« 姫路城大天守のお姿だけちらり・・・+くろねこの巻。 | トップページ | 名古屋城西南隅櫓。 »

大坂城一番櫓。

さて、翌日。大坂城に行くついでに、
NHK大阪放送局へ・・あった、マッサンポスター!

P1040001

エリーの笑顔にほこほこしながら、大手門に向かいます。
あ、あれ・・・高麗門が?

P1040003

ひょえー・・せっかくの大手門枡形がぁぁぁぁ・・・

P1040004

まぁ、しゃーないわなぁ・・というところで、
本日の隊長みかん閣下(@hutakigusa)と遭遇。

市多聞跡は近づくことさえ無理・・・

P1040005

ここであっぴん。(@gnippa)さんと初対面。
さっそく、じょ・・・というのは自己規制。

ほどなくすばるさん(@subaru208)と
のるんさん(@norun2014)もお越しになって、
いざ一番櫓にGoGo!

P1040008

裏側はのぺらーっとしてますよね(笑)
ホントはまだ10時前だったんですが、のるんさんの
押しの一手で目の前まで並べましたよ♪

わくわくわくわく・・・・

P1040009

一番櫓一番乗りじゃー!さっそく石狭間はお迎え!

P1040011

天井の高いこと・・・大坂城の櫓ではそうとう高いよね!
そして天守造りな武者走りを配した構造。

P1040014

んでね・・・雨の日の現存櫓のお楽しみ。
ものすごい木の香りの甘いこと甘いこと・・・・
その場で材に凭れ掛かってすーはーすーはーする勢い・・
でしたが、妙齢の女子を前にして
そんなはしたないことを・・・メッ。

ま、でも金沢城石川櫓でハッとしたときのように、
好みのウイスキーを頂いているような錯覚をするくらい
好みな香りに包まれた空間でした。

一番櫓の狭間からの眺め・・・ずきゅーん!

P1040015

もいっちょ♪

P1040018

内側にも漆喰を塗った仕様。

P1040020

床板も滑りにくくする工夫だとかなんだとか。
そもそもこの時代はこういう仕上げにもんじゃないかと?

P1040022

武者走りを撮る。こういうところで一晩を過ごしたい…
(真っ暗だけどいいの)

P1040034

一番櫓の解説。WWII直後の一番櫓が痛々しい・・・

P1040023

よくここから復活できたよね。うん。

P1040026

大正年間の一番櫓と二番櫓。
二番櫓再建できないかなぁ・・・

P1040025

瓦がチラホラ。取り替えられたもの・・・というより
これから取り替えられる瓦かな?

P1040040

宝篋印塔の一部っぽい石が・・・これ、大坂城の石垣の
栗石に使われていたというやつか・・・!!

P1040043

二階への階段。階高なだけに二段に折れてるのね・・
みたいみたいみたい・・・・!!

P1040047

という声もむなしく退散します。
いやー、足元は悪かったけど、この香りをいただけたのは
雨の日ならではでしたなーくしししし。

ということで、大手枡形へ戻って多聞と千貫櫓にも。
某フォロワーさんとここで狭間から枡形を眺めながら
酒を飲むBAR『枡形』があったらなぁ・・と(笑)

P1040055

しかし、この眺めではとてもや枡形を堪能はできない…
せっかくの大手枡形公開なのに・・ざむねむ。

P1040059

一度観ているので、流し気味に観ましたが、
それでもこれだけ大きな枡形櫓門はやっぱりしびれますね。

P1040063

多聞櫓を出たら千貫櫓との接続部分の塀から、
またまた狭間から狙い撃ちー☆

P1040065

こんな塀ですね。あ、かわいい傘のみかん女史が
写っておりますです(笑)

P1040067

石狭間。遺構としては江戸城、大坂城、岡山城に。
石をくり貫いた部分をつくるだけで、
外からすんごく見にくくなるんだよね、ホント。

P1040069

さて、千貫櫓。この部分の謎はいまだ謎…
せっかくだからものの上げ下ろししたいです…
ていうか、二階に上らせてぇ。

P1040072

階段を虎視眈々…(イケマセン)

P1040074

やはり狙い口としては千貫櫓のほうがいい感じ。
横矢の利かせ方が断然すばらしい。

P1040075

千貫櫓や大手枡形に大坂城鉄砲隊を配備して、
いっせいに大手口に連射するようなパフォーマンス
あったらおもしろいのになぁ・・・ダメ?

取り替えた材を絶賛放置中なわけですが・・・

P1040077

どうもこの懸魚も取り替えた材らしい。
とりあえず張っといたら箔が付くやろ的な?(笑)

P1040081

なんかこういう櫓の窓から屋根の一部だけが出てる
みたいな構図が好き。撮っても撮ってもまた撮っちゃう。

P1040087

滴水瓦から文字通り滴り落ちる雨水。ぽとぽと。

P1040091

さて、みかん隊長の先導の下、
もと大阪市立博物館のレストランへ☆

とちゅう桜門から本丸に向かってったわけですが、
こ、こ、これは・・・漆喰塗りたて?それとも?
少なくとも下部分は剥がれとるがな・・・

P1040094

もと大阪市立博物館。この建物に入るのは、
閉館間近で最後に入れる・・というとき以来だったかな?

P1040097

皆さんみんな城石(じょうせき)カレー!
確かにお肉やジャガイモや大坂城の石垣の石みたいに
ごろごろとでっかい!わほ!

P1040096

公開予定の豊臣期大坂城石垣の図。
石垣の位置より、愛すべき豊臣期大坂城天守をガン見。

P1040098

そして徳川大坂城の図。こちらはどっちかというと
天守よりも大手門、桜門ともに多聞櫓ガッチリですげー!
とか、三重櫓並びまくりの本丸すげーとかそっち。

P1040099

本丸きたので、金蔵にも行っとこう。
唯一残る幕府の金蔵、そして2回も破られている金蔵(笑)

P1040101

イメージ的には金蔵というか牢屋なんだよね。

P1040102

ぜひこの千両箱を模した貯金箱を作っていただきたい。
わたしはともかく・・・徳川好きのみかんさんが
買ってくださるはずだから(笑)

P1040105

ま、一応天守もぱしゃり。
銅瓦葺・・・白漆喰(的なコンクリ)・・ぶつぶつ。

P1040107

ということで、極楽橋方面から退城。
おみやげ物売ってた侍ミュージアム撮るの忘れてた。

でも、もと大阪市立博物館で買ったクリアファイルは
気に入ったぜ・・・なんとなくデフォルメ化されて
わたし個人的に気になる点を削ぎ落としてくれててね。

141116_2025_001

大阪城公園で出会ったこの天守も違った角度の
同じテイストのイラストでした。素敵。

P1040109

ということで、大阪駅で皆さんとお別れ。
まったねー!ということで一路、名古屋城に向かうのでした。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


|

« 姫路城大天守のお姿だけちらり・・・+くろねこの巻。 | トップページ | 名古屋城西南隅櫓。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/60665011

この記事へのトラックバック一覧です: 大坂城一番櫓。:

« 姫路城大天守のお姿だけちらり・・・+くろねこの巻。 | トップページ | 名古屋城西南隅櫓。 »