« 去年の今頃はシリーズ(4) 徳川家霊台・奥の院信玄公・勝頼公・馬場美濃守供養塔 | トップページ | VR作品「江戸城の天守」 »

去年の今頃はシリーズ(5) 西宮鷲林寺・信玄公墓

さて、その勢いで神戸まで。串カツ日光なるお店を
見つけたらそりゃ行きたくなりますわな(笑)

P1170824

日光が神戸串カツ日光でチーズミルフィーユカツ。
串カツ屋さんらしい。安くて美味い。アリアリ。

P1170823

さて、目的は・・・鷲林寺。絶対うそやん!と思うのですが、
「信玄公墓」なる石塔があるということで・・・
西宮駅から阪神バス乗車、「鷲林寺」下車 徒歩20分という、
わりと行くのに面倒なところなのですが(笑)

P1170826

割と山手で山城でもありそうなところをずんずんと進んでいくと。

P1170829

P1170832

小さなお堂。往時は伽藍があったようですが、
織田の兵火で焼失して以降、再建されることなく
長く放置され、最近になって再興され始めたとか・・・

P1170847

そしてその向かって右手に石塔群。

P1170837

ひときわ目立つ七重石塔が信玄公墓・・?

P1170839

どうも創建年代は鎌倉時代に比定されているらしく、
その点からも信玄公の生きた時代との関連は考えにくいですね。

鷲林寺は淳和天皇の天長10(833)年、
弘法大師が開基の寺。荒木村重の叛乱とその討伐に
来襲した織田軍の兵火で本尊などを除き、伽藍など焼失。
・・・ということも、あまり武田との関連を考えにくい。

しかし、地元には、

鷲林寺近くに住む人の話によると、七重塔の下には信玄の遺髪や爪が納められていると子どもの頃に祖父から聞いていたそうです。その大昔からの言い伝えが現在まで伝わり「武田信玄の墓」と言われている

という伝承が残されているらしく、また鷲林寺にある
お墓には、花菱紋のお家や武田姓の方までいらっしゃいました。

住職のお作りになっているWebの解説によると、

当山麓の鷲林寺村には甲斐姓が多い。これについて、戦国時代、信玄公の末もしくは家来が当地に逃げ延びて寺の周りに集落を構えた。そして鷲林寺境内にあった七重石塔を信玄公墓として崇拝したという説。

というものがあるそうなのですね。得度をこの寺で得た・・・
というのはさすがにないでしょうけど、尼崎の善念寺のように、
武田勝親が逃れてきた
ような話もあるわけです。

東にだけでなく、西のほうにも遺臣が逃れてきて、
この一体に集落を構え、精神的支柱として元ある石塔を
信玄公墓として、祈りをささげた・・・とは理解のできる話。

いずれにしても、西宮で『信玄公』なる敬称が
見られるのは興味深いと思うんですよね。うん。

P1170841

さて、お寺さんのお参りもせねば。
かわゆすぎる「ようおまいり」。

P1170848

現拝殿は昭和5年落慶とのこと。わりと最近ってホント。

P1170850

「鷲」林寺だけに・・・??

P1170853

この塔は立派だーすごいな!
ちょっと小さなお寺には、違和感のあるくらい。

P1170854

このお不動さん、織田の兵火から逃れた像なのかな。
どうだろうか・・・・にしても、不動明王が安置されてるだけで、
どうしても武田的な何かを連想したくなる(笑)

P1170856

ということで、まぁわざわざなかなか行かんだろう、
という武田史跡のご紹介でした(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 去年の今頃はシリーズ(4) 徳川家霊台・奥の院信玄公・勝頼公・馬場美濃守供養塔 | トップページ | VR作品「江戸城の天守」 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/64762988

この記事へのトラックバック一覧です: 去年の今頃はシリーズ(5) 西宮鷲林寺・信玄公墓:

« 去年の今頃はシリーズ(4) 徳川家霊台・奥の院信玄公・勝頼公・馬場美濃守供養塔 | トップページ | VR作品「江戸城の天守」 »