« 行く年来る年、余市新樽で迎える年末年始。 | トップページ | 克明に記録された名古屋城を訪ねて…その2 巨大城郭名古屋城。 »

克明に記録された名古屋城を訪ねて…その1 清洲櫓。

さて…どんどん書ける間に書いときますよ!
11月の末、twitterの城好きの皆さまの評判のよい
名古屋城の展示を見てきました…巨大城郭・名古屋城。

Nagoyajo1

いやー・・・名古屋城に対する印象が
ガラッと変わるほど、すごく印象的で有意義な展示。
このためだけに名古屋に行った価値があったと思えます。

以前は名古屋くらいなら夜行バスで行ったものですが、
やはりここ最近疲れが激しいので、新幹線・・・
新幹線だと、富士山がしっかり見られるのでいいですね!
やはり、眼前に見えたらどうしても撮っちゃう。

P1350964

さて、せいしょこさんにご挨拶して本丸へ。
熊本のせいしょこさんとそっくりね。

P1350968

参考:熊本のせいしょこさん。

kiyomasa

名古屋城正門から入ります。
江戸城と似てるなあ・・と漠然と思っていたのですが、
明治末期に江戸城蓮池御門を移築、戦災で焼失後
再建されたんですってね。そりゃ似てるはずだわ。

P1350970

ていうことはさ、江戸城に蓮池門を再建するのは
わけないことだよね・・などと考えながら、
門をくぐってまいります。

ちょうど日光の位置もばっちりでものすごく
いい条件で名古屋城大天守☆

P1350979

名古屋城大天守の在りし日の姿。
この写真すごくいいですよね・・・・本丸御殿は、
もともと現存していた意匠は簡素化されてるんだな。

P1350980

もともと天守内の展示を目当てで行ったのですが、
清洲櫓も見せてくれるっていうなら・・・
もちろん行きますよね!

P1350981

以前にも中に入ったことはあるのですが、
ここ最近の城熱の盛り上がりで、
同じ櫓を見るにも目線が違ってきたな・・・!!
と感じた次第です。興味深い。

以前も感じたことですが、かなり広いですよね・・・
一階の床面積は天守クラスといってもいいでしょうね!

P1350992

構造的には、層塔型といった感じですね。
規則正しい武者走りが配されています。

P1350984

櫓内には、石垣下の胴木の展示。
1994年の台風で石垣が崩れた際に発見。
かなり腐食が進んでますよね・・うん、よくがんばった。

P1350985

お約束の石落とし。

P1350983

窓から濠を眺める。しかし広い濠だよな・・・

P1350988

こういう草の手入れって難しいんだろうけど、
なーんか間抜けなんだよなぁ・・・

P1350996

一階から二階への階段。城郭建築では、
マジかよ・・という急な階段が当たり前だったりしますが、
こちらは比較的に人に優しい階段かも(笑)

P1350993

二層目。構造的に似た構造・・・
というのが層塔型。

P1350997

規模は大きいものの、あまり柱は太くないかな。
その点、高松城月見櫓の(櫓としては)
圧倒的な迫力はないような気も・・・うーむ。

P1360001

光がこぼれるさまっていいよね・・・・
櫓が好きなのはそういう点もある。
煌びやかな御殿もいいけど、櫓内のシンプルな美しさ。

P1350999

二階の階上を見上げると、横木の交わったところに
三階の柱が・・・みな梁の上に横木を通し、
その上に柱を立ててるんだねぇ。

P1360005

P1360043

武者走りの上にはこうして横木を通してあり、
この上に柱を立てているんですよ。
これって、層塔型らしくないですよね?

P1360055

P1360053

こういうところは、どこか望楼型の様式を
残しているような気もするんですよね。

すごい模様の材。年輪がすごいね・・・
くんくん・・・マツかな?(笑)

P1360014

あちらに見えるのは、ウェスティンナゴヤキャッスル。
あそこに泊まって名古屋城を見てみたいものよ・・

P1360015

そして、三階。梁はそれなりに太いんですよね。

P1360023

往時は畳が敷かれていた感じがするねぇ。
敷いてここに泊まってみたいもの(どこでも言うてる)

P1360025

あの斜め線は後世の補強かな・・・・
やっぱり皆あるものなんだな。

P1360030

最上階も武者走りが配されるタイプ。
パッと見の構造は層塔型なんですけどねぇ。

P1360034

帰り、二層目で見つけた千鳥破風を支えている臍。
これ取っちゃうと千鳥破風がばったーんと
倒れてしまう・・・らしいですよ?

P1360047

けっこう簡易的に止めてあるだけのように…
これを外したら・・・まさかねぇ・・ははは。

P1360039

あ、こっちにも・・・これ他城では見ない構造ね。
前回来たときには気づかなかったなぁ。

P1360048

さて・・・そろそろ出ますか。肝心の展示を
見る時間がなくなっちゃうよ!(笑)

にしても、清洲櫓も漆喰の剥がれているところが。
直して差し上げたいね・・・・

P1360057

印象的なのは鬼瓦。大坂城は裏紋で簡略化された葵紋だが
ここは、尾張徳川の紋。やはり本拠地なんだな、と。

P1360062

別の場所に移されている天守礎石。
そういやちゃんと見ていなかった…L字型なのね?

P1360069

これって、天守指図と合わせてみて、
名古屋城大天守の構造をちゃんと理解したい・・・!!

さ、いよいよ天守内の展示ですよ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 行く年来る年、余市新樽で迎える年末年始。 | トップページ | 克明に記録された名古屋城を訪ねて…その2 巨大城郭名古屋城。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/59057626

この記事へのトラックバック一覧です: 克明に記録された名古屋城を訪ねて…その1 清洲櫓。:

« 行く年来る年、余市新樽で迎える年末年始。 | トップページ | 克明に記録された名古屋城を訪ねて…その2 巨大城郭名古屋城。 »