« Whisky Festival Tokyo 2014 - ブースめぐり。 | トップページ | 2014夏の余市(2) … 余市を学ぶ 旧下ヨイチ運上家 »

2014夏の余市(1) … 竹鶴政孝翁を偲ぶ

真冬の今に真夏のお話・・・少しでも暖かくなればと・・
という言い訳をかましながら、朝ドラ「マッサン」が
始まる直前の余市を振り返ってみます。

向かったのは8月の末。29日~31日。
なぜここか・・・というと、8/29の政孝さんの命日に
余市のお墓に参りたかったからなのです。

新千歳に着くなり、いきなりのソフト。
白い恋人ソフト・・・これは外せません☆

P1010368_2

政孝さん!来ましたよー!

P1010370

時間的に微妙だったので、小樽でバスに乗り換え。

P1010372

余市蒸留所☆と大々的に!
今までこんなことなかったもんなー(笑)

P1010375

余市に着いたら、あたりはマッサンのぼりだらけ!
かなりの人出と聞いていますが、始まる前から
その活気が感じられましたよ。

P1010381

ここ最近、真冬にばっかり行っていたので、
ぜんぜんお目にかかれませんでしたが、
駅前のウイスキーボトルをもってくる熊さんです。

P1010377

初めて気づいたんですが、ちゃんとボトルに
「ニッカ」と書いてあるんですな!ほー!

到着はお昼。余市観光の定番中の定番、
柿崎商店に参ります。ちょっと久しぶりかも?

P1010382

いくらいくらいくらぁぁぁぁ!うしゃしゃしゃ!

P1010383

蒸留所正門。見れば見るほど西洋の城に
見えてきますね・・一旦通り過ぎますね。

P1010387

この日の気温は最高23度、最低19度。
ものすごいいい気候だったと記憶しています。
政孝さんの命日の頃って、こんないい気候なんだと。
彼岸過ぎると、かなり涼しくなるようです。

P1010388

リタロードを歩いて余市橋から。ここすごく好き。
Whisky Fesitivalの記事でも書きましたが、
ここから吹く風の潮の香りが大好きでしてね。

P1010392

美園の丘は端を過ぎた交差点を左折。
角にセブンイレブンがあるのですが、さすがお膝元。
180mlシリーズの充実度よ。

P1010393_2

すでに沿道では秋桜の姿が。やはり北海道は夏から
秋、冬へのスピードが断然違うようですね。

P1010395

蜂さん、お食事中。

P1010397

ここが政孝さんとリタさんが眠る美園の丘入り口。

P1010398

冬はこんなになります・・・今頃もそうでしょうな。

P1240666

竹鶴さん夫妻のお墓に行く前に寄り道するとですね・・・
会津藩士の末裔の皆様のお墓が。一般の方々ですので、
直に掲載するのははばかられますが、「舊會津藩」の文字に
会津武士としての誇りを感じてしまいます。

P1010399_2

P1010434

こちらは最近になって古い墓石に新しい台座。
ここにも旧会津藩士の文字が。

P1010415

そのほか、武田花菱や武田割菱を家紋に持つ方も
かなりの数居られることに身震いがしました。
皆様、高遠以来なのか・・・!!

あとは黒河内家という姓にもハッと。八重の桜に
黒河内伝兵衛が出てきてましたからね・・・
連なる家柄の方でしょうか。

さらには松平家・・・の墓もありました。
会津松平家の松平家かは定かでありませんが、
紋を見る限り、会津葵ではなかったです・・・

そして、合葬された会津藩士の墓。
しっかり手を合わせます・・・合掌。

P1010414_2

リンゴを実らせてくださいまして有難うございました。
ウイスキーづくりが始まるまで陰で支えた存在、
だったでしょうね。

脇には、会津土津神社の御下賜神水。
会津とつながってるんだなぁ・・・

P1010412

そして・・・一段と高い丘の上に、
竹鶴夫妻の墓はあります。リタさんが亡くなられた際に、
自らも入れるよう、連名にした話は有名です。合掌。

P1010427

社員さんがお参りになったのでしょうか、
すでにきれいな花が供えられていました。
(竹鶴はわたしのお供え物。持ち帰りますた)

P1010421

裏の銘。IN LOVING MEMORY OF…

P1010426_2

わたしもはじめやられましたが、余市の蒸留所を
見下ろせる丘の上に眠る・・・とあるので、
あれが蒸留所だ!と思うのですが、余市町図書館。
余市蒸留所をイメージはしているみたいです☆

P1010430_2

帰る道すがら、季節はずれの紫陽花発見。

P1010439

戻ってくると、このおおきなNIKKAのロゴが。
このロゴ好きだー!

P1010441_2

そして、正門をくぐって蒸留所へ☆
ひゃっほーい♪

P1010442_2

ポットスチル。稼動していなくても、
見るだけでうれしいもんです。

P1010443

1号ポットスチル底板。これほしいー!
という人も居るんじゃなかろうか(ここにも)

P1010444

いつのまにこんな説明板・・・!!

P1010447

このマッサンかわいい。

P1010449

完全に萌えキャラやないですか(笑)

P1010450

いつの間にこんなもんも・・・!!

P1010452

工場設立当初の事務所。いつか入らせてもらえないかな…

P1010465

これそのままの中身なのかなぁ・・・
だとしたらもったいないよね・・・

P1010463

NIKKA印のフォークリフト!
(NIKKAとあれば大抵テンション上がる)

P1010467

なんか植樹してはったよ。

P1010469

Rita & Masatakaってレディファースト。

P1010473

このリタさん初見かも。結婚直後の帽子を被った
リタさんよりも昔の写真かな。あどけない感じがするね。

P1010475

この日は蒸留所内レストラン「樽」はお休み。
鶴翔会の控え室・・余市従業員のOB会とかかなぁ。
政孝さんを偲び、命日に毎年されているんでしょうね。

P1010476

NIKKA印のベビーカー(NIKKAとあればなんでも撮っちゃう)

P1010479

15時からは軽くガイドさんの案内を聴く前に軽く一杯。
竹鶴21年ノンチル。

P1010482

一番の発見はガイドのおねーさんが身に付けて
おられた旧・鶴ボトルのアクセサリー。
先輩方から代々受け継がれてきた貴重なモノだとか。

P1010495

試飲会場で見つけたポスター。
いいなぁ、ありがとう北海道、おかげさまで80周年。

P1010496

日も暮れてきました。なんとなく埋まった壕に
見える・・と城ヲタ臭を出しつつ。

P1010502

ロゴにも影が出ていい感じ。

P1010506

余市の夏の日没。

P1010508

この後、また余市橋をわたって余市川温泉で
ひとっ風呂浴びて、ごはんも。

P1010394

からあげとザンギの違いをさっと説明できない
非道民・・・

P1010511

食べて出てくると、いい感じの夕陽。
三日月のお月さんも。

P1010514

とことこ歩く先は余市駅。これから小樽へ。

P1010516

そう・・余市にきたら小樽のBAR。
毎度お世話になってるニッカバー・リタさん。
もうなくなっちゃった15年と20年のカスクをば。

P1010519

P1010521

そうそう、THE NIKKA 12年を最初に頂いたのも
こちらでしたね。サンプル品。

P1010522

そして帰る時間が近づいたときに、とあるニッカの方が
来店されて興味深いものを・・・
そう、BLACK NIKKAの復刻版。もちろんほしいですね!

P1010523

さて、1日目はこうして終了。
次の日は余市のバグパイプガールと会津藩の足跡めぐり。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« Whisky Festival Tokyo 2014 - ブースめぐり。 | トップページ | 2014夏の余市(2) … 余市を学ぶ 旧下ヨイチ運上家 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014夏の余市(1) … 竹鶴政孝翁を偲ぶ:

« Whisky Festival Tokyo 2014 - ブースめぐり。 | トップページ | 2014夏の余市(2) … 余市を学ぶ 旧下ヨイチ運上家 »