« 市河家文書・真下家所蔵文書から見る山本菅助像。 | トップページ | 2014年2月 武田信玄、上洛す。 »

久しぶりの吉田城。

さて、講演のあと。吉田城にも行ってまいりました。
吉田城に行ったのは、2005年以来・・・9年前。
いやいやいや・・どんだけ前やねん。

あの頃はまだそんなに城の知識もなかったよね・・・
ということもあり、年始に吉田城に行かれた方の
ツイートを見ていると、寄らずにいられなかったのです。

マンホールも、吉田城鉄櫓。

P1370786

三の丸の土塁。濠はすっかり失われてるけど、
土塁はしっかり。

P1370787

土塁だけど、門のあるところは石垣しっかり。
大きな石があるところが近世城郭っぽい。

P1370788

吉田城の古写真。今再建されている鉄櫓ではなく、
川手櫓とそれに続く多聞櫓。北御多門枡形を囲む多聞櫓。
奥には入道櫓。この姿が残っていたら格別なんだが・・・

P1370789

吉田城の現在の地図と往時の地図。
三の丸、二の丸濠は失われているけど、
本丸空壕はかなり見ごたえがあることに今回気づき。

P1370790

二の丸の濠そばにあった着到櫓。
土塁は二の丸の数少ない遺構・・・

P1370792

着到って、ひっくり返して呼ぶオサーン的な
雰囲気がしてならないのだが・・・
ザギンとかギロッポンとか・・・(笑)

本丸空壕。もともとは中世城郭だった風全開。
鉢巻石垣の鉢巻の幅が太い感じ?

P1370793

石垣もなかなかいい感じの打込接仕様。

P1370795

石垣上から、本丸空壕。けっこう迫力ある空壕。
以前はちゃんとみてなかった・・と反省しきり。

P1370799

吉田城の往時を知る貴重な手がかり。
絵図ではありますが、比較的正確に描かれている気が。

P1370797

正月に行かれたフォロワーさんと入母屋屋根の向きで
あーだこーだtwitterで話してたんですよね。

なかなか破風の多い櫓が多いようですが、
辰巳櫓、外向きに破風がないのに内側にある・・
ってとこに、ちょっと違和感。

なかなか刻印天国でもあるようです。
時間がなくてあまり探せませんでしたが・・・

P1370798

南多門。枡形にはなっていなくて真正面に
櫓門、右手に鉤型に折れている構造だったようです。
石垣少し崩されてますがね・・・

P1370800

石垣そのものは非常によろしい☆

P1370801

脇の階段から石垣上に上がれるようです!

P1370802

手前方向にかけて櫓門があった様子。
なんでここだけ崩してるんだろ・・・・

P1370804

入って、辰巳櫓方面へトコトコ。
このあたりは石垣じゃなく土塁の城。
もともとの姿に近いんでしょうね・・・高い!

P1370808

P1370810

が、内側から見ると石垣は低め。本丸自体が
けっこう周囲より高いんですね。

P1370815

あとですね、絵図では石垣である一方で
土塁の斜面が滑らかで、石を取り外したような感じはせず。
実際はどっちが正しいのだろう・・・!?

辰巳櫓跡。やっぱり土塁のままだった
と見るのが素直な様子だよな・・・

P1370809

復元鉄櫓。絵図や古写真と見比べるとわかりますが、
櫓の意匠違うんですよね・・吉田城はもっと下見板の櫓。

P1370813

あと、破風のデザインもちょっと・・・・
反りの具合とか、破風の大きさとかとか。

本丸東側の鉄御門あたりから見る空壕がすごくってですね・・・
これ鉄御門。石垣は低め。

P1370825

このあたりは石垣に野面感があって、
またまた見ごたえがあります。

P1370826

壕がすごいのよ。どどーんとダイナミック!

P1370821

P1370823

腰巻石垣も見つけました。これは池田輝政以前かも
しれませんね。ひゃほ。

P1370824

北側に参ります。入道櫓跡。

P1370829

礎石・・なわけないな。でかすぎる。

P1370832

そろそろ暗くなってきました・・・北多門。
突き当たりが櫓門跡。北側は枡形になってるんですな。

P1370837

枡形内。往時は土塀で囲まれていた様子。

P1370839

川手のほうに降りてゆきます。往時はこの正面に
多聞櫓があったようですね、古写真によれば。

P1370841

往時は多聞櫓があるわけで、非常に通路が狭そう。

P1370848

逆向きから。

P1370856


往時だと、川の中からになっちゃいますが・・・・
川手櫓跡。これ、川からの眺めだと鉄櫓、
埋没しちゃうよね・・・古写真という手がかりもあるんだし、
川手櫓を再建したほうがよかったんじゃないの?

P1370847

比較的近い位置の古写真をもいちど。

P1370789

川手櫓跡。奥行きは意外とないんだな。
あ、通路側にもっとせり出していたのか???

P1370849

鉄櫓石垣。この辺も野面感満載☆

P1370850

鉄櫓の西側にも、空壕が続いていました。
探検したかったけど時間が…もっとゆっくり来たいね。

P1370854

北側にびっしり築かれた石垣。
川を挟んですぐ本丸で、弱点と見られていたようで
高石垣と多くの櫓、枡形虎口で徹底防御。

P1370859

あれ、ここのカド円いや。

P1370860

そして、先ほど上から眺めた本丸空壕を・・・!!
だいぶん暗くなっちゃったけど、すんごいね!

P1370862

奥のほうに南側の石垣がかすかに見えますね。

P1370863

これは、やっぱりちゃんと見たい・・・
ということで、リベンジを決意するわたしなのでした。

P1370864

さて・・・豊橋を離れ、一路上洛!
また三河のけったいな(笑)徳川葵を見たり・・・

P1370870

誰得?という妖怪パン祭りに首を傾げたり
しながら、ゆるゆると駅まで歩きます。

P1370874

豊橋から各駅停車で京へ。
途中名古屋に立ち寄り、エキナカの立ち飲み
山ちゃんへGo!ピリ辛手羽先をサクッと頂ける!

P1370875

これ・・・個人的にはメッチャありがたい!
名古屋からの帰りとか必ず寄っちゃいそう・・・っ!!

さて、翌日は武田信玄公が悲願の上洛を果たします(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 市河家文書・真下家所蔵文書から見る山本菅助像。 | トップページ | 2014年2月 武田信玄、上洛す。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの吉田城。:

« 市河家文書・真下家所蔵文書から見る山本菅助像。 | トップページ | 2014年2月 武田信玄、上洛す。 »