« 嗚呼濃密なる二〇一六年也。 | トップページ | 去年の今頃はシリーズ(2) 妙心寺玉鳳院@2016年 »

謹賀新年2016-2017 (西日本三城と安居神社)

皆様、明けましておめでとうございます。
例年正月には更新しないのですが・・・・ちょっと気まぐれに。

これが2016年のネタの初回という、今何年だっけ?
というハナシなんですがね・・・

昨年も今年も初詣は京都。木屋町で飲んでから、
その足で・・・というのがここ数年の定番化。

2016年。

P1170284

P1170289

P1170290

2017年。

P1260020

P1260022

P1260024

まぁ・・・・撮ってる写真の代わり映えのしないことよ(笑)

しかし、ここからが違いました。昨年は、
「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2016」というきっぷで、
無駄に(笑)福岡・広島・岡山を1日で行ってきました・・・

◆2016年◆

が、これもうしないな・・・お城行くくらいならいいんですが、
モトをとろうと無理しちゃうと、何しに行ったんだっけ?
になりかねないキケン(笑)なきっぷです。

■福岡城■

ということで、下の橋御門。

P1170297

P1170299

続いて、松ノ木坂御門。現況・古写真・スケッチ。
武具櫓が期待第一なんですが、松ノ木坂御門も
もし復元できたら素敵だなーと思う櫓門。

P1170302

P1170303

P1170300_2

福岡城って、円い石の石垣がけっこう特徴だと思うんですよね。
ということで、一度気づいてからついつい注目しちゃうポイント。

P1170305

P1170307

本丸裏御門と古時打櫓台石垣。古時打櫓とは、
現・伝潮見櫓。御門復元はともかく現位置に移動だけでも
してほしいものですのぅ。そのほうが近くで見られますしね。

P1170310

P1170309

この櫓ですね。赤丸印。

4564645

天守台裏、鉄炮櫓下桝形。ここそういや
ちゃんと今まで見てなかったですが、
枡形の袋叩き感が満載で、けっこう萌えポイントかも!

P1170313

P1170314

P1170315

鉄炮櫓跡に上がってみると・・・まさに鉄砲の餌食間違いなし!

P1170317

P1170318

P1170319

鉄炮櫓というだけあって、鉄砲が保管されていたのでしょうけど、
やはりここに保管されているというのは、即戦力になる
防御ポイントだからというのもあるんでしょうなぁ。

天守台の南西に当たる鉄炮櫓から南側に抜けると
最も注目(わたしだけ?)されている武具櫓跡。
ちょうど天守台の真南に当たります。

P1170321

P1170322

武具櫓石垣。正確に姿が判明していて、
かつ見栄えのする櫓って、武具櫓だと思うんですよ。
福岡城もよくわかんない天守天守と言わなければ、
気持ちよく整備計画に賛同できるのですが…

Cxmkkg2ueaameio

Cxmkpwxuqaa_xoh

武具櫓の曲輪からの大小天守台。

P1170324

城ファンからは怨嗟の声が上がった天守台の梯子。
まぁ、一応石段に保護シートを付けてコンクリ基礎を付けていて
遺構は保護されてはあるのですが・・・もやっとしますな。

P1170328

P1170327

先ほどの鉄炮櫓下の枡形を小天守側から。
袋叩き感がすごいよね。ひー!

P1170333

大天守台穴蔵。なぜだかこの日は中国語に
囲まれる福岡城でしたね・・・

P1170339

ここの天守台は穴蔵の規模を堪能するに限りますねぇ。
建っていたかはともかく、相当な規模。
穴蔵の大きさ比較とかちゃんとやったら興味深いだろうね…

本丸裏御門と古時打櫓台石垣を天守台から。
今の下ノ橋御門そばより、映えると思うんだが…

P1170341

天守台下。鉄御門と埋門の間の桝形構造。

P1170340

さて戻ります・・・個人的に復原希望の扇坂御門。
門を抜けた扇状の階段をね…中津城にもあるし、
なんとなく黒田家らしさの出るポイントではないかと思いません?

P1170345

東御門桝形。あれ天端石崩れてる?

P1170348

東御門桝形イラスト。門の前が完全な
枡形になっていなくて、門を抜けると枡形になってるの、
どういう発想からなんだろうなぁ。

P1170350

きわめて広島城に酷似した(笑)福岡城天守想像図。
かっこいいんだけどね・・・かっこいいんだけどね・・・
でも、想像なんだよなー・・・根拠ないんだよなー・・・

P1170351

わたしがなぜか1000億円くらい手にすることになって、
お城でも造ったるわい!ということになったら、
天守はこれで行きたいと思いますけども(苦笑)

石垣整備完了した上ノ橋大手門。
桝形素晴らしくなって、けっこう見所になったはず、
なんだけど誰も見に来ない。今年はどうだろう?

P1170356

P1170357

P1170360

P1170362

きれいに枡形が復元されているのですが、その先には
簡易裁判所に遮られて、ここから城内に入れないというのが
ちょっと難点ではありますね・・・・

P1170361

さてお昼。けっこう探した記憶がありますが、
無事にモツ鍋おビールセット☆

P1170366

そして、その足で広島へGo!

■広島城■

広島城は、廣島護国神社があるためか、かなりの人出。

P1170369

P1170372

ほら・・・やっぱり想像上の福岡城天守=広島城天守じゃないか!

P1170394

P1170386

さて、天守内の展示をさくっと見ていきます。なかなかいい展示。

P1170367

とりあえず、気になったお城を列挙・・・吉田郡山城、五龍城、小倉山城、
日山城、吉川元春館、新高山城、頭崎城、佐東銀山城、
鳥籠山城、相方城、比熊山城、一乗山城、亀居城。

まずもって、吉田郡山城はキッチリみたいですよね。
それと武田ツナガリで安芸武田の本城、佐東銀山城あたり。

展示はよかったんですが、肝心の広島城は着いた時には
けっこう時間が遅かったので、大して遺構をみるわけでもなく、
広島城天守かっこいい、広島城天守かっこいい・・・!!
と写真撮るだけで終わってしまった広島滞在(苦笑)

しかし、お堀ですが、きれいに藻を掃除したら、
ドライスーツ着て壕底探索できそうな?くらい、
わりと透明度がある印象。なかなか藻の掃除大変でしょうが。

P1170397

■岡山城■

さて、そんなこんなで夜の岡山城に移動。
岡山・・といえばここ数年、通っている小豆島ラーメンへ。

P1170406

小豆島といえば、醤油ですからね・・・(極私的には)

さて、岡山城はもはやライトアップ撮るだけ。
だけなんですが、岡山城好きすぎてですね・・・・
撮るだけでも至福なのですよ。

P1170412

P1170417

P1170420

P1170431

P1170437

P1170438

P1170453

P1170458

最後の一枚なんて、入母屋部分が暗く隠れているから、
望楼型天守らしさがわかってなかなかいいなーと自画自賛してみたり。

しかし、角度を変えるごとに違ったフォルムを見せてくれる面白さが
何より楽しいのと、やはりライトアップのときの、
漆黒の引き締まったカッコよさが何倍にも増幅するのがもう・・・!!

広島城天守、岡山城天守が現存していないのとが
ホントに悔しくてなりません。

◆2017年◆

さて今年は、昨年真田丸でフィーバーしたこともあって、
安居天神にきてみました。わりと高校が近くって、
行こうと思えば何時でも行けたはずなんですが、
大阪に住んでいたときは、行こうともしなかった・・・・

のまえに、茶臼山陣城跡。もちろんここも初。

P1260025

P1260026

P1260027

茶臼山そのものよりも、レーダーで見つかった?
丸馬出のほうが気になるわたし。

こちらの復元図によると、ここが丸馬出の内側にある
壕跡に相当するようです。高低差もありますし、
降りてみても壕感がかなり残っていますよね。

P1260028

P1260030

残念ながら丸馬出感はちょっと感じることは難しいですが、
復元されたらいいんだけども・・・無理か。

そして、近くの安居神社。ここもね・・・初なんですよね・・・
まだまだ戦えそうな感じの幸村さんですな(笑)

P1260034

P1260035

先の真田丸総評でも書いたように、やはり真田信繁という人物に
興味を持てなかったからこそ、来ていなかったわけで、
映像の力ってのは大きいもんですな。
堺信繁の最期を想いながら、お参りしました。

銅像の寄進者の中に、信綱寺や真田姓の皆さんが
ちらほらいらっしゃるのも気になりましたね。
ただ、いわゆる仙台真田家のよく出てくる系図にある方々では
なかったので、この真田さんはどういう・・と調べると。

ひとつ調べあたったのは、真田大助の子孫の名乗る方
ほう・・・大助の子が・・・まぁ・・・いいんじゃない・・でしょか?

それよりも気になるのは、北面・西面の深い落ち込み。
南からは一心寺からなだらかに安居神社まで
つながっていますので、ここも城域だった時代があるのかもしれません。

P1260046

ということで、16年は天守、17年は陣城とある意味、
二年続けてお城だった元日でした。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 嗚呼濃密なる二〇一六年也。 | トップページ | 去年の今頃はシリーズ(2) 妙心寺玉鳳院@2016年 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/64714506

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年2016-2017 (西日本三城と安居神社):

« 嗚呼濃密なる二〇一六年也。 | トップページ | 去年の今頃はシリーズ(2) 妙心寺玉鳳院@2016年 »