« 今治城 - 徳川の城の原型を求めて | トップページ | 愛媛県立博物館 - 城模型天国。 »

大洲城 - 木造復元天守のモデルケース

大洲城、実は行くのは二回目なんです。
なかなか四国でも行きやすいとはいえないというのが、
一番の理由ではあるんですが・・・
過去は2006年、10年前ですよ・・・

かなり多くのお城、その中でも復元された櫓や天守も
たくさん行きましたが、復元されると大抵、建築基準法や
消防法の制約で最上階まで上がれないことが多いんですよね。

ただ、それも除外適用を受ければいいのですが、
なかなか難しいそうで、一階だけとかという例が多いのです…
しかし、大洲城は違うんです!(力説)

肱川河畔から見える大洲城天守。やはり城内どこにいても、
天守が見えるというのは大きなポイントですよねぇ。

P1140349

まず最初に苧綿(おわた)櫓。

P1140169

ぽつーーーーんあるけど、やっぱり石落としのある
外側から見るのがよいかなぁ。

P1140170

P1140172

一応、内側も見るには見たんだけど、
のっぺらぼうすぎて。

さて、今回は以前できなかった、内濠跡を歩いて見ます。
市民会館駐車場が大手石橋を挟んだ東側の内濠跡。

P1140174

写真を撮った位置と往時の濠の位置関係。
こういう看板めっちゃありがたい!

P1140175

現在こんな感じ。駐車場どこかに移転して、
濠を復元とかだめ?だめ?

P1140176

ここからでも天守はよく見えますぞー!

P1140179

この先大手門。なかなか遺構の残り具合は
厳しくて・・・枡形跡があるだけいいか。

P1140335

P1140336

P1140337

P1140338

さて、大手には行かず、外濠外濠。

P1140180

ふと民家と民家の間からコンニチハ!する石垣。
濠内から撮影(笑)

P1140182

ちょくちょくあるこの標識がありがたい。

P1140183

このあたりの石垣はかなりみどりみどりしてるけど、
畑の地面の位置が低くて、濠感があってよろしい。

P1140184

このあたりとか石垣のガッツリ具合がすてきすてき。
打込接乱積が好みなものでして。

P1140185

P1140187

南側から折れて西側の内濠跡。
こちらは武家屋敷のようだけど、これもその屋敷の
石垣跡なんだろうかねぇ。

P1140189

近くにはコーポ内堀なんていう、素敵なアパートも(笑)

ふと見上げる西側からの天守。
フォロワーさんとやりとりしてたら、なんだか、
破風がまりもっこり的な表情に見えてきた(爆)

P1140193

北側まで来ると、内堀菖蒲園があります。
菖蒲はさておき(爆)内堀の水辺を活用したであろう、
菖蒲園は内堀の雰囲気を想像させて余りあります。

しかし、撮ってるのは石垣ばかり(笑)

P1140194

P1140195

P1140196

ここから天守方面に上がると、北の菱御門(二の丸搦手門)跡へ。

P1140198

北側から見上げる天守。石垣とセットでなお素敵。
下見板と千鳥破風&比翼千鳥破風のバランスがいい。

P1140200

懸魚が黒いのも全体を引き締めるアクセントになってますの。

少し上がって。高欄櫓とのセット。現存小天守的風格。
天守初層は下見板、高覧櫓は白漆喰、
石落としは下見板・・・という組み合わせ。

P1140204

暗がり門跡。漢字こそ違うものの、
同一の名称の門は熊本城くらい?この枡形、
復元して欲しいものです・・・貴重な遺構。

P1140206

P1140207

P1140206_2

本丸、多聞櫓で連結されていたんですね・・・
壮観だったろうに・・・

P1140208

そして、台所櫓前。

P1140211

10年前もおんなじ構図で撮ってる(笑)
まぁ、撮るわなぁ。

oozu4

台所櫓のこの部分。今は塞がれてるけど、
多聞櫓で連結していた証だよね。

P1140210

さて、内部へ。復元天守の木組みがお出迎え。
あってはほしくないけど、万が一の際、
こうしたものが貴重な史料になるんだよね・・・

P1140214

P1140215

天守へは台所櫓経由。外気が通り抜けるたび、
古木の香りを感じ、素敵なひととき。

P1140218

残念ながら台所櫓二階は見れない。
たまにでいいから、見せてくださいよぉ・・・・

P1140219

天守一階に入ると、精油のようなフレッシュさがまだふんだんに残っていて、
香りの違いを楽しめる(城としてちゃんと見ろ)。

P1140222

構造的には規模のわりに武者走りが広い感じはある。

P1140224

狭間びっしりで、めっさ戦闘色。

P1140226

P1140229

高欄櫓には模型が!ガラス張りじゃなくて縄張り学習に最適。

P1140230

暗がり門イメージちがうなぁ。さっきの遺構の写真を見る限り、
門内で左折れして台所櫓前に階段が通じているんだよね?
そのまままっすぐ突っ切ってるやん(汗)

P1140231

P1140240

しかし、本丸をガッチリ多聞櫓なのはすごいね・・・
高覧櫓下にも多聞櫓がびっしり!

P1140233

大手門。現存している石垣は大手脇櫓台なんだ。
しかも枡形ぐるっと多聞櫓じゃないか・・・

P1140235

こうしてみると、肱川側って結構断崖だから、
多聞櫓必ずしも・・・とも思いますが(笑)

P1140242

苧綿櫓。遠いね。

P1140236

御殿。どのくらい史料あるのか知らないけど、
入母屋破風が二条城二の丸御殿なみにでっかいね。

P1140243

本丸は割りと広々した空間。

P1140245

いやぁ、こうしてみるとかなり圧倒される城ですね。

P1140248

さて、高覧櫓の二階に上がります。

P1140249

上がる途中に踊り場で模型を上から鳥瞰図!

P1140251

高覧櫓二階。

P1140253

高覧櫓からは天守の接写を!
火灯窓がお目目、破風が鼻に見えて、
かわいらしいじゃないですか(笑)

P1140257

さて、天守に戻ってですな。一階と二階の踊り場部分。
これ、姫路城の三階部分の踊り場との共通性を
感じますよね・・・姫路城もめっちゃ戦闘的な天守だから。

P1140264

P1140266

P1140316

下からも!

P1140326

破風にもガッチリ籠もって戦う派!

P1140269

ちょっとこうしてみると、吹き抜け空間のような、
空間の広がりを感じさせるつくり。

P1140274

P1140276

天守から、台所櫓。

P1140282

この狭間空間で、お昼寝とかしたら
しゃーわせだろうなぁ・・・

P1140284

何気に好きなショット。この角度から瓦撮るの好き。

P1140285

高覧櫓。高覧は飾りっぽいねぇ。

P1140288

高覧櫓の懸魚アップ。何気に蛇の目紋がしっかり。
さっきも書いたけど、白黒のコントラストが素敵な大洲城。

P1140289

三層目までくると結構な高さ。肱川もよく見えます。

P1140292

P1140293

三層目からは武者走りはナシ。

P1140297

P1140298

瓦の重なり大好き派。

P1140300

P1140304

最上層(四層)も特に儀式的(御殿的)な要素がない感じ。

P1140301

P1140302

梁の重なりっぷりににやにや。

P1140307

さて、降りるか・・・という時に気づいた三層の梁の重なり。

P1140308

そして、見事な継手部分。ひゃはー。

P1140309

さて、そろそろお別れです。軒丸瓦が皆蛇の目なのが
なんだかかわいらしく見えてきます。

P1140327

天守がすごいからなかなか手が回らなかったけど、
石垣も好みですねー。全般的に好み。

P1140328

P1140329

P1140330

P1140331

こんな高覧櫓×天守もいい!

P1140334

大洲城、またきますぞー!

P1140341

さて、このあと九州に渡るのですが、
その前に愛媛県歴史文化博物館に寄らなくては。
ここの城模型が凄いらしくってですね・・・わくわく。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 今治城 - 徳川の城の原型を求めて | トップページ | 愛媛県立博物館 - 城模型天国。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大洲城 - 木造復元天守のモデルケース:

« 今治城 - 徳川の城の原型を求めて | トップページ | 愛媛県立博物館 - 城模型天国。 »