« ウイスキー造りの現場からのメッセージ - ニッカウヰスキー佐藤元マスターブレンダー | トップページ | 仙台青葉まつり・・・本戦:仙台城。 »

仙台青葉まつり・・・前哨戦:宮城峡蒸留所&山形城

もう節操もなく書きやすいネタから書いてますが・・・
仙台青葉まつり。これも昨年行って楽しかったので、
安易に今年も行こうという算段。

まず今回は、仙台に着いたら宮城峡へと。
今年でちょうど45周年ですね。

P1400594

おー、スワンネックの部分が取り替えられてますね!
こうした変化のひとつひとつを見つけるのも
同じ蒸留所を何度行ってもおもしろいなと思えるトコ。

P1400598

取り替えられたのは、1基だけか。

P1400601

連続式蒸留器の説明ビデオ。うっひっひ、
この中に入ったことあるんだぜぇ・・と一人悦に浸る(笑)

P1400599

貯蔵庫。ちょっと熟成している感があまりないのが
アレなところではありますが・・・

P1400605

さて一通りサクッと見学を終えた後は、
いつもの有料試飲。もはや蒸留所に見学に来ている、
というより、ただ呑みにきている・・に近いな?
とおもうコトもよくあります(苦笑)

そこで気づいた・・・子鶴(笑)
いつの間にか鶴17年に180ml版ができていました。
8月に余市に行ったときにもありましたね。

P1400607

蒸留所限定なんでしょうか・・・ね?
まぁちょっとイイモノを電車に揺られて頂くにはいいね。

NIKKA伊達の幟。実際のパッケージ
DATEのAの字が政宗の兜前立てに
似せてあるくらいなんだけど、これくらいに
ガツーンと伊達色出してもらってもいいのよ?

P1400608

あるいはこんなのでも・・・1級ウイスキーの
THE MASAMUNE。

P1400620

クランチチョコ。これは配り物によろしい。
そして美味しい。うん。

P1400612

コケシ宮城峡ボトル。すでにかなり傷んでしまいましたが、
いろんな方にあ!ウイスキーボトルだ!と気づいてもらって
ウレシイ限りな逸品☆

P1400613

さて、イイカゲン有料試飲に行きます。
シングルカスク宮城峡25yo 樽番号78933。

Dsc_0602

新樽は新樽なんですが、今もっているバッチと違い、
かなりピートの効いた宮城峡新樽。オレンジピール感はなく
樽由来のウッディ感やウエハースの甘みがありつつ、
それ以上にコーヒーのロースト感が強い印象。

美味しいんですが、宮城峡にこの感じは求めてないかな…
と購入には至りませんでした。

せっかくなんで竹鶴21年ポートウッドフィニッシュも
あるというので頂きます。ノーマルと比較して。

P1400621

帰りに・・・あ、ポットスチルがない!
と思ったら、朝ドラ「マッサン」用に貸し出し中。
ある種、珍しい様子ですよね(笑)

P1400624

さて、お祭りは翌日だしちょっと時間もあるし…
ということで、仙山線をそのまま山形方面に抜けて、
山形城に行ってまいりました。

山形城・・・いつ以来でしょう・・・
ひょっとすると10年ぶりくらいか?と思って
検索してみると、2005年でした。
まだ建物オンリーに視線が向いてた頃ですね。

こうしてみると、土塁もきれいに整備されていいですね!
樹で覆われた土塁に往時の姿を重ねるのもいいですが、
こうしてキレイに手配されている土塁を見ると、
その美しさにハッとする思いがします。

P1400633

南大手枡形石垣。石垣の加工具合がタマランネ(笑)

P1400639

まるこい石多め。

P1400638

かなり立派な枡形。そりゃ当初は57万石の居城として、
近世城郭化に仕立てたわけだからなぁ・・・

P1400640

本丸。ダイナミックな土づくりの空壕ですが、
実は往時は水濠だったとか。

P1400641

奥には今時点(2014年9月)には完成している
本丸一文字門の再建途中の足場が見えます。

石垣の崩落跡。崩落した事実をとどめるために、
あえてこういう見せ方をしているそう。

P1400645

二の丸から本丸側へ変に突き出した部分。
明治以後に植わった樹を保護するために、
その部分を残した結果・・・移動しちゃだめ?

P1400644

逆なら二の丸への攻撃のための出隅になりうるけど、
この配置はおかしいものね・・・・

そして、工事中の本丸一文字門。

P1400651

2005年に行ったときの写真。
こうして経過が分かるのも長く写真を
残しててよかったなと思うひと時。

isigaki.jpg

完成予想図。濠には往時の通り水を張る予定だそう。

P1400656

櫓門も再建されるのかなー?どうだろうなー?
しかし、セオリー通りの外枡形ですね!

出来上がり間近の高麗門。

P1400658

櫓台石垣。かなりの高さだー!
というか、濠底降りたい・・・!!

P1400659

この高さ、一度は失われている石垣を
記録にしたがって復元したものとのこと。
パッと見にはわからないいい復元だと思いました!

さーて、復元されている東大手門のほうへ。
これも一度行ってはいますが、中に入った記憶が
なくてですね・・・(汗)

P1400665

あ、最上さんお邪魔しますー!
なんで古風な甲冑を身につけてられるか、
像のそばに解説あったんだけど、撮るの忘れたなー。

P1400663

規模の大きさから津山城の表中門あたり、
こんな感じだったのかなぁなどと想像したり。

P1400666

すーはーすーはーしながら櫓門内を
鑑賞します(笑)

P1400668

山形城にも赤瓦があったのかー!
混在していたんだね。

P1400667

ここにも赤瓦。本丸の城郭建築にも赤瓦が
使われていたんだろうかね?

P1400679

山形城の整備計画。平成40年までかけて、
県体育館・武道館・野球場・ソフトボール場などを移転。
すごい長期計画で本丸・二の丸が整備されようとしてます。

P1400670

いつ山形に来ても、どこか未来に向けて
整備されている姿をしばらく見ることになりそうですね。
本来の姿に戻っていく山形城。楽しみ。

整備予想図模型。なにより本丸濠が完全に
戻ってるのがいいね。本丸一文字門櫓門のほか、
本丸の各隅櫓も再建できたら、すばらしいだろうなぁ。

P1400674

最上時代の山形城図。57万石の中心らしく惣構がしっかり。
基本的にずっとこの構造が継承されています。

P1400676

という縄張り図がずっと展示されていました。

P1400682

そして、木造復元ならではの木材チェック。
ちょっと細身な感じがしますね。

P1400684

さて、降りて東大手門を外から観察。
矢穴が埋まっているのは何ででしょう・・・??

P1400686

近世城郭の枡形門ではついついやりたくなるこの角度。
高麗門をチラリ。

P1400688

逆に櫓門をチラリ。

P1400695

枡形を枡形らしくいい画で撮れるアングルかな?
ということで極私的なお気に入りです(笑)

しかし、ここの枡形一切狭間がないんでやんの。
実は、石狭間があるよーんとかってならまだしも・・・
これはなんだか違和感ありますねぇ。

P1400689

前回はそんなこと気にしなかったんだけど。
城を見る眼が肥えたかな。ふふふ。

全体がどうしても収まらずにぐぬぬ・・・
となりましたが、正面から高麗門。

P1400696

左手に櫓門。

P1400698

右手に平櫓。守りとしては強力そう。

P1400697

おめかしでは、石垣にハツリ仕上げがけっこうあって、
手が込んでいますね。

P1400693

二の丸濠はしっかり残ってる・・というあたり、
また陸軍を誘致した結果歩兵三十二連隊が駐屯し、
城内の櫓や御殿は破却、本丸は埋め立てられた・という点、
なにやら駿府城に似たような・・・

P1400692

一通り山形城を巡って、ベンチでおべんと広げてると、
なにやらお腹をすかせた御仁が・・・

P1400701

くれくれくれ!といわんばかりの表情。
牛肉どまん中だもん、あげませーん!

P1400702

さて、山形からは高速バスで仙台に戻り。
駅にかねたんいました。

P1400706

ここからは毎度おなじみBAR Andyさんところで
BARタイムを過ごします。

ハイランドパーク12年の旧瓶。
美味しいバイセンテナリーの同じ瓶ですね。
どことなくその印象もある気が・・・

P1400709

空き瓶だけ見せていただきました・・・これこれ。
これがおいしいんですわ。

Dsc_0670

我が家にもあるバイセンテナリー1977。
マイヴィンテージです。パンチは弱いですが、
実に穏やかでクリーミーな印象。

p1060735

いつもそういや誕生日に飲んでいたのに
今年は佐藤さんのイベントがあったから、
飲んでないやね・・・一度また開けるかな。

さて、翌日は仙台城をサッと見て、
仙台青葉まつりへと。仙台城はtwitterで拝見していた
あのガイドさんの説明を聴きながらっ☆

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« ウイスキー造りの現場からのメッセージ - ニッカウヰスキー佐藤元マスターブレンダー | トップページ | 仙台青葉まつり・・・本戦:仙台城。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台青葉まつり・・・前哨戦:宮城峡蒸留所&山形城:

« ウイスキー造りの現場からのメッセージ - ニッカウヰスキー佐藤元マスターブレンダー | トップページ | 仙台青葉まつり・・・本戦:仙台城。 »