« 大洲城 - 木造復元天守のモデルケース | トップページ | 大友家に心寄せる旅 - 大分県内大友旅 »

愛媛県立博物館 - 城模型天国。

さて、大洲城を後にし、さらに南へ・・・
普通なら、宇和島城といいたいところなんだけど、
敢えてソコを外し、愛媛県立博物館。

愛媛県立博物館というと、松山市にあるんでしょ?
と思ってたのですが、なんと宇和島近く、
西予市宇和町卯之町・・・なんでそこやねん!

ということで、ココを目的にしないとなかなか行けない場所。
しかし、伊予の城模型がなんでもすばらしい、
しかも撮影可能というから、これは行かねば!なのれす。

はっきり言って、城模型だけで1時間ばっかし楽しめましたぜ。
(他何あったか記憶なし・・苦笑)

■伊予松山城

のっけからどーん!伊予松山城。平地にある三の丸の大濠に
麓の二の丸、そして本丸といった松山城の全容がクッキリ☆

P1140361

P1140415

本丸・二の丸部分。登り石垣が本丸二の丸の間を
ガッチリガードしていて、その必要性がわかりますよね。
こりゃ石垣ないと、二の丸が危ないと。

P1140413

P1140359

松山城きっての大門だったとされる槻(けやき)門。
複雑に三度も折れ曲がった先に大きな門がどどん!と。
なかなか強固な構えです。

P1140357

■今治城

続いては今治城。同日に行ってきただけに、
現地と模型の相乗効果で理解が深まりますぞー!

鉄御門枡形。帰り際に気づいた高麗門が
しっかりと再現されています。あれ?下見板はないぞ?

P1140363

枡形を取り囲む多聞櫓と櫓門。このぐるっと感、
駿府城っぽいですよねぇ。

P1200085

これ、駿府城東御門内の東御門模型です。
縄張りも方形中心ですし、かなり似た思想を感じます。

あれ?北隅櫓がでかすぎますぞ?
これは要らなかった・・・

P1140365

鉄御門を抜けると、もうひとつ頑丈な枡形を抜けて本丸。
北隅櫓は枡形+アルファでここからも射撃するために
あるんだろうな?という感じの縄張りです。

P1140366

しかし、ここは二の丸御殿側は土塀なんだなぁ。
高麗門脇の平櫓と櫓門、北隅櫓でも
十分っちゃ十分かもしれませんけどね。

P1140372

本丸。ここは多聞櫓で囲まれ、何もないようですが、
ここにこそ天守があったはずなんですよねぇ。
それを表現してくださいよ、こんなに精緻な模型なのだから…

P1140373

御金櫓。かわいく見えてあのお口から
大砲どどーんですよ(笑)

P1140370

山里櫓と搦手門枡形。ある程度敵兵をひきつけて、
搦手門櫓門前に殺到したところで、山里櫓から大砲ぶっ放して
木橋を壊して退路を断って、殲滅とか・・・ぐふふ。

P1140369

■大洲城

さて続いては大洲城!こちらも先ほどまで見てきたお城ですから、
模型を見る楽しみも違います。本丸だけでしたが、
大洲城高覧櫓にある模型より、精緻で完成度が高いですね!

P1140379

往時は台所櫓や続櫓、ぐるっと回した多聞櫓も
下見板張なのかぁ!いいなぁ・・・カッコよす・・・!!!

肱川側から本丸を。かなりの高石垣の上に多聞櫓。
かなりの威圧感があって、攻める気になれませんな…
やっぱりあったほうがいいや(変わり身の早さ)

P1140380

実際ココから攻撃することは、やはりあまりなさそうですがね。
天守下の曲輪には櫓が二基、さらにその下にも曲輪を配してます。
肱川から上陸して最初の櫓門を突破すると、二の丸へ
進めそうですが、かなりの損害を蒙りますね・・・

P1140382

本丸を囲む多聞櫓群。コレがあったらさらに凄いですぞ…

P1140394

P1140404

そして素敵なのが暗がり門がしっかり再現されてあること!
このように普通の櫓門に見えますけども・・・

P1140385

まっすぐ進まず、奥で左折れしてそのまま階段が
通じていますね!これは珍しい構造。

P1140384

P1140393

そして、暗がり門はそのまま高覧櫓と連結していたのですねぇ。
厳重、厳重。いいわこの模型・・・

P1140388

■藤堂期宇和島城天守

宇和島城は天守だけなんですが、これがまた…
なんと現在の宇和島伊達家の天守ではなく、
藤堂高虎が創建した慶長度天守なんですよっ!

P1140397

一度、行かれた方の写真を見て、はわわわわ…みてぇ…
と思っていたのでようやく念願かなってホクホク。

層塔型天守開発のイメージがあるのですけど、
宇和島を領したのは、豊臣時代。今治を領するのは、関ヶ原戦後。
この間に層塔型の着想があったんでしょうね。

そして、破風の多さ。けっこう装飾的ですよね。
千鳥破風と切妻破風のコラボ。

P1140403

なぜか端に寄った千鳥破風。これも珍しい。

P1140402

千鳥破風や最上層の入母屋破風には、
格子がありますよね。これも今治城の諸櫓と大きく違い、
その装飾性と実用性の大きな違いに注目。

P1140399

現状の宇和島城天守の模型もその先にありました。
小さな破風はありますが、どことなくこちらのほうがまだ、
今治城的に見える気もします。

P1140425

さて、大急ぎで卯之町駅に戻って八幡浜。
みかんゼリーをほおばりながら、九州上陸を目指します。

P1140426

この日は臼杵に上陸。ここから大分市内へ。
翌日は、大友の城姫と大友充の一日。

守護家から戦国の雄として飛躍する大友家、
武田家との相違点、類似点を考察するのがおもしろいです!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


|

« 大洲城 - 木造復元天守のモデルケース | トップページ | 大友家に心寄せる旅 - 大分県内大友旅 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛県立博物館 - 城模型天国。:

« 大洲城 - 木造復元天守のモデルケース | トップページ | 大友家に心寄せる旅 - 大分県内大友旅 »