« 2015年棒道踏査 … 甲六川~芹ヶ沢・湯川砦編(2)逸見道分岐~八ヶ岳美術館 | トップページ | 16年。 »

2015年棒道踏査 … 甲六川~芹ヶ沢・湯川砦編(3)八ヶ岳美術館~芹ヶ沢

間空いちゃいましたね・・・(いつものこと)

さて、2日目。ここから大門街道の入り口である湯川砦まで。
これがけっこう・・・というか棒道の道筋が断片的にしか
残っていなくて、点で残っているところを少しづつ押さえる感じ。

Map

赤が想定棒道ライン、青が実際の踏破ライン。
見て判ると思うんですが、かなり残っていなくて相当回り道を
しないといけない、見所が少ない割にはアップ続きで
歩くのは苦しい・・・という難関コース。

①八ヶ岳自然文化園~中央農業実践大学校

このあたりは割りと多めで、自然文化園に行くまでの
別荘地の一部に棒道と思われる古道があったりだとか、
小川との交差点である「二子清水」あたりが痕跡。

②上川支流渡河地点

ここには関守伝十の石碑があるらしいのですが、
どうにも見つからず・・・ただ、渡河地点がココかな?というのは
わかってなかなか興味深いものはありました。

③泣き石

石そのものの謂れには直接棒道は関係ないのですけど、
ここも棒道との交点(ということは棒道そのものと
現在の道が異なることを示唆)ということで目印の一。

ということで、スタート。八ヶ岳美術館の棒道看板を
前日とは逆の左手に進んでいきます。

P1110572

P1110573

昨日とは違ってきれい過ぎてホント?
と思っちゃいますが・・・

P1110577

P1110579

P1110580

一応、信玄棒道で合ってるっぽい。

P1110581

5分もいくと切れてしまいますが・・・

P1110583

県道484号線を挟んで続いています。

P1110584

P1110585

県道484号線を渡った先がどうにも盛り上がった幹事なんだけど、
県道通したときに削ったのかなぁ?

P1110586

このあたりを過ぎると別荘地になりますが、
特定のエリアが棒道の痕跡になるものがあり・・・

P1110587

ここは下見の時にはいけなかったので、秋の本番にて。
溝こそないものの、割とこれまでの棒道感があって!
せっかく通るならぜひ見ておきたいスポット。
しらかば平V-22付近です。

P1160164

P1160169

ただ、ほんの数十メートル程度でその先は
行き止まりではありましたが。。。

P1160167

もうひとつ、この先に出てくる看板なのですが、
二子清水の看板に「笹出丘を右に見て二子の清水に達し、
雀ヶ森を左にして・・・・・。」というその笹出丘がありました。

P1160175f

ここも別荘地しらかば平のP29に相当。
別荘地の地図と照らし合わせて考えると、その位置が
よく想像できますね。

P1160163

さて、このまま棒道沿いに進むことはできないので、
自然文化園に一旦入ってから回り道をして
二子清水に向かいます。文化園の中も割りと棒道的?
に見えてきたりするから不思議です(ルートは全然違うけど)

P1110588

P1110590

P1110592

おっと!棒道通過点!位置がわかるだけでもありがたい…
のですけど、想定棒道ラインと今の位置がどこか?
というのを示してくれるといいんですけどねぇ。

P1110596

あれーどっちに行けば・・・

P1110599

これだ!

P1110600

ということで、二子清水看板。
もう少し先に行くと。「五厘口」という江戸時代の遺構が。

P1110601

P1110604

江戸時代の遺構が関係有るの?って幹事なんですけど
上の棒道が通っていた「から」この位置に分水口を設けて、
汐番や汐の補修にも都合がよかった、ということだそう。

上の棒道が通ってたとすると、武田軍もここで休息して
喉を潤してたりしたのかなぁ?

P1110606

P1110612

この「西の清水」ってのが皆目わからんかったなぁ。どこ?
たぶん東西にあって、それで「二子」なんでしょうけども。

P1110609

下見のときはちょうど真夏で、もうものすごく暑かったので、
ごくごく飲みたいところなんですが、さすがに生水は…
てことでタオルに浸してみました。ひゃっこーい!

P1110613

これがですねぇ・・秋に行くとビックリ!涸れてますやん…

P1160172

P1160174

五厘口のほうはなんとか水量ありましたが、
落ち葉で塞がれていてるあたり、やはり少ないのでしょう。

P1160177

P1160182

いずれにしてももう少し案内があるとよいのになぁ
という感じは否めませんね。どれだけの方が訪れるか判りませんが…

さて、気を取り直して農業実践大学校の校舎を
抜けていきます。

P1160186

門があってもビビらない。ちゃんと開いています。

P1110621

山々の稜線が美しい・・・

P1110622

P1110623

秋は秋で趣きあってよいですぞ。

P1160187

ここも棒道交点の目印。もう少し詳しく…

P1110624

このまま農業大学校をつっきります。だ、だいじょうぶかな?
とは思ったんですけど、入るべからずとはなかったので・・・

P1110625

囲まれてる感・・・どこかから鉄砲狭間
出てこないだろうな?(笑)

P1160189

秋は収穫の時期、美味しそうな南京が・・・

P1160190

P1160191

この校舎を潜るところもどうも棒道想定ルートみたい。

P1110639

P1110636

P1110637

ここを抜けると、御柱街道と交差します。

P1110631

御柱祭のスタート地点「綱置場」付近なんですよね。

P1110632

P1110629

下見のときに撮り忘れた「綱置場」の碑。

P1160197

さて、ここからは大きく迂回して史跡のないところを往きます…
つらいつらい。その前に農業実践大学校でブレイク。
牛さんがぞろぞろいらっしゃいます。

P1110641

P1160198

下見の時にはアイスでクールダウン☆

P1110642

本番のときはここで食料調達。棒道踏査の
重要拠点ですね(笑)

P1160237

さて、迂回路。遮るものが何もないので
直射日光が強いのなんの・・・日光が日光に苦しむ(苦笑)
こうして後から見ると、景色はいいんですが(爆)

P1110644

P1110648

P1160199

ようやく1.5kmほど歩いたところで、横道に逸れることができ。
でもこれが本道、牧草地で分断されてた棒道に
ようやく戻ることができたわけです!!!

P1110649

道の両側は森が広がり、舗装さえしなければ
いい感じの古道だったかも・・と思わせる雰囲気です。

P1110651

一部だけですが、土塁様の土盛りや溝があったりして
これまで見てきた古道として特徴かな?というところもあります。

P1110654

P1110655

P1110658

さて・・・そろそろ②に差し掛かってきましたが、
どうしても関守伝十の碑が見つかりません・・・
ということで橋を渡って、向こう岸へ。

あ、向こう岸で農道を辿って・・・とあるな?
農道ってどこだ??

P1110665

この写真撮った目の前に見えてるんですけどね・・・
下見したときは、水分が足りてなくて(1リットル飲み干し)、
水を探してばっかりだったので、気づかなかったようで。

P1110664

おお、ここだ・・・たぶんここだ・・・
そして、ココが渡河地点に違いない・・・!!

P1160213

ただ、立ち入り禁止の表示があったため、
泣く泣くストップ・・・ううう。

このあたり、ずっと庚申塚や仏様が並んでいて、
いつの頃かはさておき、古い道ではあるんだなという
感覚を抱かせてくれます。

P1160216

P1110666

その中に、西股先生が見つけられたこの碑。
なになに・・・南無妙法蓮華経・・・

P1160221

武田信玄公之霊、武田□一族の霊・・・!?!?

P1160221f

ど、どういうことだこれは・・しかも、大法山安立寺
日應という日蓮宗の僧が建てたのか?
しかも昭和55年て・・・あたらし!

P1160222

P1160224

これ、調べてみますとどうも松本城の近くに
大法山安立寺なる日蓮宗のお寺があるようです。
次に松本行く際には、ちょっとお寺の方に
聞いてみてもいいかもしれません。なぜだ・・・!!

そのほか新しいものも多いんですが、撮っていて飽きませんね。

P1160226

P1160227

P1160228

P1160230

ただ、下見のときは一切撮っていない・・・
それだけ水を求めていたわけで、
夏になんて行くもんじゃないすね(汗)

こちらのお店で弊店間際に駆け込んで、の、のみものを・・・
と懇願(笑)弊店間際ですけどドリンクだけなら
いいですよ!とありがたいお言葉をいただき、生き返りました。
スープス ヤツガタケさん。ちゃんとスープもいただきたい…

P1110669

ねこさま「ふん、命拾いしたな。感謝しな」

P1110668

さて、また棒道ルートから離れてまた合流する地点が「泣き石」
ここも信玄公や棒道そのものとは関係はないのですが、
棒道との交点とされているところです。

Map

ちょうど八ヶ岳美術館と芹ヶ沢交差点を直線で結ぶと、
現代の道路との交点にちょうど「泣き石」が来るんですよね、確かに。

そして確かに目立つ岩ではある「泣き石」
餓鬼石との謂れもあるようで。

P1110672

P1160233

ただし、棒道に関する解説はなし・・・

さらに進んでハッピードリンクショップを見つけます。
あぁ・・・下見の時には神のオアシスに見えましたよね。
一気に1リットルのスポーツドリンクを(笑)

P1110674_2

本番はこの先の小さなお社前の公園でお昼。
おべんとタイムです。いい年こいた大人が公園で
揃ってお弁当を食べているのは、さぞかし・・(自主規制)

P1160238

ちょうどいい具合に紅葉もしていて、いい環境。

P1160235

さぁ、あとはてくてくと芹ヶ沢交差点・湯川砦を目指すのみ。
ホムズ技研を過ぎたこの道を棒道と推定。

P1110676

少し歩くと視界が開けてきます。あの山々を越えるには
大門街道を上って歩いてゆかねばならんのです!

P1110679

P1110680

このあたりに信玄休み石なる石があるはずだが・・・・
どこにもそんなものはない・・・ということで、
関守伝十の碑に続いて、この休み石も見つけられず。

P1110685

代わりといっちゃなんですが、保科の角九曜が…
保科さんってあの保科さん!? 飯野藩主の保科家とは
また別系統でしょうか…気になりますッ!

P1110693

ってことで、芹ヶ沢交差点。一応下見のときは
ココがゴールなんです。

P1110695

近くには湯殿の坂という信玄公にまつわるとされる
地名があったりして、湯殿があったり、
湯殿の湯にする温泉を汲んで上がった坂だとか?

P1110698

交差点の手前にあるお寺は、「硫黄山」など
なにやら温泉の雰囲気のする名前がちらほら・・・

P1160242

P1160244

実際、芹ヶ沢温泉という温泉が沸いていて、
車でポリタンクをもってくれば持って帰ることだって可能。

P1120570

近くの湯川砦を武田軍の中継基地としていたわけですが、
温泉を重要視する武田軍にとって、願ってもない
拠点だったのかも・・・しかし、信玄公は温泉の話題がよく出る(笑)

ということで、一旦ココで切ります。棒道オフとしては、
この後少し、お茶清水や湯川砦も見ていきますけれども、
日を改めて単騎駆けで、大門峠まで歩き通しました…1年前に(ボソッ)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 2015年棒道踏査 … 甲六川~芹ヶ沢・湯川砦編(2)逸見道分岐~八ヶ岳美術館 | トップページ | 16年。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年棒道踏査 … 甲六川~芹ヶ沢・湯川砦編(3)八ヶ岳美術館~芹ヶ沢:

« 2015年棒道踏査 … 甲六川~芹ヶ沢・湯川砦編(2)逸見道分岐~八ヶ岳美術館 | トップページ | 16年。 »