは、
遠忌で唱えられた内容・経が書かれてあるのかもしれませんね。

さらに、「保坂家文書」において、
個人的にここで気になるのが、「西の丸様」。

本来勝頼命日の前後の8日~14日で
二百年遠忌を執り行うところ、「御停止ニ付延引」、
とりやめで延期になって、15日から21日になってるんですね。

延期をさせる原因となった「西の丸様」が誰なのか・・・
人物比定されていませんが、西の丸というと、江戸城西の丸。

将軍の世継もしくは隠居した大御所の居所。
しかも、西の丸老中という世継付の老中という御役目があるそう。

安永八年当時、将軍徳川家治の時代。世
嗣として徳川家基がいましたが、有能で将来を嘱望されながら、
同年2月24日急死、享年18(満16歳没)。

そして、この時期西の丸老中をしているのは、阿部正允。
明和六年(1769年)8月18日から
安永八年(1779年)4月16日まで。(以上、Wikipediaから)

本来、「西の丸様」と場所で呼ばれるのは
直前に亡くなった家基でしょうが、あるいは西の丸老中をしていた
阿部正允の可能性もあります。
あるいは江戸城ではない別の「西の丸」なのか・・・

なんとなく、家基急死により西丸老中・阿部正允の都合が
つかなくなり、延期されたのかもしれません。
しかし、阿部正允あるいは徳川家基との
勝頼の関係はわかりませんが・・・・謎。

いずれにしても、「様」付けされる人物が、勝頼二百年遠忌に
参加している、あるいはその都合で日程を命日からズラしている
という点で、並々ならぬ関係性を伺わせます。

当時の勝頼の位置づけや捉え方を考える上で、
この「西の丸様」の人物比定は、重要かもしれません。

もうひとつ重要なことは、「はかま羽折ニ而玄関迄参ル事」とあり、
正装をもって参列しているということがわかりますね。

◆発掘成果 … 甲将殿周辺◆

その後、平成20年度には、景徳院(田野寺)創建時から
あるという、甲将殿周辺の発掘調査。

そもそも、今ある勝頼供養塔が二百回御忌による創建だとしたら、
それまでの景徳院はどうだったのでしょう。

当時甲府城主だった柳澤吉保の命で、荻生徂徠が
宝永三年(1706年)に甲州に赴いており、その際の記録、
「峡中紀行」に記述があるようです。

これに依りますと、後主(=勝頼)の廟に謁し、
そこには後主、郎君(=信勝)夫人の影像があり、
皆、新しく造ったものだったようです。

徂徠が墓の所在を尋ねると、景徳院の僧が言うには、
勝頼が亡くなった後、勝頼滅亡を聞きつけた
石和の広厳院七世拈橋が当地に駆けつけたそうです。

自刃から七日過ぎ、遺体には血が滴っており、
誰が君(勝頼)か臣かわからぬ有様であったため、
穴を掘って、一様に葬ったその場所に廟を建てたとあります。
これこそが、今甲将殿と呼ばれる御霊屋になるわけ。

しかし、この甲将殿のまわりを発掘すると、意外なことが
わかってきたのです。

甲将殿の中央付近は一様な土の層がある一方で、
甲将殿南北からは、表層の土から下に厚い砂礫層を発見。
甲将殿から離れるほど、深く落ち込んでいることが解りました。

おそらく、甲将殿の中央付近を頂点として東西に落ち込んだ
尾根上の地形をしていたところに、砂礫と土砂を埋めて
平坦な場所を造成しているというわけです。

そして、現在の甲将殿(明治に再建)の規模からすると、
明らかに平坦地が足りません。仮に二百年遠忌が行われた時の
甲将殿も同一の規模だとするならば、それ以前、
荻生徂徠が見たときの廟はもっと小さなものであったかもしれません。

二百年遠忌に当たって、土地造成を大規模に行って、
甲将殿を大規模に建て替え、さらに経を記した石を埋納して
供養塔を建立という大事業を行ったのかもしれません。

荻生徂徠がみたときの甲将殿は、尊像を安置した、
三人の墓そのものだったといえるのでしょう。

個人的には、この規模の大事業と「西の丸様」の都合伺い、
というのはすごく自然なことと思えました。

甲将殿の近くも発掘したらしいのですが、甲将殿そのものの
柱が危なくなりそうでやめたそうなのですが、
ひょっとしたら、そのまま掘り進めると、数十人単位の
遺骨が眠っているのかもしれませんね・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演:日本の木造建築技術の至高・江戸城天守復元

土曜日ですが、また性懲りもなく江戸城天守のお話を
聴いてまいりました。三浦先生のお話は好きですからね・・・
建築講座「火鉢を囲んで建築の歴史」の第4回。

調査報告書出版記念とやや重なるところもありますが
その点、ご容赦ください。

◆「重」と「階」

直接江戸城は関係ないのですが、興味深かったので。
よく天守を「○重○階」という言い方しますが、
○層○階とかも言ったりもするし・・・

実は現代の学術用語として使われる言い方と、
創建当時の言い方では微妙に異なる点に注意が必要みたい。

学術用語としては、屋根の数を「重」、
階数を「階」で表現する決まりだそう。
つまり、「層」は使わないってことなんですね。ほうほう。

ただ、この「重」「階」の使い方について、屋根の数なのか、
階数なのか混同されている例もあるそう。
つまり、屋根の数を「階」と表現したりもして、けっこう曖昧。

その例として挙げられるのが、関東以北に多い「御三階櫓」。
あれ、実際は三重櫓なんですよね。三重櫓だからといって、
三階とは限らないわけですね・・・鶴ヶ城御三階も確かにそうだ!

「階」を屋根の数として表現する例の逆、
「重」を階数で表現してしまったと思われるのは、
蒲生氏郷時代の鶴ヶ城の記述。一般に七重天守といわれていますが、
内部構造が七階建てであって、実際は五重七階の天守?とのこと。
会津若松でいっぱい見たあの黒天守のイラストあかんやん・・・

ちなみに・・・天守の高さと「重」「階」は無関係。
姫路城天守は六階建てだけど、江戸城天守の五階建てのほうが
高いわけですよね。つまり階高が違うわけですね。

◆天守の起源論◆

(岐阜城)
天守の起源をどこに見出すか割りと意見が分かれるところですが、
三浦先生の今回の講演では、まずは岐阜城天主でした。

ルイスフロイスの記録によると、三重四階の御殿を「天主」としたそうで、
一階が信長の御殿、二階が帰蝶と侍女の御殿、三階が屋根裏、
四階が物見なんだそうです。

現代の感覚だと最上階に信長・・・?と思うんですけど、
そうじゃないんですね。基本的に日本は二階以上の
山門などの建物はなく(例外有)、天皇や貴族を見下ろす
不敬を避けてきたという歴史がある。
しかし、信長はその考え方を変えてしまったと・・・

(安土城)
続いて安土城天主。五重六階地下一階で
これが先例となり、五重以上の、つまり屋根の重なりが
五つ以上の天主(天守)は一例を除き、ありません。

その一例とは本当に五重を超えたのは駿府城天守とか。
ソースは明かされませんでしたが、六重七階の天守だったとのこと。
実際三浦研究室のページを確認しますと、七重になっていますね。

(大坂城)

続いて天下人の天守として挙げられるのが豊臣大坂城天守。
五層は間違いないだろうとしつつも、内部構造は不明。
おそらく六階地下一階ではないか?
規模としては安土城天主とほぼ同じ。

ここまで見てきた岐阜城天主、安土城天主、大坂城天守は
皆御殿造りという点が特徴。秀吉は信長同様
(坂本城、姫路城、北ノ庄城など)家臣の豊臣大名にも
天守を築かせますが、どれも内部構造は御殿造りではなく、
内部は簡素化されたものになっていきます。

(織豊期の天下人天守のあり方)
ここまでで解ることは、御殿が重層化して天守(天主)が生まれ、
それが家臣に伝播していく過程で御殿性が失われていく
という流れがあるわけですね。現存はしていませんが、岡山城天守や
広島城天守などの構造は確かに御殿ではなく、
櫓化しているように思えます。

ここでの三浦先生の考え方の肝は、軍事的な大櫓から
天守へ移行していくのではなく、まず御殿があって
それが櫓化していくという流れで捉えられていることですね。
つまり、そもそもが非軍事的な存在。

そう考えると講演では触れられていませんでしたが、
金森長近の飛騨高山城天守は興味深い存在かもしれません。
天守曲輪をもつ連立天守ですが、御殿の一部が重層化して
天守になる過程を古い形態の天守を伝えている例、
といえるかもしれません。

(関が原以降の天守)
これが関が原以降に建てられた天守が二つの道をたどります。
ひとつは対豊臣を意識した軍事化した天守。もうひとつは
当初と同じ非軍事的な政治的な圧力を加える天守。

ただ後者の場合も利用のされ方は信長・秀吉と同じですが、
もはや内部構造が御殿のようにつくられることは次第になくなっていき、
大きさと外観で圧倒していくことになります。

が、後述のように慶長天守は御殿造りだったと三浦先生は
考えられており、秀忠、家光の江戸城天守や
駿府城天守と比較すると、ある意味過渡期というか、
織豊期といえるのかもしれません。

(慶長期江戸城天守)
家康は豊臣時代には天守を立てず、
関が原以降に初めて天守を建造。豊臣時代においては
大坂城を超える天守は建てられず、また大阪城以下の規模の天守は
天下に豊臣に下った象徴となることで、天守そのもののをつくらない
という選択肢を選んだのではないかとのこと。

そこで関が原後に建てられた慶長天守。三浦先生の推測だと
名古屋城天守と同規模程度ではないか?とのこと。
雪山のようということで、鉛瓦だったとされているのは
よく知られていますよね。このときまでは御殿造りだったということで、
三浦先生が説明される天下人の天守の系譜を
受け継いでいるというわけですね。

昨今松江で発見された「江戸始図」については、それまで
知られていた「慶長江戸絵図」についての言及のようにも思え、
しっかり質問しておくべきでした。。。。

おもしろかったのは、名古屋城天守が
一階・二階が重箱櫓状になっていることを
「家康の好み」と伝わっている点との関連。

このことから、家康の慶長天守もそうだったのでは?という推測。
三浦研究室の復元案もそうなってますね!

(元和期江戸城天守)
元和になって秀忠が建てた天守。
ほとんど寛永の家光天守と同じなんですが、
四層部分が唐破風ではなく千鳥破風になっている点が相違。
ただ指図は簡略的で正確な再現は困難。

(寛永期江戸城天守)
寛永天守は外観を変えて建てますが、あまりに工期(4ヶ月)が
短いため、構造はそのままで外装だけをかえたと推測。
関わった大工延べ281,763.5人(手伝いは0.5人換算)
今建てようとシミュレーションをすると4年・・・・その差・・・

江戸城天守は壁も屋根も銅板で
防火対策はされているはず・・・なんですが、
ソースは明かされませんでしたが、とある記録によると
本丸御殿が類焼するなかで竜巻が発生(火災旋風)して、
跳ね上げ式の銅板の扉が開いてしまって、
火の粉が入り炎上したということなんですね。

留め金がしてあったかどうかわかりませんが、
竜巻状の強さの風に耐え切れたか?
という問題はあるかもしれません。

焼失後、前田綱紀によって万治年間に
天守台が再建されるわけですが、
よく指摘される高さの低さ。

そもそもの話として、天守台まわりの本丸の高さが
少し盛ってあり低くなっているようですが、
それ以外にも明確な理由があります。

実は何度か講演を聞く中で知ってはいたんですが、
このたびソースを知ることができました。加賀藩にあって
天守再建を指揮した奥村家に伝わった日記
「江府天守台修築日記」がそれ。

ここに、家光が寛永天守を見たときに、石垣が多門櫓の上に
少し見えるのがよろしくないと嘆いたことを受け、
(当時家光はもう亡くなってますが)家光好みに一間低くした
という故事によるものなんですね。
これは江戸城再建にあたっての調査報告にも詳しく記述があります。

さらにもう一点、寛永期と万治期で天守台を比較すると、
三尺一寸(93cm)天守台が外側に広いのだそう(犬走り)。

他の天守から20~30cm、彦根城天守で50cm程度、
宇和島城天守で1m程度ということで、天守に対して寸法上
余裕のある天守台というのは実例はあるようで、
ぴっちりに建てられた元和・寛永よりも余裕のある
天守台にしようとしたようです。

ということで、天守台寛永天守を再建しつつ、
もっと理想どおりに建てるための天守台だったのかもしれません。

◆寛永度天守を伝える図面◆

(図面検証:江府御天守図)
さて、図面の検証の概略。東京都立中央図書館に
寄託されている江府御天守図
(江戸城御本丸御天守百分之一建地割)
大棟梁甲良豊前控とあり、正本ではなく副本であることがわかります。

甲良家は作事方のトップ御大工頭(中井家など)に次ぐ
大棟梁の地位にありました。

甲良豊前とは、甲良豊前守宗賀でしょうか。
江戸城寛永度天守は、戦国から江戸時代に活躍した
初代甲良豊後守宗広の孫で、宗広の子宗次が早世後
甲良家を継ぎます。

江戸城寛永度天守や日光東照宮は
宗広の最晩期の作品に当たるので、
まだ若年だった宗賀が今後のために
副本をとったのでしょうか。

これが寛永期と断定する根拠になるのが、
天守台高さが七間とあること。
また立柱の年号に寛永十五年とあります。
わりと知られていて、展示にも割と出ている史料なのですが、
あまり詳しく検証されてこなかったとのこと。

ポイントとしては実測図ではなく設計図であること、
方眼の縮尺が記述と違うこと。

天守の総高がわからないというのが設計図ってこと。
一重目では「軒高サ石場ヨリ桁上場迄弐条八尺六寸」とあり、
さらにそこから屋根の勾配が「高配五寸四分」とあります。

この繰り返しで各重の高さと屋根の勾配から総高が
やっとわかるという仕組み。
ちょうど計算すると144尺(43.63m)。

縮尺の違いについては、そもそも百分の一なんて書き方を
江戸時代にはしないのだそう。筆跡鑑定をするとどうも
図面のほかの文字と違っている・・・

図面をよく見ると、柱と柱の間を「七尺」と描いてあるんですが、
実際は「六分五厘」。普通描きやすくするには、
七尺の1/100とするならば方眼を「七分」にするはずなんですが、
どうも「六分五厘」の方眼に「七分」方眼に描かれた原図を
書き写したのでは???

七尺を六分五厘でかく・・・ということは1/107.69という
中途半端な縮尺。六分五厘の方眼が
甲良家にたくさんあったのでしょうか。
通常は、一間を六尺五寸とする場合が多い・・
と考えると、わかるような気がします。

この前提で書かれている寸法を見直して、
ようやく正確な高さがわかったとか・・・
じゃぁ、縮尺違うんだったら柱の太さって
正しいの?どうなの?という話。

でも、割と書き分けられているみたい。ということはここに
描かれていない材の太さの寸法は実測図から
比例計算してもよさそうだと判断されています。

(図面検証:江戸城御本丸御天守閣外面之図)

もうひとつの図面。こちらも東京都中央図書館蔵

天守台が七間とあるので、寛永の図といわれています。
これ江戸城本丸の売店に掲げられてある図ですね。
寸法としては甲良家文書の江府御天守図とぴったり合致。

ただいくつかおかしいと思われる点・・・

1)犬走りの存在
天守台に犬走りが見られるということ。先ほどあったように、
犬走りは万治年間に再建した現天守台に
寛永期天守を載せると犬走りができるのであって、
寛永期の作図であれば犬走りはないはず。

犬走りができる万治年間の現天守台の高さは
六間ですので、矛盾します。

2)入り口にひさしがあること
先の江府御天守図にも、この後出てくる江戸城
御天守絵図にもありません。名古屋城にもちなみにありません。

3)斜めから書く図法
江戸時代には製図された図面としてはほぼないとか?

4)タイトルが「江戸城御本丸御天守閣外面之図」。
筆跡としては他の文字と同じ。しかし江戸時代に
幕府や藩の公式記録として、天守「閣」とは書かないハズ。

以上の指摘から、甲良家の誰かが明治期になって、
家に伝わる江府御天守図を元に西洋画法で
江戸城天守の図面を起こしたもの、というように推測されています。

(図面検証:江戸城御天守絵図)

続いて、概観がわかる二つの図。東京都立図書館蔵の
江戸御城御殿守正面之図」と
国立公文書館蔵の「江戸城御天守絵図

両方とも正徳年間とされているそうです。
(国立公文書館蔵のほうは万治説もあり)

東京都立図書館蔵は建築図面としては
ちょっと使えない絵師が書いたもののようですが、
国立公文書館蔵は割と正確。「石垣高六間」とあり、
現天守台であることがわかります。

先ほどの「江戸城御本丸御天守閣外面之図」において、
指摘された犬走りが描かれていないという点はありますが、
名古屋城天守との共通性として、各層の屋根端や最上重の
入母屋破風端の反りの強さが挙げられます。

個人的に気になったのは破風の反り。
絵師のほうはやや強いように思え、ちょっと違和感がありますね。

国立公文書館に残されている史料は他にもあり、
内部構造がわかるものもあるそうで、江府御天守図にないものとしては、
階段の位置があります。入り口入って左側と右側に階段。
復元図面にも以下のように反映されています。

151115_00dfef
(調査報告書出版記念講演史料再掲)

同じ高さでも右側が段数が多く、勾配も低く
将軍用の御成階段と思われます。これも名古屋城と同じかな?

さらに名古屋城や姫路城など、
大型の天守の場合階段がL字型になることがありますが、
各階の高さがあまりに高い江戸城の場合、
コの字型に折れ曲がっているというのも興味深い点。

これらの史料からできた復元図面を眺めてみると、
おもしろい特徴がわかります。

◆復元図面から◆

まず、通し柱の話。二階から三階(十字)、
三階から四階(ロの字)、四階から五階(十字)にあります。

一方名古屋城の場合、一階と二階ということで、
通し柱の使い方が異なってるそう。
江戸城の場合は、強風対策で上層部に
揺れ止めをしていたのではないか、とのことで・・・
そもそも通し柱は使わないほうが、
耐震性能は強いらしいんですけどね。

もうひとつ、江戸城の特徴として挙げられることは、
非常にシンメトリー(左右対称)で
整然とした美しさがあること。

まず、柱は最上階から一階まで柱の位置が
縦方向に整然と合致していること。

151115_0004_002
(調査報告書出版記念講演史料再掲)

必ず各階の各面の中心に柱が来るようにし、
その柱を中心に左右に半間の窓をつけ、
一間の壁、半間×2+柱、一間の壁・・・が続いていきます。
確かに言われると、すっごいキレイな構造をしています。
理系的な美しさですよね。

Edo1

Edo2
(調査報告書出版記念講演史料再掲)

色が黒くて見難いですが、よく窓の位置と
その対称性をご確認ください・・・

これ、床面積が偶数間という点も関係しています。
江戸城寛永天守の一階は18間×16間。
上記のような、左右対称に窓をつけようとすると
偶数であることが必要なんですね。

18間×16間って、大きさばかりに目が行きますが、
そんな美しさの由来にもなってるのか・・・

こういった整然さ、一旦望楼型天守で
きれいに揃うようになった(姫路城)らしいのですが、
層塔型に進化する過程でまたズレてしまい、
また揃った(揃える余裕があった?)のが
江戸城天守なんだそうですね。

細かいですが、長押形が各階付いている、
というのも、江戸城の特徴のようです。

また、各階の階高が五階から四階まで
一定の割合で低くなっていきます。
普通は高くなったり、低くなったりするものだそうで。

・・・こうなってくると、いわゆる城好きとしてよりも
建物好きとしての好奇心をそそられますね。
こういう余裕がまた平時の天守としての魅力なのかも。

今回も貴重で楽しいお話でありました・・・
三浦先生、ありがとうございました。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「作曲家 植松伸夫の創作の軌跡」

昨日、聴いてきたNHKカルチャーの「作曲家 植松伸夫の創作の軌跡」。

いわずと知れたFFの多くの楽曲の生みの親である
植松伸夫さん(以下ノビヨ師匠)の物語。

単純にノビヨ師匠だからというだけでなく、人が人生を振り返って
自伝的に語るというおもしろさを改めて感じた次第。

個人的にはFF時代よりも、FFができるまでの前史としての
幼稚園から冬の時代(プータロー)までがおもしろかったかなぁ。
FF好きと歴史好きの遺伝子が同時に反応しましたね(笑)

想像(妄想)力が豊かで、好奇心が旺盛。
想像力と好奇心って、いわゆるオトナになる過程で磨耗していくのだけど、
いい感じで残ってられるのが素敵。

そして大きなものを動かすより、ゼロからイチを、
着実につくってく方が好きというのが、
バック宙をできるようになってく過程に現れてて、
すごくコドモからオトナへ断裂がないなーという印象でした。

そうか、ノビヨ師匠はシンプルで美しいもの、がお好きなんだ。
すっごいわかるな、そういうところがずっとFFの音楽を
好きでいられる根っこにあるのかも、とも感じたり。

あと、すっごいわかるー!ってのが「文系なのに機械が好き」ってやつね。
まさにこれわたしです。文系のガジェット好きに通じる感覚よね。
ゲルマニウムラジオは知らなかったけど・・・(笑)

あと、中学生、高校生、大学生とその時々に影響を受けた、
気になる楽曲を流してくださるのだけど・・・

なんとなーく、なんとなーくなんですけど、FFにつながる要素が、
それもカタマリとしてではなく、元素レベルであるような
そんな感覚(伝わるかなぁ)

ノビヨ師匠が上げてられた楽曲名を挙げておきます。
なんでしょうね、逆説的だけど、すごくRPG的に聴こえるんですよね。
オーケストラも楽曲が物語的ではあるんだけど・・・

◆中学生◆
ホット・バター ”ポップコーン”
エマーソンレイク・パーマー ”タルカス”

◆大学生・冬の時代◆
マウロ・パガーニ”ヨーロッパの曙” 原題”Europa Minor”
喜多郎「シルクロードのテーマ」

そして、どれも割りと好きな曲なんだわ・・・
ポップコーンは聴いたことはあったけど、
タイトルは知らなかったし、その他は初めて聴いたんだけど、
「わ、これ好きだわ」という感覚で。
FFを通じて植松チックな音楽感覚があるからでしょうか、
どうもそう思えてならなかったんですよね。

大学生からバイト時代のノビヨ師匠、
バンドを止めた理由やCM音楽が自分のやることじゃないな、
と思われた経過もおもしろいんですよね。

バンドに音楽だけでなく、パフォーマーの要素を嗅ぎ取り、
俺は音楽を作りたいんだ、ちょっと違うなと。

CM音楽は、ちょっと尖がった感性がいる、
要はインパクトがいるってコトなんでしょうけど、
ジックリ聞かせて感動させる方向性とが違うな、とか。

このジックリ・・というのは、すぎやまこういち先生がよくおっしゃる
繰り返し聴いて聴き飽きない音楽こそ、RPGに必要
というのとすこし似たような印象を持ちました。

実は、すぎやま先生ってCM曲もたくさん
作曲されてきたはず。そんなご経歴をお持ちなのに、
RPGに向きあったときに、どのような楽曲が適するかを考えて、
ズバッと「繰り返し聴いて聴き飽きない曲=クラシック」
にいきつかれるのは、さすが・・・ですよね。

ポスト・スクウェア時代のお話では、ミーティングばっかりで、
他の人の給料の話とかしないといけない管理職になっちゃって、
作曲ができないから辞めちゃったってトコで、ドキッとしたわけですが(笑)
本をお書きになりたいとおっしゃってられたのが、また楽しみですね。

また原稿を出版社を渡り歩いて・・・・って、
バック宙のようにゼロからひとつひとつ積み重ねていく
楽しみがいいなと。FFは誇りでありうれしいことだけども、
今やあまりに広く、あまりに大きくなってしまった。
もはや受け止められない・・・とも。

ご自分でもおっしゃってましたが、この言葉に
ノビヨ師匠の子供時代からの変わらなさだけでなくて、
ご自分の関心の向く方向に敏感なんだなと思いましたね。

わたしも好奇心を強くするだけでなく、
好奇心そのものを見つめていたい気持ちを持っています。

最後の質問のやりたいことのなかで出たコメントから。
ちょっと走り書きのメモからなので、文言違ったらすみません。

自分が好きなものに嘘はつかないようにしている
流行ってるから学ばねばならない、
皆が知ってるから知らなければならない、
そんなことは一切ない、好きなことだけ追いかけ行けばいい。

自分で歯止めをかけないように、「~でなければならない」
「~すべきだ」とか、他人が思っていることに過ぎない。
何を好きか、美しいと思うか、何に涙を流したか。
自分の中にある絶対的指針が糧になる

・・・すごーくいい時間になりました。
ノビヨ師匠ありがとうございました。
BRA★BRA、楽しみにしておりますぞー!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロネコヤマトの宅配量抑制のニュースをきっかけに考えていたこと。

わたし、買い物の中心はかなりネットになってきました。
特にニッチな買い物、ウイスキーや本がこれに該当することが多いですね。

というところで、こんなニュース。

クロネコヤマトの宅配量、抑制検討へ ネット通販拡大でドライバー不足

ヤマト運輸、昼の配達を見直しへ ネット通販拡大で運転手不足

以前から、現場のヤマトのドライバーが悲鳴を上げている
というのはニュースになってましたし、Twitterのタイムラインでも
経験者の方がおられ、やむをえないよね、という話になっていました。

とはいえ・・・・平日仕事している人間としては、単純に
サービス縮小されても困るなぁ、
Webで買い物できないなぁと思っちゃったんですね。

このジレンマ、環境が激変しているときに、従来の延長線上で
何とかしようとして歪みが出てるってことなんだろうと思います。

割と批判が出ていたように思いますが、Amazonは独自の物流網を
構築して、「お急ぎ便」というサービスを始めました
よね。
ビジネスとしては、ラストワンマイルを手に入れたと成長を
謳歌しているようにも捉えられていますが・・・

でも、それはあくまで物流拠点を持っているだけに過ぎず、
本当の顧客へのお届けという、泥臭いところには手をかけていなさそう。

そして、そのサービスってホントに求められているのだろうか?というのは
ちょっと疑問に思うところです。そもそも宅配いるの?

Web通販って、モノを探すということだけでなく、
店を探すことが格段にラク。
これに加えて、「持ち帰る」ってのがないわけですから
(ないというよりやってもらっている)
この持ち帰るがない=物流業者に代行している、
という点が膨張してるんですよね。

特に課題がある思うのが、各世帯への配達(個別配達)のうち、
単身世帯の配達。まさに自分がいい例なんですけど、
平日日中は仕事で家にいないし、残業や飲み会あると夜間に合わない。

休日も旅で家空けていたら・・非効率極まりない。
荷物が増えているなかで何度配達しても不在。
運送業者としてもそんなに荷物を長く保管できるわけではなく、
でも1週間というのは割りと受け取る側としては短い・・・・

という事情を考えると、オーダーしてから納品までのリードタイムを短くする
というAmazonの「お急ぎ便」「プライムナウ」って、
ぜんぜん響かないんですよ。
急いでもらっても、オーダー時に家にいるとは限らない。

そして、急がされて、効率の悪い戸別配送を大量にやらされる、
これでは現場はたまったものではないでしょう。
挙句の果てには不在に次ぐ不在。
長期不在による返品。素人でもその怨嗟は想像できます。

ということで、採るべき解決策は、いかに早く届けるかではなくって、
いかに受取人が受け取りやすくするか?
受取人がどのような受取環境にあるのか?
をしっかり知った上で、事業者も無理なく継続できる
サービスを考えてほしいってことなんですよね。

物流効率を考えると、まとめて輸送するのが鉄則。
そして再配達や不着返品を最小化する。
こうすることで、物流現場の負担を減らすことができますよね。

つまり、配送のための一時保管を主とする物流の中継地点=
ストックポイントを設けるしかないように思うわけです。

これをターミナル駅に設置し24時間引き出し可能な
個人向け物流倉庫とする。大規模な倉庫だから、
そこまでの物流は一気に運べる。そしてそこから先は、
最終的な受取人が自分で運ぶ。できれば無人が理想的。

・・・・これ、もうあるんです。
楽天BOXとかクロネコメンバーズロッカー受取とか。

でもこれ、いろいろ制約ありそうなんですよね。
まずサービスと紐付きになってること。
楽天市場というECサイトだったり(Amazonにはつかえない)
クロネコメンバーズってヤマト運輸しばりとか。

更に設置場所を見てみるとわりと小規模だったり、
駅から遠かったり・・・・ストックポイントとしての
価値がまだまだ足りないように思いますね。

そもそも、今ある施設(郵便局やリアル店舗)に
付随させるとどうしても分散、輸送効率が落ちますし、
施設の営業時間の制約も受けます。

そうではなく、大規模かつ専用に敷地を確保して、
効率的に輸送する。場所はそう多くなくていいと思うのです。

首都圏なら北は大宮・池袋、東に東京、西は新宿、
南は川崎・横浜・品川あたり。
つまり、通勤経路の要衝になっているところに
大規模に設置するというのが肝になるのではないかと。

イメージとしては貸しトランクルームや私書箱を
エキナカ・エキチカに持っとくような感じ。

こちらの記事によると、切り札になる可能性はあるけど
一気に拡張できていないという点が指摘されています。

ECサイトにせよ、物流業者にせよ、本業ではないところで
なかなか手が出しにくいのでしょうか・・・と思ったら。

「今年の1月28日にヤマト運輸がネオポストと共に、
オープン型宅配ロッカー事業の展開を目指し、
合弁会社設立を発表」ということで、
個人向けストックポイントのビジネスが広がる兆しはあるようです。

先般の宅配サービスを縮小することと同期して、
オープン型宅配ロッカー事業が、事業者にとっても効率的に、
利用者にとっても有意義になれば、少しは宅配のブラックさが
解消されるのでしょうかね。どうでしょう。

わたしだったら、(値段や利用形態にもよりますが)職場近くと
自宅近くのほか、いくつか持っておきたいですね。
これと旅先でのコンビニ受取の併用・・・かな。

無理なくサービスが提供でき、多様なニーズにもジャストミート。
ビジネスの永遠の課題でありますね・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »