« 第83期「歴史文化教室」第5回 「武田信玄と信虎追放事件」④ | トップページ | 約1年前の・・・宇陀松山城(1) 庚申山城・宇陀松山城前編 »

約1年前の高取城。

いえ、別に高取城キライな訳じゃないんです。
よかったんです・・が、あれよあれよといううちに、
記事が溜まって・・あれいつ行ったの?
といわんばかりの時間が経ってしまいました。

ということで、関西の城数寄の皆様始め数名と
なんとプライベートで城メグリストさんも
加えた豪華なメンバーでの城攻めとなりました!

最初は砂防公園周辺にぽつんと佇む火薬櫓。
高取城の建築遺構としては唯一のもの。

P1060409

今ではキレイに補修されましたけど、
一時期の暘谷城の鬼門櫓にも似た漆喰がすべて
剥がれ落ちてしまった無残な姿。

史跡指定されていないのか、特に案内もなく、
今にも崩れそうでした。土壁が露出。

P1060411

扉も当時のものでしょうか。

P1060412

土壁すら穴が開いている箇所も。
かなり厳しい状態。

P1060414

丸に龍剣に一の字は幕末の高取藩主、
植村家の家紋。城の櫓であることをはっきりと
思い知らせてくれるポイントですね。

P1060413

このラッパは・・・・!?!?

P1060410

さて、ここのわき道から高取城内へと入っていきます。
まずは二の門まで行かないと城域には
達しないのですが、意外と距離が・・・

P1060418

ひゃぁぁぁ!早速第一怪しい人発見(笑)

P1060421

櫓のあった砂防公園を含めた全体図。
けっこう歩くのがわかります。

P10604224

ここから史跡エリア。

P1060423

高取城址の碑。しかしまだまだ本格的な
城域は先のほうです。

P1060425

七曲り。まだ城域外とはいえ城郭遺構の雰囲気
というか戦闘的な感じが早くも出てきます。

P1060426

P1060427

七曲り上から。黄色い城メグさんを激写(笑)
わかりやすく狙える位置ですね。

P1060433

ここも狙い目かなぁ?

P1060434

七曲りにも不自然な色がぽろぽろ。
これ中世城郭の頃にも石積みがあったのかな?
という気にさせてくれますね。

P1060430

さてその先には石積付きの土橋。
もうすっかり城域ですやん・・という立派なもの。

P1060439

P1060444

もう石垣がちょいちょい顔を出し始め、
石垣好きはすでにヨダレが出始めるところ(笑)

P1060451

P1060453

P1060459

猿石。ここまで来てようやく本格的な城内。

P1060462

ここですな。

Takatori1

1ssgregsrgr

二の門石垣。ここを左折れする構造。
石垣にまぶした青海苔がいい感じ(こら)

P1060464

P1060475

二の門前の濠。山城に大規模な水濠って
けっこう珍しい気がします。脇に井戸の印もあるので
飲料水源にもなっていたんでしょうね?

P1060468

水濠の前に聳える高石垣。山にあることを
除けばホントに平山城にありそうな
近世城郭って眺めですね。

P1060467

ちょっとヤバイ石垣も。あまり幕末以降
手が入っていないていうことは石垣が完存している
ということでもありますが、自然崩落の可能性を
残しているところも覆いというコトですね。

P1060472

二の門石垣上から。ここもいい攻撃が
できそうな感じですね。

P1060477

P1060478

二の門を進んでいくうちにもいろんな角度から
石垣を撮りたくなる・・・

P1060479

P1060484

P1060491

石垣もすごいのですが、切立った切岸の高さにも
圧倒されますね・・・・!!

P1060506

そこいらにこんな石垣がごろごろしていて、
近世城郭なのわかっているんですが、
もうどこを撮れば!みたいな感じ(笑)

P1060509

そして、やっぱり石垣をボカす画も
撮りたくなるんですよね。

P1060511

ヤバ門。もとい矢場門。

P1060513

P1060515

ああっ、すでに矢場門上に敵兵が!!

P1060517

て、わたしも慌てて矢場門上に。
ひょー、これは狙える!

P1060518

松ノ門前の石垣はちょっとアブナイっぽくて、
ネットがかかってました。

P1060521

松ノ門。確かに石がごんごろ転がってきたんだろな
と思わせる雰囲気・・・・

P1060523

ちょっと無粋な何か。

P1060524

ネットがかかってる石垣上から
松ノ門枡形。左奥に門があって赤茶色の
あたりが進入経路。

P1060526

このあたりからほとんど石垣に囲まれた空間に
なって参りますぞ。

宇陀門手前。

P1060528

宇陀門の喰い違い。食い違いの真ん中に
櫓門を置いて枡形を形成。
かなりハッキリわかりやすい枡形ッスな。

P1060532

P1060534

千早門石垣。ここは勾配のない隅石だな。

P1060543

P1060545

ここを抜けると、大手門前。これまでと比べて
全然違う圧倒感。さすが大手門。

P1060552

Fwe

一旦脇道を逸れて、吉野口門方面へ。
ちょっと下から眺める大手門石垣もいいじゃない。

P1060557

井戸が二つある水の手。

P1060564

このあたりは急に中世城郭的な要素があって
また違う楽しみ方ができます。

P1060571

P1060582

P1060587

いい竪堀ですこと・・・にや。

P1060592

P1060596

ちょいと雨がぽつぽつ・・・

P1060604

石垣に囲まれた深井戸。

P1060607

石垣は石垣で見所ではあるのですが・・・

P1060609

P1060611

P1060612

これですこれ、登り石垣。いいねぇ☆

P1060615

下側から。

P1060616

ちょうどこの斜面の先には本丸があるようなので、
吉野口門と本丸を分断するようにあったのか・・・・
この時は見るのに夢中でそんな考察Nothing(笑)

けっこう崩れた感があるので、往時はもう少し
高かったのかもしれませんね。イイのが見れました!

P1060618

P1060621

・・・怪しげな人影は気にしないでください(笑)

もういっちょ、迫力ある登り石垣どーーん!

P1060624

この先には、中世城郭的に楽しめるスポット。
堀切に石垣という見所。中世城郭を近世城郭にしていく…
という過程が感じられる点ですね。

P1060630

P1060631

その先には赤土曲輪と呼ばれる土塁で囲まれた曲輪。
高取城って石垣の山城と思っていたので、
こういうところも残ってんのかーとビックリ!

P1060635

P1060636

そして弥勒堀切と呼ばれる最先端へ。
かなり深く抉れた堀切で中世城郭時代に
その用を主に果たしたんではないだろうか?

P1060643

降りてみる。

P1060652

P1060657

P1060659

これはすごい・・堀切だけでも見応えあるが
石垣もいい代物。自分ではなかなか来ないだろうから、
ここに連れて来てもらえただけでもありがたい!

さて・・・来た道を引き返し大手門前に戻ります。
往時の写真と復元CG。これ仮に現存していたとしても、
メンテが大変だろうなぁ。備中松山城もそうだろうけど。

P1060667

P1060668

大手門。右折れした奥に櫓門がありました。

P1060671

しかしこの日は霧雨のお陰で、すごい濃霧。
ただこんな様子は選んで撮れるものではないので、
ありがたいですねぇ。霧と城跡って素敵。

そそり立つ大手門枡形石垣。

P1060673

大手門を抜けると・・・三の丸。

P1060674

P1060675

大手門枡形石垣から進入経路を望む。

P1060677

古写真によるとこのあたりは土塀で囲んでいた様子。
ここからの狭間で狙うわけですね・・・!!

P1060678

さらに二の丸につながる十三間多聞櫓門。
ここの枡形も相当すごい。

P1060681

あれは門の礎石かね!?

P1060686

本丸方向にかなりの圧倒される高石垣。
この左右に二層の櫓が鎮座していた様子。

P1060689

P1060690

そして本丸に通じる十五間多聞櫓門。

P1060692

ここを抜けて右手に太鼓櫓跡。

P1060693

その向かいには・・・ものすごいデカイ
天守台。はわわわわ。

P1060695

天守台下に「高取城址」の石碑。

P1060699

反りがなく一直線な天守台。

P1060700

小天守台下から天守台方面。

P1060704

小天守台の奥は緩いカーブを描いている
本丸石垣。ここも中世の趣を残していますね。

P1060706

小天守台。苔が毬藻みたい。

P1060710

こちらの虎口から来ると比較的簡単に(クルマで)
天守台まで来れるらしいですよ?

P1060712

さて、本丸へ。ついつい高石垣があると見上げちゃう。

P1060716

天守下からその脇を通って、ここで半回転して
本丸方向へ。実際はこうやって中の様子は
見渡せずに土塀で囲まれていたであろうから、
さしずめU字型に出入りする枡形のようになっていたかも。

P1060719

そのU時の先にもうひとつ通常の枡形。

P1060727

P1060729

この後も何度も折れてようやく本丸に到達。

P1060731

P1060733

P1060737

本丸から天守台側面を。ど迫力。

P1060738

本丸の周りはぐるっと多聞櫓で取り囲んでいた
感じがしますねー。

P1060741

最後に最初に見た火薬櫓の跡。
三方を石垣に囲まれて頑丈に囲われていたみたい。
あの櫓自体にも何か防爆の仕掛けがあったのかな?

P1060752

P1060753

P1060756

P1060758

P1060761

内側から。石垣に囲われていた部分だけに
保管していたのかあるいは・・・

P1060764

さて、そろそろ下山のお時間。
あっ!と瓦を発見する一行。
意匠のある瓦を見つけるのってなかなかないかも!

P1060775

さて、大満足の高取城。
翌日は庚申山城、そして宇陀松山城へ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 第83期「歴史文化教室」第5回 「武田信玄と信虎追放事件」④ | トップページ | 約1年前の・・・宇陀松山城(1) 庚申山城・宇陀松山城前編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 約1年前の高取城。:

« 第83期「歴史文化教室」第5回 「武田信玄と信虎追放事件」④ | トップページ | 約1年前の・・・宇陀松山城(1) 庚申山城・宇陀松山城前編 »