« 林檎をもとめて…の前に北の伊達な地へ。 | トップページ | 仁科薩摩守盛信法要。 »

ウイスキーのない余市と余市りんご展。

さて、当日夜はいつもの・・・ニッカバーリタさん。
おおおお、シャロやん来たんだぁ!
感謝祭の団扇も貴重品☆

P1150598

頂いたのは角瓶の竹鶴17年。今となっては
なかなかのレアモノ。今の17年とちゃんと比較して
飲むんだった。失敗した・・・

P1150599

ずいぶんレシピ違うように思いましたね。今のもいいけど
この古いのが好きかも。ちょっとシェリー感は少なめな印象。

しかし、余市のボトルの欠品具合はホントすごいらしく、
ノースランドでボトル求めて、朝から並ぶらしいですよね。
しかも、毎日入るわけではなく週末はあまり入らないとか…

蒸留所行ったお客さんの愚痴で、マスター大変だとか…
そない愚痴言われてもねぇ(汗)

とそんなこんなで、翌朝。
元気に水浴びしているニッカ熊に会って来ました。

P1150605

ぶしゃぁぁぁぁぁ(笑)

P1150607

んで、蒸留所に着くと・・・・
予約かぁ・・・予約が要るんだなぁ・・・
と隔世の感に浸らざるを得ない状況。

P1150608

あ、でもそれなりに空きはあったりするのね。

P1150609

蒸留棟。あ、そだそだ直火蒸留やってるよね。

P1150612

当日、寒かったので石炭が燃える暖かさがありがたかった…
そして、力強く香ばしい香り。

P1150615

今年7月に入れ換えたポットスチル。
ピッカピカの1年生やね。

P1150618

気持ち外国人も多かったかなという印象。
日本人ガイドから注連縄の意味を聴いて欧米人の女性が、
it's so coolとな。うれしいよね。

さてさて、期待せずにノースランドに行ってみます…
アップルブランデーのみですか・・・はぁぁ。

Kimg2563

有料試飲でも軒並み売り切れで、リタバーでも敢えて
控えた余市ヘビリーピーテッドもなし。
やむなくウッディ&ヴァニリック。これももう時間の問題か。

Kimg2569

あとは、今はなき余市10年。これまで手の届くところにいた
ウイスキーが消えてしまう寂しさを噛み締めます。
今年はこういう寂寥感を感じてばかりだね・・・

えー?ないの?という驚きがなんども起こる
有料試飲カウンター。つらいっす・・・・

ついつい撮ってしまう初号スーパーニッカ。
ウイスキーって美しい。

P1150621

レストラン「樽」では趣向を変えて、スープカレー。
北海道らしくラム。暖まる・・至極。

P1150622

このあと、ノースランドで余市Tシャツとニット帽を
買って・・・だって寒いんだもん(笑)
ウイスキーは敢えて買うものがないのでスルー…

そして、政孝さんリタさんにご挨拶。

P1150626

早速、ニュー余市ノンエイジ頂いてられる様子。
政孝さんの評価や如何に?個人的には…もごもご。

P1150627

会津藩士の皆様にもご挨拶。

P1150628

さーて、メインですよメイン。
個人的にはこのためにわざわざ来たようなもの。

P1150629

193名の会津藩士が開拓の意思を固めた血判状。
普段は表紙の展示だけだが、コピーながら中身の閲覧可。
白虎隊にいた佐藤駒之進の名も。諱を信朋と知る。

P1150673

この方です、佐藤駒之進。

P1150665

八重の桜を見てから、黒河内って姓に「あ!」
と思うようになりましたよ(笑)

P1150675

武田って・・・たぶんちゃうよね(笑)

P1150676

赤羽源八の名を探すもみつからなかった・・・・
緋の衣を成した高遠以来の武田旧臣の血を引く者・・(強引)

炉辺夜話。余市入植者たちの貴重な証言集。

P1150669

志業永伝。先ほどの美園の丘にあった
会津藩士の墓は1985年に再建されたもので、
元は黒田清隆の揮毫の銅板でその歴史が刻まれていました。

P1150668

1879年、余市で最初のりんごが実った頃から50年
ほど経った頃には1912年に設立された北大果樹園の敷地も
広がって、りんご栽培の経営や病害虫駆除などを
専門的に研究されるほどになっていました。

そんな頃に大日本果汁が設立されたんですね。1934年。
有名なりんごをバックにする竹鶴さんの写真からも
わかるようにものすごいわけですよね。
なんでも10トンの鉄道貨車2両で小樽まで運んだそう。

りんごを洗浄、圧搾している写真。
これにしたってすごい両のりんごが控えてますよ。

P1150640

P1150641

販売が好調なだけでなく、皇室にも
献上されていた余市りんご。

1904年の北海道果実品評会で、余市りんごが
一等を受賞して注目されたのがきっかけだそう。

以来、永く献上され続けていました。
緋の衣って早いうちに品種改良で廃れたのかなと思ったら、
これを見る限り、昭和40年頃までは献上されてたみたい。

P1150654

大正のころの献納願。このときも緋の衣が献納されてます。

P1150650

時は移って戦後。昭和天皇の北海道行幸があった
1954年、旅の終わりに余市の果樹園を訪れられたそうです。
陛下を迎えるとあって沸く余市町。

P1150647

P1150648

当時の北大余市果樹園で北大学長の説明に聞き入る陛下。
接木したものしないものの比較実験など
学者魂が出て予定を超過してしまったとか。

P1150652

P1150644

昭和天皇はニッカには御出でになってないのかなぁ…
残念ながら、新たなニッカと余市りんごのツナガリを
発見するには至りませんでしたが、興味深い内容でした。

「マッサン」みたいに竹鶴さんとりんご農家の方や
会津とのつながりとかわかったら激アツなんだけどなぁ・・・

「マッサン」といえば、ファンには垂涎の台本展示。
チビエマの作文、一馬の本音。いずれも涙を誘うシーンよね。

P1150681

P11506791

P11506801

そして、なぜか判らないけど久金属工業の百周年記念品。
久金属工業ってニッカとサントリーのウイスキー瓶の
キャップを長く手がけてきてるんですね。

P1150691

百周年記念の中身はそれぞれオリジナルのニッカ、
サントリーの記念ボトル。ひとつの箱にニッカとサントリーが
収まっているというある種奇跡のセット。

P1150687

水産博物館からてくてく・・・と帰り道に
見つけた公衆トイレ。男子の図案が政孝さんぽい、
女子の図案がリタさんぽい。こういうとこにも
こだわるの素敵よねぇ。

P1150698

男子のほうにはお髭があるとなおいいんだけど(笑)

さて、最後によいち情報館にも立ち寄りました。
マッサンや俊兄、エリーさんの意匠があるってんでね!

P1150701

P1150702

P1150703

エリーさんは当たり前として、マッサンもほっそ!!
というのが印象的でございました…

鴨居ウヰスキーの旗印もあったよん。
改めてみるとフォントが現代的やな(笑)

P1150704

DOUKAH WHISKYや余市の唄の空瓶。
これ売って~ニッカのノースランドで売って~!!

P1150706

P1150708

いや、どうせならスーパーエリー・・・・

P1150709

比較用。

P1150621

結局、ハイランドケルトの入ってる中身は何?
というか飲ませてみてほしい…案外ウイスキーじゃなかったり?

P1150707

ポスターなんかも刷って売っちゃえばいいのに。

P1150714

P1150713

鴨居製品もあり。そういや余市の亀山邸にも
飾ってあったっけな?

P1150711

おおお、さっき見た久金属のウイスキー!
一瞬売ってるのかと勘違い(汗)

P1150700

さて。。。名残惜しいですが、一路新千歳。
空港バーのジアスさんで、北海道ハイボールをば。

P1150717

余市10年使うのでね・・・もうしばらくしたら
こちらも終わっちゃうのだろうね。寂しい・・・・

てことで、今年2回目?の余市でした。
だけど、あんなにウイスキーないとちょっと足が
遠のくなぁ・・・という実感があるのも事実。

来年は厚岸が蒸留開始するから、そっちにしちゃうかもね…

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 林檎をもとめて…の前に北の伊達な地へ。 | トップページ | 仁科薩摩守盛信法要。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイスキーのない余市と余市りんご展。:

« 林檎をもとめて…の前に北の伊達な地へ。 | トップページ | 仁科薩摩守盛信法要。 »