« ビックリマン原画展。 | トップページ | 第35回川中島合戦戦国絵巻。 »

信玄棒道~若神子城より山本勘助墓。

もうそろそろ、秋の気配が感じる今日この頃。
にも関わらず、まだ4月の話題を書いてる今日この頃(汗)

一度歩いてみたいと思っていた棒道。
小海線近くの棒道は有名ですが、なんとなく基点から
なぞってみたいと思い、甲斐の起点・若神子城へ。

若神子城というと、よくプレイした信長の野望天翔記に
出てくる支城というのが真っ先に思い浮かびます。

しかし、歩きにとってはなかなか攻めにくい・・・
日野春駅から歩いて向かいます(え)

たぶん遺構ではないんだろうけど、いい感じの石垣。
隅石の算木積感がもっとあるといいんですがね。

P1390905

甲斐を歩いていると、こういう武田菱の蔵を
よく見かけるんですよね。武田菱の家紋の方の多いこと。

P1390912

甲斐源氏に由来するのかどうかはわかりませんが、
一軒一軒お尋ねして、その由来をお聞かせ
いただきたいくらいですわ・・・!!
(い、いや・・・やりませんよ、さすがに)

こちらは花菱です。ふほほほ。

P1390929

至るところで、武田菱や信玄公の姿の旗が
翻っているのも印象的。

P1390928

錦絵的な信玄公像。前立ての目つきが
けっこうかわいい。

P1390917

ここの旗のあるお宅の先がもう棒道沿い。
ここから棒道に沿って、まずは若神子城に向かいます。

P1390932

途中にあった祠から・・怪しい光が!
って、カメラの感光がおかしくてよくなってたんです・・・
なんででしょう・・・

P1390934

いまや棒道とはいえ、舗装はされてしまっていますが・・

P1390943

こうした土塁だったり・・・

P1390947

うねうねしたカーブに往時の様相を
感じたりするわけです。妄想するしかないですが。

P1390953

須玉総合支所に近い諏訪神社。
ここの裏手が若神子城に当たります。

P1390955

社殿は修繕中。いつの頃の建物だろう?
でも、若神子城という重要な城のそばに、
諏訪神社があるのがなんとも意味深っすな。

P1390958

須玉町ふるさと公園となってる若神子城。
かなり公園化されてしまってるのは、残念至極。

P1390962

宿借石。このあたりが大手らしい。

P1390995

かろうじて土塁跡がわかるかな?

P1390966

P1390968

この辺は曲輪+土塁って感じはするよね。
感じだけ・・・なんだけど。

P1390969

このあたりは、空壕跡か腰曲輪跡か。

P1390973

模擬狼煙台。上らせてはくれない・・・

P1390972

このあたりの狼煙台の多いこと!
信濃からの伝達に使われたんでしょうな。
獅子吼城や教来石民部屋敷跡もしっかり記載☆

P1390975

中心部(本丸?)は舗装されちゃって「あーあ」

P1390976

その先には、天正壬午の乱の際に、新府城に布陣した
徳川軍とここで対峙した北條軍の作、という薬研壕。
・・・にしても浅いな!埋まっちゃった?

P1390978

その先もザクッと削平されちゃったんだろうか。

P1390979

このあたりは曲輪跡のようにも見えなくもないが・・・
もし城の形状を活かしてくれていたら、だけど。

P1390984

駐車場がなんとなく枡形に見えてきたり。どだろ。

P1390987

搦手の備えというのがまったく分からん。
どこがなんかはっきりせぇ・・・

P1390988_2

北虎口。確かに土塁上から攻撃するには
好位置なのでこのあたりはよく残っているのかも?

P1390989

と考えると、枡形というよりは曲輪のひとつ、
と考えたほうがよさそうな駐車場。

P1390991

うーむ・・・まぁ残り具合はよろしくないとは
聞いてはいたので、驚きはないけどね。

さて、ここから北上して山本勘助墓を目指します。
実は勘助(菅助)は若神子城近くの棒道基点に
所領を得ていたそうで、今でも山本家があります。

途中の(なんてことのない)土木工事も
腰巻石垣に見えてくる罠。

P1390996

鎧堂観音。すっかり後で戻ろうと思ったのに
行くの忘れてた・・・不覚。

P1390998

高根クラインガルテンにて・・・また信玄公の旗。

P1400001

こちらはまた違う信玄公。
デザインひとつひとつ、違うのな~

P1400008

こちらも信玄公?弓を持ってちょっと古風な感じ。
流鏑馬でもなさるのでしょうか?

P1400009

昨年、真田の里でみつけた武田菱の鯉幟。
今年は甲斐で発見☆ なにこれ売ってるの!?

P1400014

さて・・・あたりを探し回ってようやく山本家発見。
三つ巴の紋が山本家の証。

P1400019

無残に横向きに立てかけられた山本勘助墓の案内板。
大河「風林火山」の頃に人が押し寄せたそうで、
山本家の皆さまが辟易して、公開をやめてしまったそう。

P1400022

年代モノの蔵。江戸時代ではあるでしょうが、
なかなか立派な文化財ですな・・・

P1400023

しかし、看板があんな状態だから、お墓の場所が分からん!

公開してやめてしまったから、どうかな・・・
と思いつつも、意を決して山本さんのお宅に
お墓の場所を尋ねてみることにしました。

特に煙たがられることもなく教えていただき感謝。
ただ公開はしていないので、垣根の外から
手を合わせることにいたしました。

P1400030

山本家、東側は傾斜が強く高台の上に
あるんだなというのが分かる地形。
ここも、城としての要素があったんでしょうか。

P1400035

この後、無謀にも獅子吼城に向かおうかとも思ったんですが、
天気もよくないし寒いし、諦めて帰路へ。

歩く道すがらやっぱり武田菱の蔵がたくさんあり、
ただ歩くだけでもわくわくしながら歩いておりました(笑)

P1400041

P1400043

武田菱鯉幟再び。やっぱりこのあたりだと
お持ちのお家多いのかな?

P1400057

国道141号線を歩いてて気づいた高台。
ちょうどこのあたりは高台になっているんですね!

P1400058

地形を見てみると、ちょうど舌状台地になってる。
ははぁ、なるほど・・・・

Daichi

屋敷とはいえ、そういう場所に建ってるのね、
とひとりニヤリとしたわたし。
台地がずっと先まで続きます。

P1400060

この後は、穴山まで行って穴山温泉でひとっ風呂。
サッパリして、帰路に着きました。

この日は・・・歩数を測り始めて一日の記録としては
最多歩数を記録!41,000歩超え!
消費1,000kcal超え!ひゃっはー!

41388

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« ビックリマン原画展。 | トップページ | 第35回川中島合戦戦国絵巻。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信玄棒道~若神子城より山本勘助墓。:

« ビックリマン原画展。 | トップページ | 第35回川中島合戦戦国絵巻。 »