« 約1年前の・・・宇陀松山城(1) 庚申山城・宇陀松山城前編 | トップページ | 弘前城 before and after (1) before 曳屋 »

約1年前の・・・宇陀松山城(2) 宇陀松山城後編・黒木西城

さて、宇陀松山城の続きでありんす。

■宇陀松山城

壕底からも見えた、あの石垣。天守台なんですね。
天守としては小ぶりそうな感じではありますが、
想像するに、壮観だったろうなぁ・・という印象。

P1060992

天守台下にはちょっとした凹み程度にしか見えない
堀がありますけど・・・破城時に埋められたんでしょうかねぇ。
これまでの遺構の壕がどこもザクッと抉れているだけに、
ちょっと違和感のある壕ではあります。

P1060998

大門。先ほどの畝状竪掘のあるあたりへ
正式に行く通路の門なんだろうね。
石垣は崩されていますが、しっかりと枡形は残存。

P1070001

P1070002

P1070003

P1070009

礎石かな?近世に修築されたのなら、
大きな櫓門が建っていそうだよね・・・想像想像。

P1070004

で、門を抜けたところで天守どーんというわけか。

P1070010

というところで、さらに中世遺構に挑む人たち・・・・

P1070016

P1070035

P1070030

若干アヤシイ感じが染み出ていますが、ご容赦ください(笑)

南側は東隅の一部を除いてかなりきれいに整備されていて、
とても圧巻です。こういう刈ることさえすればいいのよ・・・!!

P1070036

P1070039

皆さんのカメラの先には・・・

P1070042

石垣!この斜面も石垣が覆っていたのか・・??
(あるいは一定の部分を鉢巻状に築かれていたか)

P1070046

P1070047

石垣談義のお二人(笑)

P1070051

しかしこういう残り方をしているということは、
この突き出し部分は石垣だったように思えてきますよねぇ。
そして某氏が熊に見えて仕方がないという(笑)

P1070052

石垣の残存は比較的斜面の上部。
どのあたりまで石垣だったんだろうなぁ・・・

P1070054

さて、本丸のほうにも行きますかね。
天守下をぐるっと回って、南側の階段から本丸に入ります。

P1070055

ここもしっかり枡形。高い石垣で囲まれていれば、
そうとうな強固な防御になったでしょう。

P1070056

本丸も総石垣だったか、鉢巻石垣だったか?
ただ寝石がちらほら確認できるので、総石垣かな?

P1070057

P1070060

P1070062

P1070063

P1070065

本丸下段から天守曲輪。天守曲輪隅に
櫓もあったかもしれませんね。

P1070066

ひょっとしたら全体が天守台で、この出っ張りは
天守付櫓ということもできるけど、そう考えると
ちょっと天守がでかすぎる気がする・・・

P1070068

P1070070

下段の北西隅にはブルーシート。
石垣が崩れそうなんでしょうか。

P1070067

天守台から天守台下壕を見下ろす。
やっぱりちょっと壕の規模が小さい。
もちょっと、どどーんとあったでしょう!?

P1070071

南側を見下ろす。以前は先に見えている木々が、
曲輪の手前まで覆っていたらしく、相当な労力できれいに
してくださったんでしょうね。ありがたや。

P1070072

本丸西側下、御加番と呼ばれる曲輪。
ここもきれいになっていて・・・直下の壕はちと小ぶりねぇ。

P1070073

P1070075

天守があったと思われる部分には、「白髯大明神」の碑。
本来は白「鬚」だと思われるのですが、なんとなくイメージで、
某城郭研究家の先生を思い出す・・・(笑)

P1070079

P1070080

碑の裏手、北側の石垣。これがびっしり石垣とすると・・・
それこそ、竹田城や村上城、高取城・・といった石垣の壮大な
山城であったでしょうなぁ・・というのがよく想像できます。

P1070087

瓦も発見。やっぱしこう・・関が原以後の白っぽい感じで
本瓦葺の櫓と天守だったんだろうなぁ。

P1070088

そして本丸をくだり、雀門のほうから退城します。
さっきはスルーして北側に抜けましたが、この雀門が大手口。

P1070090

P1070089

若干色は違いますが(笑)土嚢を石としてみれば、
往時の立派な大手口を想像することはできますね・・・

矢穴に石がはめ込まれ、矢穴同士が上下に向き合ってる。
あんまし見ない光景かな?と。

P1070093

ここ、すごいおもろいんだ。石垣が土塁の内側に
残ってるんですよねぇ。これやっぱり、土塁が流れ出ちゃったりして、
わずかに残った石垣を覆いかぶさるようになってるんかね。

P1070096

ここも・・・隅石の一部が土に埋もれているよん。

P1070098

P1070101

破城の結果、土が流出した結果織り成す情景。
これもまた『城の歴史』の一部なんだよなぁ。

P1070102

さて、この道を素直に下山。途中「秋山城」の文字が。
地元では秋山城と認識されてもいる様子。中世城郭としては、
秋山城と呼ぶのが正しいんでしょうね。

P1070104

こちらは宇陀松山城。

P1070107

ここまでくるとわかりますが、春日神社の境内にきます。
どどんと立派な春日門石垣。ただこの石垣は破城後に入城した
宇陀松山藩織田家陣屋時代の築造であるそうです。

P1070109

P1070108

大和国宇陀郡三万石を賜ったのは、かの織田信雄。
嫡子であった信良は上野・小幡藩を立藩していたが、
一旦改易された信雄は、新たに宇陀松山の三万石を拝領。

次子であった高長がその遺領を引継ぎ、後に織田宗家を
幕府から認められ、国主級の扱いと従四位下の官位をもっていた。
この流れが柏原藩へ続き、嫡子信良の系統は天童藩に続きます。

・・・閑話休題。

手水場の横にいしがすぽぽぽぽーん(誰かわかるか?笑)
と無くなっている部分が・・・

P1070114

ホントに石一個分きれいになくなっとる・・・

P1070110

ここを除けばけっこう石垣好きには満足できるスポットかと。

P1070121

向かって右手の石垣はなぜかコケが多数・・

P1070127

側面側はそうでもないのにねぇ。

P1070131

その向かいにも民家ギリッギリのところまで石垣が。

P1070122

石に星型の割れた痕があるのがおもしろい☆

P1070123

さて、城外に出たところで少し城下町をぶーらぶら。

P1070134

魅力的な瓦があったらすぐに撮っちゃう癖。

P1070140

現存遺構である西口門。

P1070143

P1070146

高麗門形式だけど、しっかりクランクしていて城として
雰囲気を出してる門でした。

で、あっ・・・!!というものを発見?
(何が「あっ!!!」かはご想像にお任せします、笑。)

P1070148

しかし、宇陀松山藩の城下町の雰囲気が残る町歩きも素敵。
これは城もよいけど、ここもぷらぷらできたのは収穫。

P1070150

こういう彫刻とか大好物でしてねぇ。

P1070152

無駄に桔梗紋に反応(もちろん明智じゃないよ!)

P1070157

織田木瓜。ようやく織田的なものに出会えました。
某菱形図形と違ってセンサー内から見逃しているのかも(笑)

P1070160

ここでお昼。外れのない無難なカレーをチョイス。
直がけタイプは割りと好きなほう。

P1070163

■黒木西城

さて、食後は黒木西城。とにかく・・・

畝状竪堀群!以上!

という潔い城(苦笑)

とにかく手っ取り早く、畝状竪掘り群とは何ぞや、
を知りたい向けにはうってつけの城と言えるでしょう・・・

この広い溜池(人工池かな?)の奥にあります。

P1070164

入って速攻畝状竪堀って、おい!早すぎ(笑)

P1070166

しかも、かなり(写真でも)わかりやすいと思います☆

P1070172

P1070175

上から。ちょっと余計なの多いかなー。

P1070179

あ、これもいいな(自画自賛)

P1070186

少しあがって。

P1070190

ここをあがると小さな堀切が。

P1070192

かなり先ほどの畝状竪堀からは遠くなりましたが…

P1070195

この先にもまだまだお楽しみが・・・

P1070196

眼下にはいくつかの小さな曲輪が点在。

P1070197

P1070198

ぶいっ!と手でVの字を作りたくなるような、
見事なVの字の堀切。すげー!

P1070199

P1070203

渡った向こうから。ぐいぐい。

P1070204

そしてまだ別の畝状竪堀も!曲輪がちょっとわかりにくくて
パーツだけがごろごろ転がってる感じ(笑)

P1070206

さて、そんな中でも笑いを忘れない関西人の寸劇をどうぞ。

「ふぁいとーーーー!」

P1070215

「いっぱーーーーーーーつ!!!」

P1070218

いや、別に寸劇やろうとしてやってるわけではないのですが、
後から見返すと寸隙にしか見えなくて(笑)

堀切を撮る人を撮る人を撮る(遊んでばっかだ・・・)

P1070247

縄張りの妙と言う意味ではちょっと???ではありますが、
単純に遺構のビッグさ(規模だけでなくインパクトも)が楽しめる
純粋に楽しいお城だったなぁというのが正直な感想。

P1070256

ここの堀切も降りてみたら・・こんなに素敵。

P1070262

P1070264

・・・というわけで、2日間の大和山城の旅が終了。
そして約1年も放置していたblog更新も終了(爆笑)

山城って結構、一度行ったらいいかな・・・というところも
多いのですが、やはり皆さんお勧めの城はまた自分でもじっくり
もう一度行ってみたい!と思わせる城でした。

お世話になった皆さま、ありがとうございました。

・・・余談。帰りの京都駅まで城メグさんとずーっと、
電車の中でお話してたんですけどね。方言の話とか・・・
本人様はめっちゃ否定されるんですが、しぐさとか
めっちゃカワイイと思うんですよね・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 約1年前の・・・宇陀松山城(1) 庚申山城・宇陀松山城前編 | トップページ | 弘前城 before and after (1) before 曳屋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 約1年前の・・・宇陀松山城(2) 宇陀松山城後編・黒木西城:

« 約1年前の・・・宇陀松山城(1) 庚申山城・宇陀松山城前編 | トップページ | 弘前城 before and after (1) before 曳屋 »