« 夕暮れの大和郡山城。 | トップページ | 信玄公と松姫さまへ新年のご挨拶。 »

鉛瓦を見る…ためだけの弾丸日帰り金沢城!

まぁ、こう書いていると如何に正月遊びほうけていたか
というのがよくわかりますね・・(汗)
ということで、まだまだ行くなら関西からが近い金沢。

実は、twitterのタイムラインで、金沢城橋爪門
二の門鉛瓦が葺かれている途中の様子を見て、
これは見ておきたい・・・
せっかく関西に帰っているのだし!
ということで、いてもたってもいられず。

20140104143232

金沢駅にて。金沢といえば、金箔ですよね。
金箔のお店を巡るのも楽しいのですが、
今日は金沢城ONLY☆

P1360876

2015年春か・・・来年の今頃ですね。
そうなると、東京から金沢がグッと近くなる。
名古屋くらいの距離かなぁ。

P1360881

きました、石川門!鉛瓦の美しさ・・・
純白の姫路城の白漆喰もいいけど、
こちらの白はちょっと渋い白。大好き☆

P1360887

枡形内。ピッチリピチピチの石垣に
グルリと囲んだ多聞櫓。
手前には二重の石川櫓が待ち構える・・・!!

P1360911

ここを抜けると、復元櫓群が見えてくるんですが、
見たかったのはアレ!橋爪門続櫓に隣接する橋爪門二の門!

P1360913

今までは枡形の一の門(高麗門)のみで、枡形感が
あまり感じられなかったのですが、今回の再建によって、
櫓門とともに枡形塀も復元されるのは楽しみであります!

櫓門単体としては、河北門が城内最大だったそうですが、
枡形の広さとしては、橋爪門が最大。

櫓門に接近。

P1360914

この様子が見たかった!瓦型に加工した材に鉛板を
貼り付けかけた状態。鉛板の厚みもわかるし、
側面の鉛板を曲げて上からかぶせてあるんだ!ってとこも。

P1360915

アップ。けっこう薄いですよね。
だからこそ、本瓦よりも軽量化に寄与するんだろうな。

P1360960

手前の3枚だけ並丸瓦の部分まで覆ってあって、
どういう構造になってるか分かりやすい!

P1360962

漆喰はまだまだこれからのようです。
何度も何度も塗り重ねて、あの白さになっていきます。

P1360920

金沢城の復元には「石川の伝統的建築技術を伝える会」が
大きく関わっています。建築、石材、左官、金属屋根、
建具、瓦、タイル、鳶、造園緑化の9団体が連携。

P1360921

建設途中の見学会の詳しい様子も説明されてあり、
非常に興味深いです。食い入るように見ているのは、
わたしくらいのもんでしたがね・・・(笑)

P1360923

橋爪門二の門の材は、石川県産の能登ヒバと能登スギ。
その他国内産でケヤキとマツ。約56%の建材が
石川県産を使用しています。

人が通る門扉を支える柱などはケヤキが使われ、
櫓部分の梁などの構造部はマツが使われているようです。

P1360926

ただ、本来続櫓との接続はされていないところを
接続で来ちゃうようにしているそうです。
ちょっと残念だな…できればホンモノに
こだわってほしかったトコ。

その接続部分。続櫓の壁を壊しちゃうんだろうね。
むむ・・・

P1360969

現代の図面として起こされた橋爪門櫓門の立面図。
最近は、櫓や天守の図面だけでもわくわくするー!!

P1360936

P1360938

再建後の予定図。金沢城のおしゃれポイントかつ
狙撃のための重要ポイントの唐破風出窓も付いてます。

P1360944

出窓はまだまだこれからのようです。

P1360952

全景。石川門同様、枡形土塀+櫓門+二重櫓。
かなり厳重・・・中枢のある二の丸に至る
最後の関門ですしね。

P1360945

基になった古写真。もう少し全景のある
古写真があればいいのですがね・・意匠詳細は
石川門を参考にしているのでしょうね。

P1360949

しかし、見学箇所はこんな感じなんですが・・・

P1360977

かなり高い位置にあって、橋爪門二の門だけでなく
続櫓もこの角度でこの高さで見られるのは、
もう後にも先にも今回だけでしょう!わは。

P1360980

そして、石川門もなかなかいい感じで見れますよ。

P1360987

見学設備から降りて内側に廻って。
櫓門を支える石垣は新たに積むようですね・・・
まだ漆喰が塗られてないから、
檜材の香りが外まで漂ってきて・・うっとり。

P1360995

菱櫓の中にでも入るか?と思ったら、
あえなく時間切れ・・・しょうがない・・・

P1360998

ちょっと本丸もうろちょろして帰りますかね?
三十間長屋。屋根がけっこう傷んでるな・・・
鉛瓦換えてほしい・・・

Img_20140103_155828

今回初めて気づいたんですが、両側で破風の形状が
異なるんですね・・・本丸側は入母屋破風なのに
二の丸側は切妻破風なんですよ?なんでなんで???

P1360999

鶴丸倉庫。一応藩政期(幕末)の建造物だけど、
すっごいデザイン的に違和感・・・

Img_20140103_161038

だけど、このあたりからの橋爪門の様子がいい感じ。
完成時が楽しみなビュースポット☆

Img_20140103_162000

本丸戌亥櫓跡からも橋爪門がよく見られそう。

Img_20140103_162845

さ・・・もう暗いし撤収。金沢城!またね!

Img_20140103_165843

夜の美味しい時間は、ぶりしゃぶ・・どーしても
食べたかったんだよぅ!ぶり美味い!ぶり美味い!!

Img_20140103_182114

実は、三十間長屋から後はスマホによる写真なんですが、
まぁ、ある程度明るい間はブログ用に使えなくもない・・かな?
もともと、画素数はかなり落としてアップしますのでね。

ただやっぱり、白ボケしたり暗いところではダメ・・
なのは変わらないよね。まだまだデジカメの出番は要りそう。

滞在時間数時間程度・・・でしたが、極私的には
濃密過ぎる金沢の時間でありました。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 夕暮れの大和郡山城。 | トップページ | 信玄公と松姫さまへ新年のご挨拶。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉛瓦を見る…ためだけの弾丸日帰り金沢城!:

« 夕暮れの大和郡山城。 | トップページ | 信玄公と松姫さまへ新年のご挨拶。 »