« あれから・・・まもなく10年。 | トップページ | 姫路城、もっとも人出での多い日に・・・@2015年9月 (2) »

姫路城、もっとも人出での多い日に・・・@2015年9月 (1)

また、空いちゃいましたね・・・2016年の話を書くなんて、
当分先になりそうな・・・16年半分通り越して
やっと・・・になりそうな悪寒(苦笑)

さて、大阪を出て向かったのは姫路駅・・ちかくの
姫路本陣ビアガーデン。姫路でゆうり(@umdry)、
山本ゾンビさん(@yamamoto_zombie)、ポリタンクさん
はじめの皆様と合流。

P1130603

P1130604

姫路城を(なんとか)見ながらビールごくごく。
# けっこう寒かった・・・・ような。

P1130608

ちょっと時間経ってから。真っ暗なほうが難しいなぁ・・・
テッカテカになっちまうね。

P1130611

けっこうビアガーデンでも飲んで、二軒目でも飲んだ・・・ような?
翌朝けっこう起きるのに難儀しましたが、
ゆうりさん、ゾンビさんと姫路城へ。目も覚めるような、輝く白の天守!

P1130616

P1130619

こーゆーものがあるんですねぃ・・・しばらくは連休など
込み合うときには仕方がないのでしょう。

P1130618

にしても、これもらってから三時間っすよ!
まぁ・・・物好きですよねこんなときに・・・
ご一緒した皆さんに申しわけねぇ。

ま、でも根気よく並びます・・・1時間くらいで、
ようやく菱の門あたりまできましたかね。

P1130620

前日に、大坂城で滴水瓦にわーきゃーしてたので、
滴水瓦だらけの姫路城でも(笑)

P1130621

まぁ、天守に向かうまでものっすごいゆっくりしているので、
無駄にあれこれ&何度も撮っちゃいますわな(苦笑)

P1130623

まだまだ先じゃのー

P1130627

P1130629

ゆっくり石垣鑑賞。このあたりの石垣が好み。

P1130632

なんとなくこの行列で人混みイメージできますかね?

P1130633

P1130637

しかし、すごい写真・・・知らない人がギリ隠れてる(笑)

攻め手だと恐ろしい場所ですが、暢気な世界遺産見学者にとって
この櫓と天守の重なり具合が最高でしてね。

P1130639

P1130643

にの門櫓の十字架の鬼瓦。由来はわかんないんだよねぇ。

P1130641

大軍で攻めてもこのように渋滞しちゃうと、
狙いたい放題なんだよなぁと実感しつつ、待ちます・・・

P1130642

ただでさえ、凶悪な攻め口なのに、こんな狭い通路
でだんごになってたら、死屍累々・・・(笑)

P1130651

打って変わって守り手目線。
ほっほっほっ、狙いたい放題、じゃ!

P1130654

にの門櫓の瓦の水路。

P1130657

にの門櫓のこの低い感じがいいよね。
いきなり天井から槍がぶすーっと出てくるのも怖いけど、
天井を取り外して、突きたい放題というのもオソロシイ!

P1130661

西小天守。菱の門と同じく黒と金で彩られた
火灯窓がチャームポイント。

P1130663

このへんのもしゃもしゃキレイにならないかなぁ・・・
屋根目地の漆喰の黒ずみもさることながら、
ちんたら進むなかだと結構気になっちゃうんだよなぁ。

P1130666

P1130667

イの渡り櫓。屋根目地の黒ずみっぷりが半端ないですが、
天守など漆喰を塗りなおした屋根と比較すると、
その違いが歴然でこういうのも時間差であるとかえっていいですね。

P1130669

姫路城、櫓が多く残るだけに、意外とひとつひとつの櫓を
しっかりと見ることが少ないなと暑い中並んで感じながら・・・・
いまや大ダメージの熊本城ですけど、滴水瓦が並ぶ姿は
共通するものがあるなとか、改めて気づくわけです。

P1130673

P1130675

そして、大坂城乾櫓の後だからこそ気づく・・・
滴水瓦の使い方が同じだー!L字の根元にひょっこり!

P1130678

P1130680

いよいよ天守が近づいてきました・・よ!

P1130682

P1130683

さて、西小天守内から攻め込む(笑)兵を眺める…
これやっぱり大軍で攻め込んでもこういう渋滞するんだろうな?
というのがよくわかる風景ですよね。

P1130687

天守内にも相当程度の遠隔攻撃ができる兵器(鉄砲・弓矢)
があればかなり殲滅できるような気がします。とはいえ、
武器や兵糧がなければ役立たずですけど・・・

雨水抜き。もともと鉄製だったそうですが、
砲金(銅+錫)製に昭和の大修理時?に替えられたそう。
これ、雨降ってるときに姫路城に来てドバドバ流れてるのを
見るのもおもしろいかもなぁ(笑)

P1130690

P1130699

水二ノ門。黒ずみっぷりがすごいですが、ここでも
大坂城乾櫓のような雨どいの先端として機能している滴水瓦が
よく確認できますよね。ほっほー。

P1130692

天守曲輪を構成している小天守群の詰め詰め感。
こういうのも大好きなわけです・・・きゅきゅっと。
屋根目地の黒ずむ範囲なんかもきれいに分かれてて。

P1130696

アチラにも雨水抜きが出てるのがわかりますね~

P1130698

乾小天守内のジオラマ。ここだけでも撮りだしたら
きりがないですのぅ・・・(笑)

P1130700

P1130708

会津・鶴ヶ城にとっての小田山を想起させる男山が見えます。
早々に姫路藩は降伏したので天守・諸櫓は無事でしたが、
福中門が破壊される被害。

P1130708_2

P1130709

この近さで徹底抗戦すれば、それこそ鶴ヶ城天守の蜂の巣状態に
なっていたのでしょうねぇ・・・・

これ、実際小天守から見ると、こんな具合です。
実際に見ても近いですよね・・ここから
大砲が飛んでくるとしたら・・・ひゃぁ。

P1130723

P1130724

割と好きな鵰門。右折れ(ないし左折れ)の典型的な
近世枡形虎口ではなく、一の門・二の門のラインを
食い違わせてはありますが、平行にあるタイプ。
江戸城なら西の丸大手門(皇居正門)や市谷見附あたりがそう。

P1130712

さて、小天守群からの眺め・・・って内側かよ!(笑)
でも、こうした屋根の重なりってすごく好きで。
それとやはりこの日は滴水瓦に目が行く日でしたね。

P1130714

P1130715

P1130716

P1130717

小天守で気になるのは、天井の高さ。
けっこう低いんですよね、これが。

P1130725

他城でけっこう格の高い櫓だと、
もう少し高いような感じがしますけどね?

出窓+石落とし。拡声器があるのはちょっと笑える。

P1130732

二の渡り櫓。姫山の崖に合わせて石垣が築かれ、
それにあわせて櫓もカーブしていて、素敵なのです。

P1130734

との門は工事中。

P1130740

P1130743

頼山陽の漢詩額。以前は天守最上階にあった
そうだけど、覚えてないや・・・こういうカチッとした整った
姿の漢字がかっこいいわ・・・・あこがれる。

P1130742

さて、いよいよ天守へ。ひっさしぶりー!

P1130744

一層目。どどーんと貫禄のある天井高。
やはり大天守は違いますな!

P1130746

いちいち梁がカッコよくて痺れる・・・!!

P1130747

天守から渡り櫓。渡り櫓も三層構造・・・

P1130749

とりあえず釘隠しは撮っとく。質実剛健な雰囲気。
姫路城天守が戦闘的な天守であることを思い起こさせます。

P1130754

二の渡櫓への鉄扉。西の丸にも鉄扉があるけど、
ここだけでも天守を最後の砦に徹底抗戦する意思を
感じるところですわな。

P1130758

釘隠しを撮る人を撮り(笑)ながら、二階へ。

P1130760

武器掛けがたくさん。あの光ってるところにアプリでかざすと
ARが作動する仕組み。blog的にはARはネタにしにくい・・(苦笑)

P1130763

二階も天井高い。やはり天井高いと空気感が違う。
やはり格式高い櫓には天井を高くすることの、
心理的な効果って間違いなくあると思うんですよね。

P1130764

小天守も内側から見ると、なんだかけったいな感じ(笑)

P1130765

P1130769

あ、あの釘隠しって木製だったんだ!金属製とばかり…!!

P1130768

そろそろ人が増えてきたな・・・滞留している?

P1130774

破風でゆっくり休憩・・・(そこ戦さ場だぞゴルアァァ)

P1130776

南面に向かって。この手の櫓アングル好きなんですが、
屋根目地漆喰があると、際立ちますな!

P1130777

出窓+石落としふたたび。こうして撮ると、
ギリシアの神殿の柱のような?(笑)

P1130780

まぁ、あっちへ行ったりこっちへ行ったり・・・・
かなり天守内をぐるぐるさせられます。
それくらい天守に人が多いんですよね。荷重だいじょぶ?

P1130783

襖と畳が敷いてあった証。どんな図案かわからないのでしょうが、
襖と畳敷いてみたらおもしろいのになー・・印象変わるよ?

P1130786

なかなか三階に進めません(笑)

P1130787

アレが三階への階段・・・というところで、
一旦切りましょうかね。

P1130789

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« あれから・・・まもなく10年。 | トップページ | 姫路城、もっとも人出での多い日に・・・@2015年9月 (2) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫路城、もっとも人出での多い日に・・・@2015年9月 (1):

« あれから・・・まもなく10年。 | トップページ | 姫路城、もっとも人出での多い日に・・・@2015年9月 (2) »