« 南九州群郭式城郭を堪能する…前入り編 - 鶴嶺神社・知覧城 | トップページ | 南九州群郭式城郭を堪能する…②大隅高山城 »

南九州群郭式城郭を堪能する…①志布志城

さて、翌日。kaiさん(@mypace_kai)、
豪士さん(Gohshi77)、えりさん(@eri_neve_cae)を迎え、
志布志城・大隅高山城へ・・って言ってるのに、
鶴丸城集合なのは訳がありましてね。

P1040566

決して鹿児島医療センターの石垣にも、
弾痕があるんだ!とか言いにきたわけではないのです(笑)

P1040571

というか、鹿児島医療センターのほうに
石垣があること自体、これまで気づいてなかったという…

P1040572

さて、鶴丸城ですが、城内に建っている黎明館に
志布志城の模型があるからなんですね。
残念ながら撮影はできないので、しっかり凝視。

後で知ったのですが、志布志市埋蔵文化財センターにも
模型があるので、いつかこっちも見ておきたいもの。

さて、志布志城は志布志駅からは近く、
2km以内くらいで到着。そして志布志市埋蔵文化財センターは
駅から1km以内と至近・・・なのですが、
志布志に来るのがまず大変なんですよね・・・車ないと。

一度、飫肥城まで行ったことはありますが、
それも別府から九州に入って、杵築・臼杵・佐伯・延岡…
と18きっぷで巡って、さらにその先の飫肥まで来た時。

飫肥から志布志まで1時間半を往復・・・と考えると、
また次でいいやと思ってから、どれくらい
経ったでしょうねぇ。
やはり車を出してもらえる機会はありがたい!

さて、志布志城到着。

P1040574

ここから入っていきます。

P1040577

スタート地点はここ。

P1040579

いきなり、どぉぉぉぉんと切立つ高い土壁!
南九州的な(笑)お出迎えです。

P1040581

その脇を上がっていくと、「矢倉場」とある曲輪。
大手口のすぐ脇ということは、真っ先にここの弓矢を取って
攻撃にするための備えがあったのかもしれません。

P1040584

発掘調査で構造物の痕が多数発見されていて、
「矢倉場」という名称を思わせますね。

ここには城主だった新納氏の初代当主だった
新納時久の墓が残っています。島津家傍流で、
建武の頃に、足利尊氏と足利直義の対立が起こったときに、
直義側に付いた武将だそうですね。

P1040585

新納氏というと、猛将・新納忠元を輩出してますな。

さて、矢倉場をつっきって反対側に出ます。

P1040588

矢倉場の脇を壕が通ってますね。
そして今は小学校ですが、あちらが新納氏の居館跡。

P1040589

そしてその壕に沿って奥に向かっていきます。

P1040591

恒例の撮る人を撮るシリーズ(笑)

P1040592

壕底道をすすむあむ軍。

P1040595

このあたりっすね。

P1040597

やはりここも高さがすごいよね。

P1040599

これだけだとちょっと判りにくいけど、
曲輪に上るとすごさがより判るのよね・・・
相当な高さの土壁が迫った切通しのような感じ。

P1040601

P1040600

別の切り口から。ちょっと引くと高低差
わかりにくいんですが…

P1040603

目立つ色の寺さんが映ってるの見ると、
あ、こんな深いんだ!って判りますよね(笑)

P1040607

しかしその先にはまだまだすごいものが・・・

P1040608

この狭さとこの高さ!

P1040610

そそり立つ土壁・・この迫力には土も石もない、
城としての共通点を感じますね・・!!

P1040611

P1040612

振り返って撮った写真のほうが
迫力が伝わるかもしれない・・

P1040615

一同、なんじゃこりゃぁと圧倒されてますが、
まだ本丸下までしか進んでませんけど(笑)

P1040618

どうでもいいけど、写真を後から見返して、
四股踏んでるように見えちゃって爆笑!

P1040622

中ノ久尾を過ぎたあたりで、
左に曲がってみます。

P1040624

中ノ久尾とある曲輪の北側の二曲輪に
潜入してみます。

P1040626

ここが向かって東側右手にあるほうの曲輪。

P1040627

その先にはどんと行く手を阻まれますが…

P1040630

もちろんこれくらいの高低差はひょいと
通過していきますぜ!中段の曲輪に到達。
ここも櫓があってもおかしくない広い空間ですな。

P1040633

その先にも土塁的な感じ。ちょっとした仕切りという
感じでしょうかねぇ。

P1040638

この先はまた西の壕底が見えます。高い!

P1040643

そこであむさんがささっと虎口を下って、
壕底へ!普通ならわーいとしているようなところを
矢で射られて「うわぁぁぁぁ」となってるように
見えるのはご愛嬌ですな(笑)

P1040649

さて、わたしも下りましょう。
枡形にちゃんとなってるのがいいよねぇ。

P1040651

P1040652

P1040653

さてここからが西の壕底道、大空壕。

P1040659

人の大きさこれですからね・・・でかいでかい。

P1040658

曲輪を形成している土塁はちょっと茂ってて、
迫力はわかりませんけども・・・

P1040660

さて大ノ久尾方面に向かって進軍。

P1040661

P1040663

いい加減、この高さの土塁に囲まれる
壕底道が普通になってくる感覚の麻痺(笑)

P1040667

あれが大ノ久尾の曲輪への道。平虎口?

P1040669

P1040670

・・・の前に、竪壕見てからねっ。

P1040671

このまま、ひゅーーーーんと落ちてる勢い。

P1040672

さ、上がろ。

P1040674

大ノ久尾では、発掘調査をやってそうな雰囲気。
他と比べて相当広いので、馬場だったのかもしれないですし、
建物もあったかもしれないですが、調査でわかるといいですね。

P1040676

P1040678

さて、ここでおっひるー♪
皆コンビニ飯をほおばって、即進軍の構え(笑)
西の壕底道を戻ってゆきます。

P1040679

本丸と中ノ久尾との壕底道。

P1040686

このあたりね。

P1040687

本丸側の迫力がまたすごいんだ。

P1040683

中ノ久尾の南側の高低差も堪能して。

P1040692

中ノ久尾南北を分断する壕を南側から。

P1040696

さて、遅ればせではありますが、本丸堪能せねば!

P1040697

本丸虎口まできたっ!

P1040700

こんな感じでステキに曲がってる虎口を過ぎて、
本丸まで到達します。ずっとスルーしててごめんね(笑)

P1040701

P1040705

はーるばる、きたぜほんまるぅー♪

P1040708

おや、この土塁は櫓台でしょうかね?

P1040710

土塁の上には小さなほこら。

P1040712

本丸土塁からの高低差もなかなかのもの。
下から見上げた後に上から見下ろすと、
より立体的に把握できて楽しい。

P1040715

さらにその南側の本丸下段にも。

P1040717

P1040718

いろんなものが発掘されてんだなぁ!
金具類や碁石、土師器とか。
居住空間を思わせる出土品ですねぇ。

P1040720

南側には志布志湾がよく見えます。
見張りの意味でも絶好の曲輪。

P1040722

さて、そろそろ下城しますかね。

P1040726

P1040727

本丸登口跡って・・・ホントにこっち?
一直線ですやん(笑)

P1040730

さて、戻ってまいりました。最初の一城ですでに
濃密過ぎる城攻めになりました(笑)

P1040731

さて、続いては肝付氏の本城・高山城です。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 南九州群郭式城郭を堪能する…前入り編 - 鶴嶺神社・知覧城 | トップページ | 南九州群郭式城郭を堪能する…②大隅高山城 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南九州群郭式城郭を堪能する…①志布志城:

« 南九州群郭式城郭を堪能する…前入り編 - 鶴嶺神社・知覧城 | トップページ | 南九州群郭式城郭を堪能する…②大隅高山城 »