« 名古屋城特別陳列『天守にかける夢~戦災焼失から70年~』 | トップページ | 川中島のリタさん・・・からの川中島・善光寺参り。 »

名古屋城本丸御殿。

さて、名古屋城本丸御殿。
一部公開されてから、何度も行っているのですが、
いつでも来れるし・・・とすっかりスルーしていて(汗)

ちょうどよい機会なので、見学。
入母屋破風は創建当時、慶長期想定なんですよね。

P1090189

先ほどの古写真にも写っていたように、
幕末には入母屋破風は白漆喰のみの隅櫓と同様の、
スタイルだったんですけども。

これはこれですばらしいのですが、正確性という意味で
どうだったのかなぁと思わなくもないですが…

清々しい檜の空間。フレッシュ!実にフレッシュ!
すーはーすーはー(アヤシイ)

P1090192

THE・徳川の釘隠し。あの真ん中にある紋、
二条城の黒書院や日光東照宮でも見られるんですよね。
徳川の副紋なのかなぁ・・・

P1090196

車寄奥からさっそく立派な虎と金箔がお出迎え。
まばゆすぎる・・・・・

P1090207

P1090208

当時、虎のいない日本ではいわゆる虎の柄が雄、
豹の柄が雌と思われていたんだよね。

金箔もすごいのですが、竹の青々とした様子が
鮮烈な印象でしたね。

P1090212

こちらにも謎の紋。てか葵紋はなく謎紋だらけ。
なにか使い分けがあるんでしょうねぇ。

P1090226

表書院・上段之間。やはりすごい!

P1090230

基本、本丸は藩主ではなく将軍の空間。
バックに松を配するのも江戸城と同じ・・・・
やはり、藩主は座することなくあくまで将軍を
意図したつくりなのでしょうかね?

P1090232

ただ格天井はいたって質素。そもそもこういうつくり?
史料がないから?どうなんだろ。

P1090234

形状としては、折上格天井にはなっているんですがね。

P1090239

P1090244

二条城の一日城主特典のときのように、
ここにどーんと座りたいもんだよねぇ。

P1090246

とりあえず今はここまで。またこれからの第二期、第三期の
公開が待ち遠しいものです。そして本丸御殿再建に
尽力され、再建がすべて成る様を見ることなく、
亡くなられた夢童さんを思い出しました。

無念であったでしょう・・・
名古屋城を想う気持ちが今後の名古屋城の整備に
活かされていくことを切に願います。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 名古屋城特別陳列『天守にかける夢~戦災焼失から70年~』 | トップページ | 川中島のリタさん・・・からの川中島・善光寺参り。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋城本丸御殿。:

« 名古屋城特別陳列『天守にかける夢~戦災焼失から70年~』 | トップページ | 川中島のリタさん・・・からの川中島・善光寺参り。 »