« THE NIKKA 40年。 | トップページ | 名古屋城天守閣フォーラム② - 河村市長 - »

名古屋城天守閣フォーラム①

さて・・・9月の初めの頃。名古屋城西南隅櫓
見に行く前に名古屋を訪れました。

そのわけは・・・名古屋城天守閣フォーラム。
抽選ではあったのですが、市外県外のわたしにも当選!

141130_1159_001

木造復元を考えるということで、2012年の
シンポジウム
に続いての参加。江戸城に最も興味がある…
のではあるのですが、名古屋城も気になる存在。

極めて精緻かつ膨大な史料群をもつ名古屋城大天守。
天守整備のモデルケースにもなりうると思え、
江戸城に限らず、多くの他城の参考事例になると思いますね。

場所は名古屋城内三の丸跡にある名古屋市公館。

P1010854

いい位置をどどーんと取りますよ(笑)

P1010858

開会宣言は下山浩司所長から。史実に忠実な復元ができる
「唯一の」・・・は言いすぎでしょ(笑)

P1010860

その史料の正確さと圧倒的に膨大な量でズバ抜けているのは
認めますけどね・・・これはすごいもの。

続いて、総合事務所主幹の寺本秀樹氏から
これまでの名古屋城大天守の歩みを簡単におさらいです。

P1010864

やっぱり大天守の内部写真がよかったよね・・・
大天守一階西側の武者走り。西南隅櫓と比較すると、
圧倒的な天井の高さですよね。さすが天守。

P1010867

小さく釘隠しも見えますね。天守にあるのはさもありなん
という感じですが、西南隅櫓にも釘隠しがあったことを考えると
逆に西南隅櫓の格式の高さを感じますよね。
木材は巨大な木曽檜が中心で、無節の材が使われているそう。

こちらは四階の階段。四階でも階段が途中で折れ、
上層部でもかなりの天井高があるさまが想像できます。

P1010869

四階の西側千鳥破風内。しっかりと独立した
空間になっていて、ここに狙撃兵を配備できそうな。

P1010870

最上階五階西側武者走り。ここも釘隠しが見えますし
杉戸や障子戸も見え、さながら御殿の様相。
ここでも将軍や藩主が座することが想定されてそう。

P1010872

いやー、すばらしいですね。なんといっても、
江戸城と違い、古写真がそれも内部の写真が残されている
というのはものすごく大きなポイントだと思います!

その他、昭和の実測図のご紹介も。大天守だけで56枚、
小天守も15枚の図面が残されているそうです。
鯱や千鳥破風といったパーツごとの実測図も豊富。

改めて立面図をみると、千鳥破風の角度が
緩やかなことに気づかされます。
(写真は前シンポジウムで展示されていた拡大図)

P1090142

比較用に現天守。

P1090292

比翼千鳥破風はそうでもないですが、
東側四層の千鳥破風や南側二層の千鳥破風が、
現天守のそれと比べると緩やかですね。

これ、大阪城天守閣の当初意匠と現意匠にも
感じることなんですが、戦前戦後の時期はおおよそ外観復元を
するにしても、勾配が急になる傾向があるのでしょうかね?

やはり、城郭建築の美しさという意味では、
オリジナルの角度のほうが美しいと思いますがね…

現天守に関してはやはり耐震改修が必要みたいですが、
それでも延長できる想定期間は約40年。そして
すでに文化庁からは現天守相当のRC天守は認めないと
お達しが出ているそうで、その意味では江戸城以上に、
木造復元の是非は、名古屋城にとって喫緊の課題でしょう。

名古屋市民にとって、名古屋城大天守がない…
という名古屋城の有様は許せないのではないでしょうか?

ということで、木造再建のお見積もり(2012年度)ですが、
現天守の撤去費、天守台石垣修復工事費含めて、
国産無節材のみを用いると約400億円、
国産材(節あり含)で約320億円。
外材の場合で約270億円という試算が出ているようです。

一方、現天守の修復・耐震補強工事ですけど、
こちらが約29億円というお見積もり。

もちろん絶対額なら、修復工事のほうが安いわけですけど
たとえば1年あたりの額で考えると、

RC天守耐震補強   約7250万円/年
節あり材木造再建   約8000万円/年

ということで、若干木造天守が高め。しかし木造天守は
仮に400年としての計算なので、木造天守は400年どころか、
500年でも600年でも保つだろうということを考えると、
木造天守のほうが割安という見方もできます。

また、RCの補強は40年。40年経過以降をどうするか?
という問題もあります。また40年経過後同じ修繕をして、
永らえられるのか?という点にも、不安があるのでは
という気がしますね。

いずれにしても、両者とも長期的な修繕費を織り込んで、
超長期スパンで費用計算をする必要がありますよね。

さて、このあとはパネルディスカッションということで、
パネリストの皆様から10分程度のプレゼン。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« THE NIKKA 40年。 | トップページ | 名古屋城天守閣フォーラム② - 河村市長 - »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/60662117

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋城天守閣フォーラム①:

« THE NIKKA 40年。 | トップページ | 名古屋城天守閣フォーラム② - 河村市長 - »