« 敗者の日本史「長篠合戦と武田勝頼」②長篠合戦をつぶさに観る | トップページ | 第43回 信玄公祭り。 »

長篠合戦慰霊祭。

さて、書かないといけないことがたくさんあるのに
直近のできごとから(笑)

7月の初め、長篠合戦の慰霊祭があるということで、
武田家旧温会の皆様にお誘いいただき、
意を決して参加をいたしました。

140712_1117_001

意を決して・・・というのは、実は長篠は避けていた
という節があるんですよね。武田好きには辛くて。

ただ、昨年の研修会に一般枠で参加させてもらってから
いろいろコネクションができ、お誘いいただけるのは
非常に光栄なこと・・・ということで、今回初・長篠。

前日には、静岡入りして駿河遠江の城好きの皆さんと
飲み会を敢行しまして。さらさん(@akiusagi_apple)や
しまささん(@shimasaa)、お初のお目通りとなりました
ちずさん(@chizxx)さん、ありがとうございました・・・
こうして集まれるのはホントうれしいですね。

さて、翌日甲府を出発した旧温会の皆さまと静岡で合流。
ちょっとフォーマルめな格好で行ったのですが、
さりげなく武田菱をあしらうなど・・(だから武田菱じゃない)

Dsc_1047

お昼の滴翠庵翠峰さんで待ち合わせ。
丸子名物・とろろ汁を頂きました。
丸子って・・あの丸子城の丸子ですよ!

P1410295

とはいえ、歴史的には江戸時代に丸子宿で
食されていた定番料理のようです。
しかし・・・これがうまい!

自然薯に味噌汁を合わせたシンプルなものですが、
あれよあれよとお代わりしてしまいます。
薬味も忘れずに・・・

P1410298

最後のほうは麦ごはんも食いつくし、
とろろだけで全部食べちゃいましたよ!実にうまい!
静岡来たら、今度から必ず食べる・・・!!

さてお次は、駿府城。残念ながら坤櫓は
ルートに入ってなかったんで、また今度・・・
そういや入ったことのなかった紅葉山庭園。
平成13年整備ということで、新しい庭園なんですね。

P1410304

続いては、東御門と巽櫓をゆるーく散策。
やっぱり駿府城は枡形厳重。むしろなんで江戸城に
多聞櫓でくるんだ枡形がないのかが不思議…
などと思うなど。毎回、思うんですよね。

P1410310

P1410314

あとは、清水御門あたり再建されたらなぁ…とか、
豊臣大坂城天守かっこいいよなぁとか(駿府城関係ない)
いつも思うことは同じnikko81なのでした。

Dsc_1064

こうして武田家の皆さまが駿府におられるのも
興味深いことですよね・・・駿府館の欠片はないですが(汗)

さて、駿府城を出た後は一路、本日のお宿へ。
舘山寺温泉・浜名湖グランドホテルさざなみ館
なかなかこういういいお宿泊まらないので新鮮☆

お宿が同じだった方としばし興味深いお話を聴きながら、
温泉にもどっぷり☆麦茶を頂きながら、
風呂上りにも武田のお話に盛り上がります!

宴会では、どうぞどうぞと御宗家の隣に座らせていただき、
若干カチカチになりながら、なんか一発芸を!など
ムチャブリされながら・・・・アセアセ。
(すいません、そういうネタございません・・・)

御宗家が仰っていたことで興味深かったのは、
敵地にて没後当時から今まで、長らく地元で供養され
続けているのは異例で、ものすごく有難いことと。

もちろん、蜂が大量発生して武田軍の怨念が・・・
という面もあるのでしょうが、武田方としては、
敵地にて長く途切れず供養される有難さは格別ですよね。

敵軍である武田軍の鎮魂を長くしてくださっている
ということに武田軍の軍律の整った様を想像しますね・・・

皆様方、いろんな一家言をお持ちでいろいろ
勉強になりましたね。あと仲居のお姉さんかわいかった(笑)

最後は、皆さまで武田節の大合唱!
さすがに詩吟まではカバーできないわたしでしたが、
これは練習しておかないと・・・・

Dsc_1067

さて、翌日・・・・慰霊祭当日。
現地に着くと、孫子旗を持たせていただき、
旗持役を仰せつかりました☆

Dsc_1072

しっかりシャツも白の武田菱柄。(だから…!!)

Img_20140706_092756

会場ではすでにセッティングされていて、
長篠役武田家臣戦没諸霊位との位牌を前に
皆で祈りをささげます。躑躅ヶ崎のお水が供えられてる!

P1410323

法螺貝の音とともに、法要が始まります。

P1410324

長年にわたって武田家臣の御霊の鎮魂をされている
勝楽寺のご住職による読経。最初、般若心経でしたので、
わたしも唱えておりました。仏説摩訶般若波羅蜜多心経…

P1410328

続いて、勝頼公/勝頼夫人辞世の詠唱や
設楽原古戦場の歌唱に続いて、火縄銃鎮魂の礼射・・・!!

P1410337

頂いた資料のなかにオリジナル手ぬぐいが。
馬防柵から放たれる鉄砲玉の先には、どの武田の将が…(泣)

140712_1121_001

法要が終わった後、信玄塚(大塚)に参拝。
敢えて信長が「信玄」塚と命名したところに、
信長にとっての信玄公の存在の大きさが感じられますね。
(勝頼さんちょっと不憫ですが・・・)

P1410355

皆で花を手向け・・・

P1410341

躑躅ヶ崎のお水と武田神社のお神酒を・・・

P1410344

この後は、公民館で設楽原をまもる会さんと
竹広地区の皆様のご好意でお昼を頂きました。
焼き味噌がめっちゃうまかった・・・!!

P1410352

ビールもいただいたんですが、余ったようで
たくさん頂きました。むふふ。

帰りついでに、長篠城址にも寄ってくださいました。
まぁ・・・一瞬でしたがね・・・

にしても、空壕すげぇな!これはゆっくり観たいぞ!

P1410356

たぶん、奥平在城時の大改修によるものかな・・・

P1410357

土塁もなかなか・・・ここからゆっくり空壕を
眺めたいものよ・・・

P1410359

飯田線に貫通されていますが、この向こうに
長篠合戦時の武田軍が陣取っていたようですね・・・
川窪信実どのがここで討死されたのですよね・・・

P1410362

続いては、勝楽寺。先ほどのご住職のお話もお聴きしながら、
し武田諸将の御位牌に手を合わせる。感激のひとこと。

P1410373

山縣さんに・・・

P1410378

馬場さん。ううぅ・・・

P1410380

位牌は昭和初期の作で、お寺も織田徳川の戦勝の宴の折に
勝楽寺と改名された由来がありますが、
代々武田諸将のご供養をされているのだそう。

また、ご住職から、新府城の長篠合戦慰霊碑の話を
お聴きしました。あれ、信玄塚からと分骨してるんですね。
(新府城のネタまだblogに上げてない・・)

韮崎市民は先祖を供養していた歴史を知り、
先祖が帰ってきたことにものすごく感謝されているとか。
こういう歴史を尊びたいな、と心から思います。

さて、一行はこのあと豊橋駅へ。
皆さまは豊橋からお帰りになる方や甲府まで行かれる方…
さまざまですが、わたしはどうしても墓参りがしたく
ここから荷物を置いて戻りましたよ・・・(笑)

てことで、さっきまで近くにいた設楽原歴史資料館。
信玄塚のすぐそばです(汗)

P1410386

館内はフラッシュと特定のモノ以外は撮影OK☆
こういう方針すっごい有難い!

P1410388

野田城で信玄公を撃ったという伝説のある火縄銃。
その名も信玄砲・・・撃たれた側が名前の由来になるなんて。

P1410391

その野田城の縄張り。

P1410390

このフォントの孫子旗は見たことないけど・・・・
フォントはいいね。かっこいい。

P1410389

日輪の具足。江戸時代ってあるけど、
赤備えってことは武田軍のものかな??
日光だけに自分の甲冑には、日輪をあしらいたい。

P1410393

信玄原の火おんどりの様子。
生で見てみたいなぁ・・・

P1410405

さて、資料館を出て、時間の許す限り
武田諸将の墓参り(慰霊碑かな)を巡っていきます。

・・・の前に小塚にも。大塚が武田軍の墓、
小塚が織田・徳川軍の墓だそう。こちらにも南無…

P1410411

原隼人佐昌胤碑。地味な印象の陣場奉行で信玄公を
下支えして信頼の厚かった将。ある意味で、
わたしの今の仕事にも通じるところがあり、親近感があります。

P1410413

山縣三郎兵衛尉昌景碑。武田家きっての猛将にして
武田家臣団ではものすごく思い入れのある武将ですね。
山縣さんほどの武将が死を以って、防がねばならなかったとは。

P1410414

こちらがお墓なんでしょうかね。
五輪塔があるのは、昌景どのだけでした(行った中では)

P1410415

隣には嫡男・昌次碑と香坂又八郎助宣碑。

P1410416

横田備中守綱松墓。原美濃守虎胤の実子にして、
横田備中守高松の養子。

P1410417

そして、その近くに内藤修理亮昌秀碑。
内藤さん、すごい地味扱いされるけど・・・すごいよ!
昨年は子孫が会津藩に居たと知って、
武田贔屓には大注目でしたね・・・影薄かったけど。

P1410418

土屋右衛門尉昌続碑。元金丸平八郎。
曽根昌世や武藤喜兵衛らとともに信玄近習として
伸びた逸材ですね。

P1410420

昌続の弟に当たる昌恒(片手千人斬り)の遺児が
徳川家の下で大名になっていることもあり、
大正期に子爵土屋正直氏が立派な碑を建ててる模様。

P1410419

最後は甘利郷左衛門信康碑。このあたりで雨がぽつぽつ…

P1410421

ということで、ここで終了。
馬場美濃さまや真田兄弟の墓はちょっと遠いので、
また日を改めて参りましょう。

ということで、機会を与えてくださった
御宗家はじめ、武田家旧温会の皆様、本当にありがとうございました。
末永いお付き合いができれば、幸甚でございます・・・!!

武田家旧温会のblogも合わせてご覧くださいませ♪

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 敗者の日本史「長篠合戦と武田勝頼」②長篠合戦をつぶさに観る | トップページ | 第43回 信玄公祭り。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/60015915

この記事へのトラックバック一覧です: 長篠合戦慰霊祭。:

« 敗者の日本史「長篠合戦と武田勝頼」②長篠合戦をつぶさに観る | トップページ | 第43回 信玄公祭り。 »