« 城フェス 2015・・・5!? 後編 武田の城?徳川の城? | トップページ | 嗚呼濃密なる二〇一六年也。 »

武田ヲタクの極私的真田丸総評。

真田丸、終わってしまいましたね。
なかなか2016年のblog記事を書いていませんでしたが、
2016年の心に占めるかなりの部分を真田丸がもっていきました。

ってことで、今のうちに思ったことを・・・
ちなみに、武田家好きということでかなり偏ってるのはご愛嬌(笑)
例によって、各位敬称略にて。

■信玄への憧憬 - 真田昌幸

武田家に強い関心があって、特に武田家滅亡以降の旧臣、
旧民の抱き続ける武田家への思いの強さと息の長さ、
という点に最近興味が強かったのですよね。

その点を1年通じて、個人的にタイミングよく映像化
されたということは、ほんとうに武田家に関心を持つ者として、
幸運というよりほかありませんでした。

真田丸、実はそれほどには期待していませんでした。

それは、三谷幸喜だからというわけではなく、
単純に真田幸村を描くからということだからでした。

このあたりは署名運動をして盛り上げていた
上田市の方には申し訳ないのだけど、昌幸をスルーして
上田にほぼいなかった幸村ばかりが注目されているのを
いつも苦々しく思っていただけに、そういう展開なら
ちょっと・・・と思っていて。

とはいえ、幸村の活躍する場面だけでは
尺が余るのは目に見えていて、昌幸も描くであろう、
それであれば武田家が描かれればいいな、くらいの感覚。

だからこそ、真田丸の発表直後、川中島の昌幸初陣や
長篠合戦あたりから描いてほしいというように思っていて、
滅亡直前からということでまぁ・・・しょうがないかと思って
第1話を見るわけですよ。

まぁ、信玄公信玄公って出てきますよね。わぁぁぁぁですよ、もう。
信玄の霊が出て、そして劇的な勝頼自刃。
あぁ、これはもう武田丸だった、もうこれで救われた・・・と思ったら。

ストーリーが進むにつれ、要所要所で信玄の影が
出てくるじゃないですか。同時期に出た平山先生はじめとする
関連書籍で、信玄と昌幸の師弟関係とも言える
関係の深さを新しく知るということと連動し、
昌幸に通底する忠誠心が、映像の力を借りて
深く深く心に突き刺さっていきました。

単に真田を大河ドラマにするなら、武田家を描いてほしい、
ならば強い武田家の時代を描いてくれなければ
と思っていた、何たる浅はかさ。川中島や長篠がなくても、
これほどまでに存在感強く武田家が描けるのかと。

天正壬午の乱では、ころころ変わる昌幸に
表裏比興を地でいくように見えながら、
真田を守ることと信玄への憧憬を軸にすることで
筋の通った昌幸も見せていく。

この大切なもののためには、何でもする、
何を謗られようとかまわないという姿勢。
良くも悪くも信玄そのものです。
信玄も戦国を勝ち抜くために背負う罪業は
すべて自分が背負うのだという覚悟を持った大将でした。

信玄から軍略を学び、そして信玄の覚えもめでたかった昌幸。
武田家の家臣から一国の大将と立場が変わっていく中で、
大将として持たねばならない覚悟を、あの信玄を象徴する
太刀と向き合うなかで培っていったような気がして、
そんなさままで見ることができるとは思ってもみなかった衝撃でした。

そして信玄の時代を、領国を、記憶を取り戻そうとする昌幸は
この一転についてどこまでも真摯。九度山で亡くなるときだけでなく、
大坂の陣でも、堀田作兵衛が語るなど、何度も何度も描かれ、
そのたびに涙するのでありました。

昌幸がほぼ中心ではありますが、出浦昌相・室賀正武・春日信達ら、
武田家の旧臣らも武田家を懐かしみ、誇りに思い、ただそれでも
消えてしまった武田家の記憶は胸に仕舞って、
各々の道を生きているという武田家の記憶の広がりを感じます。

対立し、謀殺し(これに関しては後述)部下になるなど、
昌幸との立場はそれぞれですが、しかし同じあの武田家の時代を
すごした一員という共通した時代を生きた感。

出浦については、史実でも書状でそのような
「同じ武田家のもとにあった仲じゃないか」という説得をしてたり、
というのをするのを知るとさらに感慨深くなります。

■勝頼の挑戦と挫折 - 武田勝頼

そしてもうひとつ、勝頼。あの儚げで美しい平勝頼の名演には
心を打たれた方も多かったでしょう。
わたしも信玄の幻を見、自分の至らなさを詫びて
信玄の元へ逝こうとする勝頼を見て、
ただただ声を上げて哭くことしかできなかったのでした。

しかし、事前に「武田勝頼と長篠合戦」など勝頼本を読んでいると
もう少し違ったように見えてくるのです。
勝頼は信玄が設定した人生のレールに従わず、
自分の力で人生を切り開こうとした人でした。

信玄や梅雪ら一門、重臣たちは当然、信玄の後継策、
つまり陣代という当主ではない中継ぎとして、
武田家を支える役目こそ勝頼の道と思っていた
とわたしは感じているので、それは衝突はあったでしょう。

信玄は勝頼が当主になれば、その血筋や立場からいって、
ひょっとするとその性格や資質の面からも、
衝突が起こると見越していただろうと思っています。

しかしそれと対決してでも、勝頼は自身の力を恃み、
武田信玄の子ではなく、武田勝頼という大将として生きたいという
強い意志があったと思います。

その勝頼の挑戦があったからこその、あの滅亡直前の達観した様子、
父上がおられたらとつい零してしまう様子、
そして四郎をたっぷりと叱ってやってくださいませ、
と悔いる勝頼の姿をより鮮烈に記憶に残すことになったのです。

偉大な父をもつ二代目のコンプレックスがテーマのひとつにある
ということですが、乗り越えようとした場面を直截的に描かなくても
感じられる、そこがあの勝頼のすばらしいところだったのではないか、
と思えてなりません。

少なくとも、あの勝頼がかわいそう、すべて信玄のせいだというような
そんな単純に割り切れるものではないでしょう。

■武田家を飲み込んだ包容力 - 徳川家康

家康。稀に見るといっていいほど、人間臭く、
またそれゆえの包容力のある描き方。
要所要所で見せられる、下につくものを引き付ける魅力。

天正壬午の乱あたりは、昌幸に翻弄されながらも、この大将ならば、
武田亡き世に主として、命を託すことのできる人物だと思うだろうな・・・と
武田遺臣の気持ちになって、視聴していました(笑)

滅亡した勝頼を武田家中以外で高く評価したのは、家康でしたし、
まさに滅亡する直前で見せた北条氏政への説得、
死した太閤へささげた祈りなど、敵方への真摯な態度というのは、
やはり視ていていい気分になれます。

とはいえ、第一次上田合戦で命を落とす多くの兵は甲州勢だったり
するわけで、微妙な気持ちにもなるのですが・・・

実は、甲陽軍鑑でもある時期から家康は大絶賛されます。
それはもちろん家康に召抱えられたからという側面は
絶対にあるわけですが・・・・

それでも、武田で生きてきた人たちと家康との親和性を感じ、
その一端が今回の内野家康に見て取ることができたように思います。

■描写への不満が残る -小山田信茂&春日信達

物語の大筋にはそう関与はしないものの、不満の残ったのがこの二人。
信茂は第1回からそうなのですが、重臣の地位にありながら、
非常に小物感があり、最期の最期まで小物としての描かれ方。

穴山梅雪の堂々たるさまと裏切る際の苦渋を見せる顔など、
非常にしっかり描かれてあっただけに、その対比になるようキャラ付けを
されてしまったのでしょうか。

信茂には信茂の理屈と大義名分があり、また武田家存続も
図っていました。あそこまで、浅はかに描く必要があったのか?
という点は疑問を感じざるを得ません。

穴山、小山田両氏とも「穴山武田氏」「郡内小山田氏」を読んで
その実際の歴史を読み込んでいくと、なおさらそう思いました。

春日信達はその人となりではなく、事件展開。
史実とは違って、昌幸の指示で信達調略を図り、
しかも信尹に暗殺させるという展開。

単純に信達の殺めて上杉の力を殺いだだけ・・・・で、
信繁・信尹の関係性や信繁の成長の一環を
描くに使われただけ、に思えました。

信達の父・香坂弾正と昌幸との関係を知っているだけに、
そんな仲でも殺めねばならないこともあるでしょうが、
その必然性よりも、信繁の成長を「描く都合」にあわせた
感じを受けてしまい、その点は興醒めでした。

■0から1へ - 真田信繁

主人公である真田信繁については、幸村であろうと信繁であろうと、
実はそんなに関心はなかったのですよね。
勝手ながら、武田家あっての真田という視点からは、
どうしてもこれまで関心をもてなくて。

信繁名の由来だって、確固たる証拠はないわけですし、
あったとしても昌幸の意思であり、信繁がどう考えたか
ということではないわけです。

しかし、あのような昌幸をみてきた信繁であれば、
武田的な何かを生かして、大坂で輝くのだろうという思いを
持たせてくれました。そしてそれは実現しました。

三方が原の思い出を語る昌幸に、
「武藤喜兵衛!その話大好きです!」と応える信繁が、
後に武田の武勇の証の赤備えを出してきたあたり、
昌幸が終生誇りにした武田の欠片の、
わずかでも持っていてくれてうれしかった・・・

それもやはり、よく知られた「真田幸村」としてだけではなく、
真田信繁として、昌幸を中心に生き残った真田家の物語を
描いてくれたからこそだったと思います。

■一般人として歴史とどう向き合うのか

今回の真田丸では、時代考証陣の先生方とドラマとの
しあわせなコラボ、ということが話題になったと思います。

すべてのスタッフの皆様がこれだけ同じ目的を正しく共有し、
1+1が2にも3にもなるような各々の力を存分に生かせる作品になった
という各々のチームワークがまた素敵だったりします。

考証陣の先生もおっしゃっていた、厳しいが気持ちよく
仕事ができたというご感想がなによりそれを表していましたね。

それだからこそ、各関係者のいろんな視点で見る真田丸、
を楽しめたわけで、特にそもそも歴史が好きな人間にとっては、
歴史を専門に研究される方の解説とともに、映像で理解を深めていく
という流れがとても新鮮に思えました。

これまで歴史に興味があったとして、本を読んだりする、あっても
展示会に行く、講演会を聴くくらいのことだったのが、
その講演会・展示会もものすごい充実振り、さらには
SNS等を通じて、歴史を研究している専門家の考え方、
大事にしていること、常識、あるいは歴史研究の問題点…
などなど学ぶことができました。

一方、ドラマはドラマで、必ずしも史実だけというわけではありません。
とはいえ、たとえ史実ではなくとも、史実と史実をフィクションで繋ぐ、
その繋ぎ方の妙で、却ってその史実が引き立つということもありました。

そして、演じる俳優陣の思い、それに先祖を
描かれることになる末裔の方々。
さらにTwitterで流れてくる実にドラマを読み込んだ感想の数々。
それぞれにこの真田の物語への思いの寄せ方があって・・・

歴史について、こういう理解の深め方をしていくというのは
なかなかできることではなく、心から真田丸のある時代に生きて、
そして恙無く鑑賞できたことを有り難く思うばかりです。

そこで、一人の歴史に関心のある者として、
どうしていきたいのか、ただ好きだったり、知識を得たり・・・だけでは
済まなくなってきたという気持ちが真田丸によって、
高ぶってきた感があります。

わたしは信玄を中心に武田家に関心があるわけですけれど、
ただの趣味レベルとはいえ、ストーリーをもって知識や
自分なりの考えを組みたてていけたらいいなと思います。
そして、何らかのアウトプットを出したいという欲。
大河ドラマの影響力を改めて強烈に感じましたね。

完璧ではないかもしれないけど、すごく物語のロジックが
ハッキリしていて、キレイな組み立てだったと思うのですけども、
これって、数寄物語りにも欠かせないなと。

・・・真田丸、思っていた以上にわたしにとって、
偉大な作品になりました。武田家に関心があるにもかかわらず、
風林火山を超えそうなくらいの印象を残した真田丸。

極私的にも2016年は、とんでもなくすばらしいことも、
とんでもなく悲しく、つらいこともそのパワーが桁外れでありました。

本当に精神的に厳しい出来事に向き合っていくための、
大きな力を真田丸からいただいた思いでいます。
真田丸にかかわったすべての皆様に、改めて感謝申し上げたいですね。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 城フェス 2015・・・5!? 後編 武田の城?徳川の城? | トップページ | 嗚呼濃密なる二〇一六年也。 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/64696984

この記事へのトラックバック一覧です: 武田ヲタクの極私的真田丸総評。:

« 城フェス 2015・・・5!? 後編 武田の城?徳川の城? | トップページ | 嗚呼濃密なる二〇一六年也。 »