« 柏ウイスキーフォーラム・・の前の武田史跡。 | トップページ | 江戸城外濠めぐり・・・再び。 »

柏ウイスキーフォーラム2014

さて、ウイスキーフォーラム
会場は今年からは結婚式場に変更。
マリアチャペルマリベール柏です。

P1003875

駅から送迎バスもあったようなんですけど、
時間もあることですし、えっちらおっちら歩いていきます。

おおー!柏城が見えてきたぞ(違)

P1020450

ちょうどカクテルコンペをやり始めたあたりで
着陣しました。ふふふ。

P1020457

作品の数々。カクテルは見た目の華やかさも
魅力のひとつなんだろうなぁ。

P1020469

さて、開会までには時間があるぞ・・・
というときにちょっとキツかったですねぇ。

コンビニはないし、水もウイスキーフォーラム本番から。
1Fのカフェは満席だし・・・のどが渇いても、
潤せるところがまったくなかったのが大変でしたね。

まぁそれだけクリアハイボールが美味しかった、
ということでもあるわけですがね・・・

さていよいよ開幕。飲むぞー。

P1020506

例年通り、イメージガールの方がお越しでした。
今年は岡愛恵さんとおっしゃいます。

P1020511

昨年の堀口ひかるさんは、twitterやってられたけど
岡さんはFacebookだけみたい。

フードはやはり、竹鶴づくし。
アサリの竹鶴蒸しに帆立貝の蒸し物~竹鶴の香り、
柏産地鶏と葱仕様の油淋鶏竹鶴風味、
銀カレイ西京焼竹鶴の香り・・・
そして、昨年もあった竹鶴醤油のお寿司。

P1020507

みんなフードに殺到するので、あまり食べられませんでしたが
まぁ、ハズレなく美味しいですわな。もう少しゆったり
できるといいんですがねぃ・・

会場で流されているビデオに、佐藤元マスターブレンダー発見!

P1020516

今回のいいところとしては、この限定グラスね。
1個は付いてくるのですが、500円で追加購入可能。

P1020601

これ、脚こそないのですけどいいカタチをしてて、
ウイスキーイベントのときの持ち歩きだとか、
スキットルに入れて旅にもっと行く際に
このグラスもあると、旅先でも香りをしっかり感じて
ウイスキーをいただけそうな気がしました☆

なぜか置いてあったオールドボトル。
飲ませてくれるわけではない・・・

P1020525

飲めるウイスキー自体は、余市12年、宮城峡12年、
ザニッカ12年、カフェモルト、ハイボール・・・
ということで、目だってすごいものはないんですけど。

とはいえ、柏工場イベントでは飲めないので、
柏でニッカ限定のお祭りということで、
気軽に参加できるイベントとして楽しむ分にはいいですね。

あ・・・!! とこんなところでも武田菱病の発作を
出しながら・・・(笑)

P1020526

無料のセミナーに参加してみます。
有料のティスティング30席ということもあって、
なかなか買えないのですよね。そんないざ!柏!
って駆けつけられないですし・・・

P1020527

本日の講師は本田雅之アンバサダー。
最近まで仙台ニッカサービスの社長をされていたそう。

P1020565

■政孝さんのエピソード■

余市に入社されたのは、昭和50年(1975年)。
かろうじて、政孝さんご存命の頃を知っておられるのね。
新入社員の頃に政孝さんが来られた際のパーティに参加とか!

歌を歌った本田さんに、手招きする政孝さん。
お前は何を勉強してきたか?をお聞きになったそう。
カイゼル髭でまぁ、怖かったそうです。だよなぁ。

でも、ニッカでも政孝さんと話したことのあるという、
数少ない方のようです。すげーすげー。

今話題の朝の連続テレビ小説「マッサン」でも、
政孝さん役の玉山さんに技術指導もされているそうで。
ブレンドの仕方やティスティングの方法など。

政孝さんのティスティングポーズをすると、
小指がぴょこぴょこ上がっちゃうらしくって。
そのシーンは放送はされていないようですね(笑)

この香りの感じ方ですけど、寒いスコットランドでは
手のぬくもりで暖めて香りを感じていたのではないか、
それを政孝さんが学んで、日本でもその方法を通していたのでは、
という話でした。どこまでもスコッチを師と仰ぐ、
竹鶴政孝という人の人となりを感じるエピソードです。

そういえば、実在の政孝夫婦との違いというと
身長差があるようですね。政孝さんとリタさんの写真、
座っている写真が多いそうなんです。

リタさんのほうが背が高いそうで、
それをカモフラージュするため・・・だったみたい。
こういうところでも負けずキライなのかな?<政孝さん
あとは、山高帽でごまかすとかね(笑)

政春さんとエリーさんは政春さんのほうが
高いですよね。まぁ、これはしゃーないでしょう。

そのほか、ゴルフもシングルの腕前だったリタさん、
到底かないっこない政孝さんは、ずっとゴルフを
しなかったんだそうですね。ふふふふ。

■政孝さんの経歴■

まぁ、このあたりはニッカラヴァーなら、
みな知っている話ではあるのですけど、
やっぱり、きっちりと壽屋の話、鳥井信治郎さんの話も
ちゃんと言及されるのはいいことだよね。

長男の吉太郎さんの話もされていたし、
日本のウイスキーの父として、
竹鶴・鳥井両氏を上げられてたましたからね。

芝川・加賀両氏と政孝さんをリタさんがつないだ
という話もいいよねー。

これがニッカ創業の大きな原動力となって、
ニッカVSサントリーの拮抗関係があってこその
ジャパニーズウイスキー史と考えると、
日本のウイスキーの母といっても過言ではない、
のかもしれませんね。うんうん。

■ウイスキーが北であるべき理由■

政孝さんがスコットランドにできるだけ近い環境で
つくるべきだとこだわったのは有名な話ですけど、
化学的な観点からも納得の行く理由があるようですね。

ひとつは吟醸香。フルーティな香りの元となる
成分みたいですが、北のほうにあるからこそ、
残りやすい・・・のだそうですよ。

P1020594

もうひとつがタンニン。お茶の成分としても
有名ですが、これを出しすぎない日本茶の淹れ方を
引き合いに出され、やはりタンニンを出しすぎない環境、
というのが大事なんじゃないか?とおっしゃってました。

P1020595

そして、余市で感じる磯の香り。
よく蒸留所そばの余市川にかかる余市橋から
磯の香りを感じるのが好きなのですけど、
この香りって、余市の原酒にも強く現れるものが
あってですね・・・という理由。

P1020596

実際に海藻やプランクトンから出るDMDS、
という成分が原酒の熟成途中に吸引することで、
原酒に香りが付くんですね。同じ磯の香りでも、
原酒を飲んだときに感じる磯の雰囲気と、
余市川で感じる香りって似ているんです。

宮城峡。緯度が高く落葉樹・針葉樹が多いわけですが、
ここも森林の香りの元になる成分が関係している
ってわけなんですね。ふむふむ。

P1020598

そして、この森の話ですが、柏工場の選定にも
関係しているそうです。麻布工場から移転させるに当たり、
柏の工業団地を紹介されたそうですが、こりゃダメじゃと。

そこで駅の西に森が残ってます、ここはどないですか?
と紹介されて、ここはいい!と(またもや)即決されたとか。
ここもまた、政孝さんが選んだ土地なんだなぁ。

ここでも宮城峡よろしく、木を伐ってはならんとの方針で、
つくられたのだそうですね。

P1020600

ウイスキーこそそう珍しいものを飲めるわけではないですが、
ニッカファンのお祭りと考えれば、なかなか楽しめます。

柏工場ではウイスキーはいただけないので、こちらのほうも
長く続いてほしいなぁと思うのでありました。

チケットもうちょっと簡単に買えるようには
なってほしいけどね・・東京の西の端に住んでるものには
購入はハードル高いっす(汗)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 柏ウイスキーフォーラム・・の前の武田史跡。 | トップページ | 江戸城外濠めぐり・・・再び。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/60501774

この記事へのトラックバック一覧です: 柏ウイスキーフォーラム2014:

« 柏ウイスキーフォーラム・・の前の武田史跡。 | トップページ | 江戸城外濠めぐり・・・再び。 »