« 「東国武将たちの戦国史」を読む。 | トップページ | 甲斐城攻めリベンジ2015!②新府城 »

甲斐城攻めリベンジ2015!①白山城

さて、9月の半ば。二年前に九州勢を甲斐に
お招き
したのですけど、運悪く台風に遮られて
思うように山城にいけなかったリベンジマッチ!

九州からは、あむさん(@mapple88)、
関西からはしろうさぎさん(@sirousagi77)、
あんこさん(@orzank)関東からはばったびさん
(@jouku100)そしてわたしという軍勢。

最初は、白山城。武田家初代信義公の詰の城
といわれておりますが、遺構としては勝頼期あるいは
天正壬午の乱の徳川配下の武川衆の時期と目され、
鍋山城、鍋山砦というのが当時の名称のようです。

位置的にも釜無川を挟んで、新府城の
ほぼ真南4kmの地点に位置し、勝頼・家康期も
新府城の支城として機能したのでしょうかね。

P1120713

白山神社の脇から進軍。白山神社は江戸初期頃の創建で
比較的新しい神社。武田菱はありますが、
縁としては後からつけられたモノっぽい。

P1120714

ここから上がっていくのですが・・・

P1120717

P1120815

有名らしい畝状竪堀群はさほど明瞭ではなく、
畝状竪堀好きの満足を得られるかは微妙なところ。

P1120719

こういうただ出さえ深さがない遺構が
枯れ枝置き場になってるのも、ダイナミックさに
欠ける所以なのか?ね?

P1120720

むむぅ…

P1120721

さて、先に進みます。
ここを左折れするとニノ曲輪。

P1120726

二の曲輪からみた本曲輪土塁。

P1120729

二の曲輪奥には、櫓台になりそうな
高台になってる曲輪があります。

P1120731

二の曲輪下の細い通路を突破された場合、
二の曲輪自体は明瞭な虎口構造を持たないので、
この小さな曲輪から撃退するのでしょね。

P1120733

ここも虎口構造はないので、あらかじめ兵を
据えておくのでしょうか。

二の曲輪高台と本曲輪の間隙。虎口構造は
やっぱりなくってここまできたら、
両脇から挟撃を食らうまで。

P1120738

こんな感じで(笑)

P1120749

この高台から尾根筋が続いていて、
堀切が続く先には腰曲輪群につながってるようです。

P1120741

さて、二の曲輪から出て本曲輪方面。
本曲輪虎口は内枡形構造。

P1120751

正面奥土塁。

P1120752

虎口脇土塁上から虎口手前方面。

P1120753

本曲輪土塁上から二の曲輪。むしろこれ、
一旦二の曲輪まで突破させて、高台と本曲輪から
殲滅する構造なんだろうかな?

P1120758

本曲輪土塁上から内側。ぐるっと土塁で囲まれ、
それなりの大きさの曲輪。

P1120763

この略図微妙だなぁ・・・・

P1120764

本丸から搦め手方面へは北西の虎口を伝って、
本曲輪下の帯曲輪と合流する。

P1120766

東側に伸びる帯曲輪方面。

P1120772

本曲輪虎口と帯曲輪の合流地から
北曲輪に向かう土橋。これが見事でした。

P1120774

疾走するしろうさぎさん(笑)

P1120778

土橋手前の土塁端に石積の跡。
たまたま転がってるだけかもしれないけど、
土留めとして石積みがあったかも?

P1120783

土橋の両脇を落ちる堀切。

P1120780

P1120785

堀切に下ってみて。

P1120786

P1120788

堀切に下ってみて土塁を見上げる。
ここかなりのおすすめスポットかも!
左手の土塁が本曲輪方面。

P1120791

ここあまりに見事で、無意味に何枚も写真撮るなど(笑)

P1120807

なので、北曲輪あまり見れてないというか・・・
本曲輪より南はいいので(笑)
北曲輪周りをまたじっくり観に来ようと思います!

戻りは帯曲輪を進軍。

P1120811

本丸の土塁たっかい!

P1120810

ここの竪堀はまだわかりやすいかな?

P1120814

さて、この後は新府城です。
リベンジのはずが・・・・!!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 「東国武将たちの戦国史」を読む。 | トップページ | 甲斐城攻めリベンジ2015!②新府城 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐城攻めリベンジ2015!①白山城:

« 「東国武将たちの戦国史」を読む。 | トップページ | 甲斐城攻めリベンジ2015!②新府城 »