« 武田ヲタクの極私的真田丸総評。 | トップページ | 謹賀新年2016-2017 (西日本三城と安居神社) »

嗚呼濃密なる二〇一六年也。

さて、後半あまりblog書けない間に、
2016年も終わろうとしています。

Twitterでもそうですが、ほんとに楽しいときは、
レポツイなんてやってる場合じゃなかったりするのですけど、
今年1年間の休日がまさにそんな感じだったように思います。

ということで、多くの楽しい記憶はちょうど1年後に
振り返ろうという壮大な企画を考えました(爆)
また周回遅れにならないようにしないと・・・

まぁ、しかし今年は真田丸フィーバーだけでもすごいのに、
武田家関連の展示・講演のラッシュがすさまじい・・・

真田丸+武田に関連するイベントを列挙しますと・・・

❖講演会・トークショー❖

・山梨文化学園第84期『武田氏と真田氏』
・大河ドラマ「真田丸」 研究者とアイドルの歴史トーク
・第四回・恵林寺講座「平山優先生に聞く武田信玄公 品第一」
・第五回・恵林寺講座「御一門衆 武田信繁・信廉を中心として」
・『武田信玄とその家臣』NHK大河ドラマ「真田丸」
  時代考証担当平山優さんによる講演会
・OSAKA STATION CITY@真田丸[ステージイベント]
・「武田二十四将展記念講演」
 第1回「武田氏家臣団総論」丸島和洋氏
 第2回「武田氏と国衆」黒田基樹氏
 第3回「武田氏の軍制と家臣団」 平山優氏
 第4回「武田氏滅亡後の家臣の動向」海老沼真治氏
・歴史文化教室第2回『武田氏と甲府五山』
・真田丸を語り尽くすトークショー@西股総生先生
・「真田丸」トークセッション in 銀座
・平山優と巡る上田城と特別展「真田丸」
・歴史文化教室第六回『武田家と家臣の信仰世界』
・武田神社崇敬者大会記念講演
・『真田丸』トーク!トーク!トーク!~毎日ライブin信州上田~
・考証三人衆真田丸シンポジウム
・真田丸最終回パブリックビューイング
・諏訪原城といえば丸馬出!

❖企画展示会❖

・「武田二十四将展」@山梨県立博物館
・「風林火山!駿河を駆けた武田軍団展」@藤枝市郷土博物館
・「川中島の戦いと真田」@長野市立博物館
・「戦国の絆」@真田宝物館
・「真田氏をとりまく武将たち 第一期
   ~真田太平記に描かれた武田氏~」
 @池波正太郎真田太平記館
・「真田丸展」@江戸東京博物館
・「真田丸展」@上田サントミューゼ
・「真田丸展」@大阪歴史博物館
・「国宝信貴山縁起絵巻」@奈良国立博物館の特別展
 (信貴山朝護孫子寺所蔵の武田信玄文書)
・「戦国時代展」@江戸東京博物館

❖お祭り・慰霊祭❖

・信玄公祭り
・松姫400年祭
・仁科盛信慰霊祭
・武田勝頼公まつり
・米沢川中島合戦祭り

❖武田史跡訪問❖

・甲斐武田家史跡オフ
・和渕武田家墓所再訪
・妙心寺玉鳳院…信玄、勝頼、信豊・盛信供養塔
・持明院泊…高野山武田家宿坊
・鷲林寺…伝信玄墓
・棒道踏査 …真田町~松代、地蔵峠越え
・信玄袈裟@豊橋・神宮寺
・古宮城
・丸馬出の城探訪…牧ノ島・小長谷・大島・諏訪原

・・・圧巻ですね(自分で書くのもなんですが)
何気に上田真田まつりを外しているのがイタイんですよね。
まさか昌幸ぱぱん始め、あのような面々が起こしになろうとは・・・

もう全然消化できてなくて、ある意味ではうれしい悲鳴なんですが、
記録はしっかり残ってるはずなので、掘り返していって、
2017年に向けてしっかり血肉にしていきたいですね。
まだ読めてない本もたくさんありますし・・・

ということで、1年通して、武田・真田でフィーバーした
1年ということで、記憶に残る年になりそうです。

他のジャンルでいいますと・・・その分、お城(武田真田関係除く)
やウイスキー関係も参加はしましたが、ちょっと低調。

◆ウイスキー◆

ウイスキーはやはり原酒不足がまだまだ尾を引いていて
新しい発見という意味では、なかなか厳しいかな、と。
昨年はマッサンがあって別の盛り上がりがありましたけどね。

BARSHOW、京都ウイスキーパーティ、「酒育の会」、
ウイスキーフェスティバル東京・・・

「ウイスキーライヴ・パーティ 2016」はよかったのですが、
ある意味、古き(といってもほんの数年前)よき時代のウイスキーを
楽しむという感じでちょっと回顧的だったかなぁ。

しばらく、あと数年、ひょっとすると10年以上は
こういう忍従の日々が続くのでしょうな。
とはいえ、今年は蒸留所が日本にたくさんオープンした年、
でもあったわけでして、今後徐々に楽しみは戻ってきそうですが。

群を抜いて今年印象に残るのが、余市マイウイスキーづくり。
ついに上級編に行くことができましたっ!
それもものすごいご縁があって、譲っていただけるとは・・・チャーンス!

が、当日まさかの仕事がかぶるというピンチがありましたが、
なんとか終わらせ、タクシーをぶっ飛ばして余市へ!

内容を書くのは当面先になりそうではありますが、
この10年を経て受け取るときに、どのような気持ちで受け取るのか、
今年の激動をどう10年後振り返ることができるのか楽しみです。

もうひとつは、香港・台湾の旅。香港は関係ないのですが(笑)
台湾はほぼウイスキー目当ての旅。カバランはまぁ知ってましたが、
南投がよかったなぁ。期待が持てそうだし、人間関係もおもしろいしね!

◆城◆

お城関係で言うと、元日の福岡城・広島城・岡山城と、
西日本の好きな近世城郭をまわったのと、
リニューアルした小田原城天守、
ばったび城跡探索会@江戸城、松本城外郭めぐり・・・くらい?

武田と絡まない山城は行かなかったですねぇ・・・
ま、そゆ時もあっていいでしょう。

むしろ、年末のお城EXPOがよかったですね。
あれはあれで、講演偏重な感はあったんですけども、
熊本城の講演、石丁場の講演が興味深く今後の繋がりそう。

あと、今年はわりとゲーム関係もあれこれあったかな。
ドラクエ30周年ということで、

・ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー
・ドラクエミュージアム

がありましたね。特にスペクタクルツアー!
ドラクエの新しいカタチができていて、ただのゲームではなく
ゲーム文化となっていくような躍動を感じました。
しょこたんがもうアリーナそのままだったよねぇ。

あとメインカテゴリ外としては、そうかえん。
これもご縁なんですけど、とある筋からチケットをいただけ参戦。
これで2回目・・・何度言っても迫力大でありました。

-------------------------------------------------------

・・・とここで締めてしまうと、いい年だったじゃーんなんですけども、
まぁ、プライベートや家族のことではツラい1年。
ひとつは解決するめどが立ちましたが、いい方向に向かうか?
と思った今年の夏と秋、どん底に落とされました。

これだけ走りながら、まとめもせずに貪欲に楽しみを求めたのは、
その穴埋めを求めていたのかもしれません。

詳しくは書けませんが、生き方を間違えたなぁと思うこともありました。
がんばらなければよかったと思った自分に気づいたとき、
過去の自分が残した手紙なんて、もう申し訳なくて読めないわけですよ。

自分のモチベーションの源としてきたことが、どんどん
世の中で求められていかなくなる寂しさと不安。

その中で過去にやり遂げたことが根拠もなく、
この先もその延長線上に進んでいける、と思われてしまうやるせなさ。

生き方を変えなければいけないと思っても、
自由に変えることはできず、言われたように合わせるしかない。

そんなのもう辞めちゃえばいいんじゃないの、と言われるかもしれませんが、
元の生きるモチベーションの設定の仕方が間違っているから、
じゃぁ、何をしてモチベーション高く生きていくか自信が持てない。
そんな悶々とした半年でした。どうなることやら・・・

そして、冬。

思いもかけないことが起こりました。まさか、家族がこんな病に
かかるだなんて。本人たちよりも離れて暮らしている
わたしのほうが動揺してしまって、、、

今後何が起きても不思議ではない状態。
ただ、救いは本人がさほど深刻がらず、辛そうでもないこと。
それだけは本当にホッとしています。

2017年、どうなりますか。

「えらいことになった」
「大博打のはじまりじゃぁ」

と言って、激動の時代を切り抜けた真田丸の昌幸。

「捨て鉢にならず、最後まで望みを捨てなかった者に
のみ道は開けまする」

後にこう言えるようになってればいいなと、
修羅の道を進むしかありません。
他人から見れば、恵まれてるくせにって言われるかもだけどね。
何が恵まれてて、何がつらいかはその人じゃないとわからないのさ…

好きにつけ、悪しきにつけ、今年はありえないほどの濃密さでした。

さて、今後は1年前くらい(笑)の出来事を振り返る
という感じで、この濃密な2016年をblogで振り返っていこうと思います。

2017年は、棒道オフの再開や丸馬出オフあたりを
企画して皆さんと行ければなーという感じで、
できるだけ行動範囲は狭めに、そして本をたくさん読む時間に
当てたいなと思っている次第です(できるのか?笑)

今後ともよしなにお願いいたします。


|

« 武田ヲタクの極私的真田丸総評。 | トップページ | 謹賀新年2016-2017 (西日本三城と安居神社) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/64700646

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼濃密なる二〇一六年也。:

« 武田ヲタクの極私的真田丸総評。 | トップページ | 謹賀新年2016-2017 (西日本三城と安居神社) »