« Whisky LIVE 2014 - 1日目(2) サントリー福與チーフセミナー | トップページ | Whisky LIVE 2014 -2日目(4) ニッカ佐久間チーフセミナー »

Whisky LIVE 2014 - 1日目(3) 土屋守氏セミナー - 竹鶴ノート -

土屋守氏の竹鶴ノートに関するセミナー。

・・・とはいえ、竹鶴ノートにいたるまでの話で、
今やっているマッサンの監修もされていることもあり、
そっちに絡んだ話がおもしろかったです。

P1020278

■マッサン監修の話

この時は、マッサンが始まる前だったわけですけど
ある程度物語が進んだ今こそ思い返してみると、
いろいろ思うところがあるわけですよ。

100年前に映っていいもの悪いもの・・を
見極めるというわけです・・・

が。

たとえば、このウイスキーを飲んで、あまりにも
美味かったので、この蒸留所で働かせてくれ・・みたいな
筋書きが成り立つのかどうか?

ブレンテッドしかない時代、何十種類もブレンドされてる中で
この原酒がうまいから・・なんて当てられるはずもないと。
・・・うん、言われればそうやね・・・

てことはよ?あの「ハイランドケルト」はおかしいよね?
よくよくラベルを見ると、LONMORT DISTILLERYとあり、
政孝さんが研修したロングモーン蒸留所を明らかに意識。

ということは、ハイランドケルトはLONMORT DISTILLERYの
シングルモルトになってしまう・・・
実際、これが美味いからここで働かせてくれといって、
門前払いを食らってるシーンもありましたよね。

ちょっと・・・土屋さんの監修は・・・??
あれか、大河での小和田先生みたいに監修しても、
一向に取り合ってもらえない系か・・・・

インド人完全無視カレーならぬ、
土屋さん完全無視シナリオか・・・と
メモを読み返してみて、思ってしまったのでした(笑)

■竹鶴家の本家分家の話

あまりにもマッサンの影響が強いので、何がなんだか
判らなくなってきそうですが、政孝さんがそもそも酒蔵を
継ぐということはどうもありえないそうですね。

というのも・・・竹鶴家の全容をまず理解せねば。

竹鶴家は本家のほか角の竹鶴家、浜の竹鶴家と
分家が二家あるそうで、それぞれ通称角竹、浜竹。

浜竹は角竹の分家筋、つまり本家からは分家の分家に
あたるわけですが、政孝さんの父・敬次郎氏は
この浜竹の出であるそうです。

十一代竹鶴友三氏の時代に(友三氏についてはこちら参照)
跡取り夫婦がコレラで相次いで死去、
現当主の十三代寿夫氏が幼くして後見人を亡くします。

角竹の当主が朝鮮に渡って本家の面倒を見られないこと、
また政孝さんの母・チョウさんが本家の出
ということもあったのか、浜竹の敬次郎氏が
日本酒造りを引き継ぐことになったそう。

ただ、あくまで跡取りは本家十三代がいるわけであって、
政孝さんが日本酒造りには接していたでしょうが、
本家を継ぐことはどうもありえないようです。

なるほどね・・・で、その政孝さんが、
寿夫さんの結婚の際に仲人役を買って出ているんですよね。
父子揃って、本家を支えている浜の竹鶴家。

■摂津酒造とはどんな工場だったのか

摂津酒造、人はまぁわかるのですが、
どんな工場かがわからないんですってね・・・

かの岩井喜一郎専務が岩井式アルコール連続蒸留装置も
どのようなものだったかもわからないそうで。
数少ない手がかりとしては、当時の工場図面の鳥瞰図のみ。
相当大きな敷地で生産をしていたらしい
ということくらいしかわからないようですね。

ということなので、ドラマで描くには難しい・・ということで
ドラマでの住吉酒造は小さな工場として描かれることに
なったようですねぇ・・岩井専務が描かれなかったのも、
ちょっと関係しているのかもしれませんよね。

■四代目・阿部喜兵衛氏とは

摂津酒造の阿部喜兵衛社長。住吉酒造の田中大作のモデル。

代々喜兵衛(真田昌幸かw)を名乗っているそうで、
孫に当たる四代目が存命で、土屋氏がウイスキーワールドの
取材でインタビューしたときの話をしてくださいました。

二代目阿部喜兵衛氏には、女子しかおらず、
竹鶴政孝さんを養子として三代目を継がせる話は、
どうやら実際にあったようです。

この女性はマキさんとおっしゃり、四代目喜兵衛氏の母に
当たる方なんだそうですが、結局政孝さんとの
縁談が破談となり、三代目となる男性と結婚。
ただ、四代目が幼い頃に亡くなり、
四代目はあまり記憶がないそうですが、
二代目が残した手記によると、大変な美人だったとか。

その後、マキさんの妹(やはり二代目阿部喜兵衛氏の娘)
である敏子さんと三代目氏は再婚したそうで、
四代目氏は長じるまで、母は敏子さんだとばかり
思っていたそう・・・

・・・ということで、マッサン的な観点で非常に
おもしろかったですね。

最後にはアップルブランデー・リタ30年を振舞って
いただきました。やっぱり美味いね☆

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« Whisky LIVE 2014 - 1日目(2) サントリー福與チーフセミナー | トップページ | Whisky LIVE 2014 -2日目(4) ニッカ佐久間チーフセミナー »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/60894942

この記事へのトラックバック一覧です: Whisky LIVE 2014 - 1日目(3) 土屋守氏セミナー - 竹鶴ノート - :

« Whisky LIVE 2014 - 1日目(2) サントリー福與チーフセミナー | トップページ | Whisky LIVE 2014 -2日目(4) ニッカ佐久間チーフセミナー »