« 江戸城寛永度天守復元調査報告書記念報告会。 | トップページ | ウイスキーのない余市と余市りんご展。 »

林檎をもとめて…の前に北の伊達な地へ。

先月の初め。朝ドラ「マッサン」の副作用(笑)
もあってか、余市のりんご造りに興味が湧いて来てる昨今、
どうしても見に行きたい展覧会があって、北の大地へ。

ただ、翌日に余市に行こうと決めていたので、
1日目は伊達な北の大地めぐり。

久々に行くか・・と伊達紋別・白老へと。
振り返ってみたら、2007年ですってよ!
もう8年も前だと・・・!!

まず白老から。

P1150321

真ん中ポチッと押したくなるのは、樽前山。

P1150322

陣屋通りと名前が残ってるのが好いね。
てくてくてく。

P1150323

仙台藩陣屋の標識。あたかも現役みたいな
表記がすこしうれしかったり。

P1150326

しゅたり、陣屋。

P1150327

やはり、土の城を少し見られるようになって、
この陣屋も見方が変わりますね。8年前に行った時に
比べてより城としての見方ができるのが楽しくて。

大手側の門ですが、喰違虎口に枡形虎口を組み合わせた
ような形状をしていました。

P1150331

喰違を抜けた先の枡形。

P1150332

P1150333

土塁脇には壕がぐるりと。

P1150336

P1150339

ちょうど刈って下さっていたところに出くわす。
ありがたいことですなぁ。

P1150337

喰違虎口の手前に、虎口を塞ぐように
土塁が配置されています。

P1150344

大手虎口内側から。幕末の作ですが、
築城思想は昔ながらの印象がありますよね。

P1150348

往時は塀もあったのでは?と考えると、
なかなかの厳重な門構えです。

P1150351

P1150352

P1150353

P1150355

P1150368

二の曲輪(外曲輪)の東側にずっと続く土塁。
ここも甲斐谷戸城と同じく内側に壕があるんだよね。
・・・なんで?

P1150362

P1150364

逆に西側は途中まで土塁があるんだけど、切れていたり。

P1150372

P1150376

半円状に突き出した半曲輪みたいな回りを
ぐるっと壕のような小川が囲む。これを一応
天然の防備としていたらしい。

P1150380

P1150381

P1150383

P1150384

ずっとずっと続く先は・・・・

P1150390

P1150391

P1150393

あらら。道路ができたせいでしょうか、
行き止まりになっていました。

P1150394

その左手にはさっき土塁が切れていた・・・
と言ってたとこ。

P1150399

けっこう二の曲輪西手はあけっぴろげな感じが
するのですけど、小川が往時は濠として機能しうるくらい、
水量があったのでしょうかねぇ。

四番・五番長屋跡。

P1150407

P1150405

伊達の三引両紋が入った解説板。
この絵図だとかなりしっかり西側を天然地形が
守ってくれているように見えるのだけど。

P1150408

P1150410

ずっと本曲輪にまで続く天然地形。

P1150414

やっぱりなんか心もとない(笑)

P1150417

P1150418

P1150419

P1150422

そして、アチラに見えるのが本曲輪(内曲輪)。

P1150423

少し下がって。前にも感じだのだけど、
もうすこし橋を雰囲気のあるものにしてほしいかな…

P1150415

P1150427

土塁は立派ですけどね。

P1150430

P1150431

キレイに手入れされてある内曲輪。

P1150434

P1150435

土塁の残り具合もすばらしい。

P1150432

P1150433

内曲輪門を振り返って。外曲輪門はけっこう厳重な
感じはしましたが、内曲輪は平虎口なんやね。

P1150438

不自然に途切れた謎の土塁・・・

P1150437

後世に開けられたものかな・・??

P1150441

P1150443

P1150442

こちらはホントの搦手だろうな。

P1150448

本陣。まわりよりも少し高く土盛りされてる。

P1150439

うーん、以前よりも明らかに楽しめている…!!!
土の城の楽しみ方を知ったお陰だなぁ。

さて、資料館。北の大地に竹雀紋がはためくのは
感慨深いものがありますねぇ。

P1150454

政宗公甲冑がお出迎え。

P1150455

この陣屋の土地選定、縄張りを指揮した
三好監物の白老元陣屋地所図・陣屋縄張図。

P1150461

P1150466

南を除き森で当時から覆われてたみたい。
防備が薄いのはだから?

この縄張り図を見ると、西側が小川で防備しようと
する構造なのがよくわかりますねぇ。

そしてより精巧なジオラマ。これもいい・・!!
外曲輪虎口門の形状が若干違う気がしないでもないけど。

P1150467

もうちょっと右手の土塁左下に伸びてたよねぇ。

P1150469

うーん、やっぱりすぐ突破される気がしてならない…

P1150470

東側の土塁に枡形門があったらしいのだけど、
現地では確認できず。むむむ。

P1150473

内曲輪。不自然に開いている土塁・・もしかして、
当時からなのかも。防備目的で考えると、
ちょっと不自然ではあるね・・・

P1150474

太鼓。とりあえず叩いてよさそうだったので、
どん!どん!どんどんどんどんどどどど…どん!っと
やってきました。快感。

P1150475

陣屋って、白老を本陣として出張(でばり)陣屋を
各地においていたらしい。厚岸はちょっと見に行きたい。
択捉・国後はさすがに無理よね・・・

P1150479

P1150481

P1150482

さて、三好監物の甲冑。前回認識していたのに
すっかり忘れていて・・・あの三好長慶の子孫なんですよ!

P1150486

三好義継の子に義元なる人物がおり、片倉小十郎の口利きで
仙台藩に出仕・・・って、仙台真田みたいな流れ?
武田に真田、三好・・滅びた大名末裔コレクションすげぇ。

P1150489

P1150488

そして歴史的なつながりゆえの政宗公紹介。
ふははは、ここで政宗公に出会えるとは(笑)

P1150494

大手門の模型がなかなか素敵。
ひゅーひゅー。

P1150493

さて、このあと伊達紋別まで足を伸ばします。
途中東室蘭で室蘭名物「やきとり」を頂きます・・・・
豚でも「やきとり」。

P1150503

伊達紋別。成実の子孫が開拓したのに、
政宗兜・・・成実立場なし・・(爆)

P1150504

迎賓館。前回は入れたのですが、
最近はボランティアの方がいないと入れないとか…

P1150506

博物館にれっつらごー!けむし!けむし!

P1150507

伊達好きな方にはひゃっほーできるものが
たくさんあると思われます(笑)

P1150509

こういうお椀で伊達御膳とかあったら、
きゃーきゃー言いそうな人を何人か知ってます(笑)

P1150520

P1150529

そして、これが見たかった!紺糸縅五枚胴具足、
通称、毛虫の具足。成実といえばこれ!

P1150511

P1150544

正直、毛虫以外はまぁそれほどインパクトないんですが
毛虫のびょーーーんがすごいですよね(笑)

最後に成実廟模型のご開帳。ホンモノのご開帳は
なかなかないんでしたっけね?

P1150545

ここからてくてく。すでに北の大地は寒い寒い。
東京の感覚で来ちゃうから冷える冷える…

何気にびっくりドンキーがよさげな建物で
目を引きました(笑)

P1150552

電灯に伊達三引両紋。

P1150553

伊達紋別駅に着くと、カシオペアが通過するとの報!
これは撮らねば・・・!! カシオペア、
もう乗ることもないんだな(泣)

食堂車がうらやますぎて。

P1150557

動力車。

P1150558

P1150562

P1150564

ここまでここまで・・・入っちゃダメだ!

P1150572

東京までお気をつけて!うらやまぁぁぁぁぁぁ…

P1150582

わてはかにめしと新スーパーニッカで小樽まで・・・
ということでここからは小樽の夜と余市編。

P1150597

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 江戸城寛永度天守復元調査報告書記念報告会。 | トップページ | ウイスキーのない余市と余市りんご展。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 林檎をもとめて…の前に北の伊達な地へ。:

« 江戸城寛永度天守復元調査報告書記念報告会。 | トップページ | ウイスキーのない余市と余市りんご展。 »