« 城の魅力を考える三要素。 | トップページ | 再び現存櫓を追う!その2 大坂城千貫櫓・金蔵・特別展+おまけ »

再び現存櫓を追う!その1 大坂城多聞櫓

11月は非常に忙しかったですね・・・・
おかしい、少しは余裕ができるはずだったのに・・
と言ってもしょうがなく、気がつけば師走。

書けるうちにブログを書いてしまわねば!
ということで、GWに続いて10月~11月の期間限定、
現存櫓めぐりの第2弾です。

10月は、大坂城。大阪人でありながら、
そこまで城にハマっていたわけではなかったので
在阪時代には現存櫓に行ったことがなくてですね。

今回チャンスがあったのは、千貫櫓と大手枡形を
構成する多聞櫓と大手櫓門。大阪城公園の模型。
今や残っている枡形はコレだけなんですよね(泣)

P1340286

これこれ。このためにわざわざ大阪に帰ってきたのです☆
ただ櫓門を「多聞櫓」と表現するのは、
ちょっと違和感あるなぁ。

P1340288

この日は大阪城公園駅で降りて、東外濠を
眺めながら本丸に向かいます。

P1340289

見ないうちに濠の水がきれいになっている…
藻は多いけど、透明度がある!

P1340290

魚が泳いでる姿も・・・キレイになったもんだ☆

P1340298

一番櫓。こちらも公開されることがあるようなので、
入ってみたいものですが・・・

P1340304

大坂の陣400年の幟。来年から再来年にかけて、
いろいろイベントがありそうな予感。

P1340309

六番櫓。こちらもいつか入りたい。
古写真では櫓が並んで壮観なんですけどね…
本当にもったいないことです。

P1340310

さて、あちらに見えてきたのが千貫櫓と
大手枡形。桝形虎口+脇に二重櫓と厳重な構造。

P1340312

千貫櫓。名古屋城の清須櫓もそうですが、
徳川らしいどっしりした印象の櫓。
名前の由来は、石山本願寺時代にまで遡る、
というのは有名な話ですよね。

P1340313

大手桝形門の櫓門。徳川的な印象ではあるけれど、
銅板が使われていない点がちょっと江戸城や
名古屋城、二条城と違っている点。

P1340317

大坂城の瓦は裏紋である丸に三つ裏葵がほとんど。
他の徳川城郭との違いを見るのもおもしろい。

P1340316

さて・・・いよいよ中に入りますよ!
わくわくわくわく・・・・

P1340318

多聞櫓の内側も普段は入れないみたい。

P1340319

ちょっと中に入る前に・・・他には
江戸城・岡山城にあるという石垣をくりぬいた狭間へ。

P1340323

狭間にばっかり注目してたら、足もとに
ひっつき虫が大量に(笑)

P1340324

多聞櫓内部。当たり前だが昼間でもかなり暗い。
・・・が、それがいいですよね。

P1340325

1783年に落雷で焼失した後、1848年に再建。
家茂や慶喜も巡視の際に入っているそうで
特に家茂はしばしば巡視していたとか。

石垣をくりぬいた狭間。櫓があると、
外側からは分かりにくいが、内側からは鉄砲で
安全に狙えそう・・・すごい!

P1340327

ちょっと狙える範囲は狭いかも?

P1340338

窓もあるけど、チキンなわたしは
石垣くりぬいた狭間のほうが安全だよね…
とか思っちゃいます(笑)

P1340340

内部構造は会津若松城(鶴ヶ城)の天守に連結する
走長屋を思い出す構造。長屋に詰めて、
戦時は廊下に張り出して銃撃・・という感じ?

P1340328

詰めの部屋。ここに籠城兵が寝泊りする想定。
福岡城の多聞櫓と違うね・・・福岡城は
詰めの部屋しかないから、硝煙を逃がす構造だったのかな?
大坂城の多聞櫓は詰めの部屋に仕切りはあったのか?
などなど思うこと多し。

P1340331

光の具合が美しいね。

P1340342

ま、木造建築を鑑賞するときには、
とりあえず上見上げるよね。梁にうっとり。

P1340336

こういう曲がった材があるほうが、
見甲斐があるなぁと思うようになりました。

P1340335

お気に入りの一枚。
なんだか天守の武者走りのようで。

P1340347

多聞櫓のカドと櫓門と交差するところでは、
大手枡形の説明が少しありました。

P1340364

天井も高くって、すごく開放感のある空間。

P1340366

落雷で焼失し、長らく石垣と高麗門だけだったそうで
そんな頃の絵図も残っていたりだとか。

P1340350

以前は、この絵図で塀となって描かれている部分も
「市多聞」という多聞櫓で、かつては多聞櫓で
枡形をぐるりと覆う堅固なつくりだったようですね。
駿府城の枡形にも通じる堅固さです。

今は焼け落ちて存在しない京橋口枡形。
こちらを見ると多聞櫓で囲われていますよね!
その厳重なつくりがわかります。

P1340353

こちらは桜門枡形の正面蛸石の上の多聞櫓。
桜門の枡形も多聞櫓・・・徳川幕府西の本拠地だけに
相当に戦闘的な構えを感じられますね。

P1340354

大手口、京橋口、桜門のほか玉造口、
山里丸にも枡形があり、どれも多聞櫓で覆われてたそう。

ちょっと面白かったのが、英語の解説も併せて付いてて、
枡形虎口はsquare-shaped defensesという表現に感心。
なるほどなぁ・・・すごくよく伝わる表現だなと。
狭間はloophole、土橋はearthen bridge。

P1340359

大手櫓門では、かつての櫓の部材展示。
しかし、櫓門もかなりの広さを感じましたね。さすが。

P1340374

かならず木造櫓では天井を見上げて
圧倒されるお楽しみ。

P1340410

修理の際に取り替えられた懸魚。

P1340390

鯱瓦。大手枡形櫓門の鯱が瓦だそうです。
かなりイカツイ目しててイイね!

P1340393

葵紋は徹底して、裏紋ですね。
どのような意図があったんでしょうかね・・・

P1340395

京橋口枡形と伏見櫓。構造的には大手口の大手枡形と
千貫櫓に似ているけれど、昭和まで残っていた三重櫓…
惜しい・・・惜しすぎる・・・

P1340372

桜門枡形の修復の様子の写真。

P1340375

貴重な蛸石の裏側!やはりうっすいですね(笑)

P1340376

このなかから「裏籠石」として、五輪塔が出てきたとか!
裏籠石を石垣に使っちゃうのは、大和郡山城や福知山城で
有名ですけど、裏籠石に使っちゃう辺り・・・
さすが大坂城ってところでしょうね。

P1340381

足利義教の時代のものだそうですね・・・
けっこうエライ僧侶の供養塔か。

P1340379

さて、櫓門には石落とし・・・ならぬ、
槍落としなる仕掛けが。機能的には同じなんですが…

P1340388

実は、石落としみたいに飛び出てないのですよ。
も一度、櫓門復習。ね、わかんないでしょ?

P1340317

普通の櫓門のつもりで、門をこじ開けようとしてたら
上から石や熱湯や槍が降ってくる・・・地味に
えげつない仕掛けです・・・大坂城すげぇ。

もちろん櫓上からも枡形に閉じ込めた敵兵を
バンバン攻撃。これ、幕府軍が籠城していたら、
ものすごい激戦になったかもしれない・・・

P1340385

そして、不思議なのが櫓門の内部が三段造りに
なっていること。櫓内でも中央が一段高くなっていて…

P1340406

櫓の端でも石垣からさらに一段盛り上げて
つくられていて、石垣だけでも高いのにさらに高低差を
つけようとしているんかな?なんて想像。

P1340415_2

さて、千貫櫓に向かいます!こちらもわたしの印象では
徳川らしい重厚感のあるどっしりした櫓で、
名古屋城の清須櫓なんかに通じるところがあるかな?

P1340416

やっぱり、葵紋は裏紋。江戸が表、大坂が裏?
なのかなぁ。

P1340417

大手櫓門と千貫櫓を結ぶ通路にも石垣をくりぬいて
つくった狭間が!こっちは余計なものがナイ!

P1340420

城好きにはたまらない眺め・・・かな?(笑)

P1340419

・・・ということで、この辺できりますね。
どんだけ書くことがあるんだ・・・もっともっとネタが
溜まっているのにこのスピード(汗)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 城の魅力を考える三要素。 | トップページ | 再び現存櫓を追う!その2 大坂城千貫櫓・金蔵・特別展+おまけ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び現存櫓を追う!その1 大坂城多聞櫓:

« 城の魅力を考える三要素。 | トップページ | 再び現存櫓を追う!その2 大坂城千貫櫓・金蔵・特別展+おまけ »