« 2015年のウイスキーイベント…Tokyo International Bar Show② サントリー福與チーフセミナー | トップページ | 2015年のウイスキーイベント…モダンモルトウイスキーマーケット。 »

2015年のウイスキーイベント…Tokyo International Bar Show③ 土屋守氏・「マッサン」から見えてきた日本のウイスキーの原点。

さて、「マッサン」が終わって数ヶ月経っていましたが
マッサンの話題で、もうひとコマ。

P1090623

P1090619

鳥居信治郎、竹鶴政孝の両氏に加え、
日本のウイスキーの歴史に欠かせない阿部喜兵衛、
岩井喜一郎両氏の話から。

「マッサン」の監修をするに当たって、
摂津酒造をどう捉えるか?というのは結構な難題
だったようなんですよね。

跡地は市営住宅になっていて、跡形もなく、
また創業者の阿部喜兵衛社長も謎の人物・・・・
ということで、相当「摂津酒造」を調査されたとか。

全く何も変わらないと美術さん・大道具さんが
セットの造りようがないと・・なるほど。

当初は洋酒といってもイミテーションの時代でしたが、
日本は関税自主権を取り戻し、外国の安価な
醸造アルコールに関税をかけることができるように。

そうなると、そのイミテーションの原料となる
アルコール値段が上昇し、利益が出なくなっていきます。

その時勢を見据えて、イミテーション製造の大きな
一翼を担っていた摂津酒造の阿部社長は、
やがてホンモノの洋酒が日本に入ると、
イミテーションは飲まれなくなる、その前に、
ホンモノの洋酒を作る体制がなければ・・!!

ということで、そこの白羽の矢が立ったの
若き竹鶴政孝だったんですね。が

なるほどね・・・関税との関係か・・・
そういう政治的な要素も絡んでいたわけなんですね。

にしても、若干二十歳そこそこの竹鶴氏。
如何に優秀とはいえ、会社の命運を託すか?
実は他にも理由があるんじゃないのか?

というところで、婿養子に政孝さんを考えていた
のは昨年のお話通り

結果的に摂津酒造では、ウイスキー造りはできず、
その理由は戦後不況ということになっているのですけれど、
土屋さんとしては、当然社長を継ぐはずの竹鶴さんが
阿部社長が現地に行って認めたとはいえ、
竹鶴さんを引き入れた岩井さん始め社内の空気は
そのまま居座れる雰囲気ではなかったのでは?とも。

そこで出てきたのが鳥居信治郎。実はあの当時、
あの規模の蒸留所を造ったのって、すごいことだったそう。
スコットランドでもそうはなかったそうですよ?

その後、摂津酒造は・・といいますと、
岩井専務が新たに養子候補を見つけてきて、
三代目阿部喜兵衛となり、そのお子である
四代目阿部喜兵衛氏がまだご存命とのことです。

しかし、岩井専務は経営方針が合わずに
摂津酒造を退社。大阪大学で教鞭をとられていたそう。
その教え子に、本坊蔵吉。

後に娘を嫁がせ、義理の息子になったその
本坊蔵吉こそ、マルスウイスキーを手がける
本坊酒造の創業者になるわけです。

そしてウイスキー事業を始めるときに
顧問として招聘され、かなりの高齢になっていた
岩井氏がウイスキーを手がける際に
設計プランの参考にされたのが「竹鶴ノート」。

そして巡り巡って、1985年。
政孝さんの養子、威さんの下にこんなノートが
あるけれども、ニッカさんではお持ちか?
と問い合わせがあったそうです。

初代の石和の工場長だった方が、娘さんとの
会話の中で、そんな貴重なものだったら
ニッカさんにお返ししたらどう、という話に
なったのだそうですね。
この娘さんこそ、玉利かおるさんだそうで・・

そして、ニッカさんはそこで忠実な複製品を製作。
今われわれが目にすることができる
竹鶴ノートのレプリカの原点がここにあるわけです。

ちょっと話は逸れるのですが、「マッサン」の中で
エリーさんの墓が蒸留所内にあったりだとか、
スーパーエリーの名前は、土屋さん的には
んなわけあるかいと意見したそうですが、
どーしてもやりたいということで、押し切られたとか(笑)

また賞を取ったのももっと先の話で、あの設定の
1960年代にそんな賞自体がないし・・・
ということで、やっぱり監修者の意見って
通らないんだなぁ・・と大河と同じことを
考えてしまいました(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 2015年のウイスキーイベント…Tokyo International Bar Show② サントリー福與チーフセミナー | トップページ | 2015年のウイスキーイベント…モダンモルトウイスキーマーケット。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/62973288

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年のウイスキーイベント…Tokyo International Bar Show③ 土屋守氏・「マッサン」から見えてきた日本のウイスキーの原点。:

« 2015年のウイスキーイベント…Tokyo International Bar Show② サントリー福與チーフセミナー | トップページ | 2015年のウイスキーイベント…モダンモルトウイスキーマーケット。 »