« 鉛瓦を見る…ためだけの弾丸日帰り金沢城! | トップページ | サロン・デュ・ショコラ2014。 »

信玄公と松姫さまへ新年のご挨拶。

さて・・・少し遅くなりましたが1月の連休。
新年のご挨拶に軽く甲府へ。

お屋形さま、明けましておめでとうござります・・・
このときは、あんな大雪思いもよりませなんだ。

P1370685

いつもの通り、武田通りを北へ北へ・・・
右手に見えるのは、満蔵院。

P1370687

信玄公が毘沙門堂を建立した真言宗の寺院。
甲府で最も古い狛犬で有名だけど・・・
入母屋屋根と唐破風、そこに武田菱の軒丸瓦。
城好き×武田好き的いそっちのほうが眼福(笑)

武田通りは、武田菱のあれやこれやがあって、
歩いているだけでも、非常に楽しいんですけど、
街灯が新しくなっていて・・・花菱×割菱のコラボ☆

P1370688

もう15日になっていたんですが、初詣の方々で
ごった返す武田神社。やはり、山梨県随一の神社。

そんななか、西曲輪の南虎口あたりでなにやら工事中。
工事現場にも花菱があって、ニンマリ。

P1370689

こんな感じで、南虎口の枡形がわかりやすく整備
される見込みです。土橋部分がちょっと広いんじゃ?
という気はしますけどね・・・

P1370692

そして、腰巻石垣が。武田家の往時からあるんでしょうか?
それとも徳川・豊臣の改修時でしょうかね。
よく見ると、今でも西曲輪あたりはあるんですね。

P1370693

西曲輪は、南北の虎口がいい感じに整備されるといいな。
城らしい感じを感じられるスポットになりそうです。

もちろん、岩窪の信玄公火葬場にもいきますよ。
甲府のお墓といえば、こちらです。

P1370696

お屋形さま、今年もよろしくお願いいたします。

P1370699

実はここ、片手千人斬りの土屋昌恒屋敷跡。
甲府に無言のまま帰陣した信玄公が
ここで荼毘に付されたと伝わります。

・・・よく見ると、信玄公墓の周りには、
ぐるりと空壕で囲まれていて、土屋昌恒屋敷の壕跡?
だったらいいなぁ・・と妄想していました。

P1370702

ちょっと壕にしては、浅く狭い気はしますけどね。

P1370708

後代、この場所は魔縁塚として恐れられていたそうです。
しかし、ジャガイモの普及につとめ、天明の飢饉から
甲斐を救った甲府代官・中井清太夫九敬が治めていた
1779年、この場から石棺が発掘されました。

石棺に「法性院機山信玄大居士・天正元年癸四月十二日薨」
との銘があったことから、中井は幕府に届けた上で
信玄墓と定め、元通りに埋葬しました。

そして、甲斐にあった武田家の旧臣有志が
今に残る墓石を建てたんだそうです。

しかし、恵林寺の墓も旧武田家家臣団の有志で
百回忌を期に建てられたものですしね・・・
後の時代まで愛されすぎです、信玄公。

そう・・・恵林寺にも詣でようと思ったのですがね?
何を間違ったか、塩山に止まらない電車に乗ってしまい・・
あーれー!という間に八王子まで来ちゃいました(泣

せっかくだから・・ということで、松姫さまのもとへ。
近所なのに、わらわの元にはなぜ来ぬのじゃ!
ということかな・・・松姫さま、申し訳ござりません・・

あ、でも、この門松・・・武田家的にアカン・・
それは絶対やってはイカン・・・

P1370716

八王子にたどり着いた頃の松姫さまでしょうかね?
御年21歳。ものすごい美人だったんですよね・・・

P1370718

武田菱にニヤニヤ(しつこい)

P1370719

松姫さまはあちらにおわします。

P1370723

あ、まだ見てない安宅船を寄進したのは、
仁科盛信の孫なんだ。仁科資真(すけまさ)。

P1370724

そういえば、盛信の長男次男の系統は
残ってるんだよね。資真はどちらの系統でしょうか?

そのほか、金丸家墓なんてのもあって、
金丸という姓に甲斐を感じたりするわけです・・・!!

松姫さま、あけましておめでとうございます・・・!

P1370729

脇においてある姫の井戸のペッドボトルが
いいですね・・・!松姫さま本人の産湯でなかったにしても、
松姫にとってもなつかしいはずのゆかりの水。

松姫さま没後132年が経ったあと、
武田家家臣団でもあった八王子千人同心が
玉石垣を築きます。かなりセメントで補修は
されてはいますけど・・・・

P1370735

しかし、松姫さまもお菓子になったり、
通りの名前になったり、現代慕われていますよね。
武田家の皆さまの慕われっぷりに改めて感服した次第。

信玄公の娘である松姫さまは、武田家臣の末裔たる
彼らにとって特別な存在だったんでしょうね?

ごはんも八王子にて。前から気になっている
信玄亭にて。うっひょひょーい!

P1370741

お店の中にも孫子の旗(っぽい)がありました(笑)
どなたかな・・・勘助どのかな?

P1370742

八王子なので、たまねぎ入りの八王子
チャーシューメンを頂きました。なかなかうまいよ!

P1370746

醤油の香りやコクが比較的強めで、
わたし好みでした。もうちょっと駅から近ければな…

帰宅してから、姫の井戸のお水をチェイサーに
甲斐産のウイスキー白州を頂きました。
気持ち、美味しさがアップしたような(笑)

Img_20140113_2210221

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 鉛瓦を見る…ためだけの弾丸日帰り金沢城! | トップページ | サロン・デュ・ショコラ2014。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信玄公と松姫さまへ新年のご挨拶。:

« 鉛瓦を見る…ためだけの弾丸日帰り金沢城! | トップページ | サロン・デュ・ショコラ2014。 »