« 和式城郭最後の城・・・福江城 その1。 | トップページ | 城の魅力を考える三要素。 »

和式城郭最後の城・・・福江城 その2。

さて、南側。南西角は確認できませんでしたが、
南側の石垣はずっと残っていて、一部確認できるとこも!

P1320356

この手前の立っている部分はすべて埋め立て。
往時なら船にでも乗らないと、見られなかったわけですね。

やっぱり、円い(しつこい)

P1320359

とある駐車場の先に石垣を見られる部分が
再びでてきます。左手(西側)もいいのですが・・・

右手(東側)!このあたりの石垣が一番見甲斐が!
お気に入りのショットになりました。

P1320367

奥の櫓台のように見える部分。
実は櫓は建ってなかったみたいですね。

P1320369

そして、ここから視界が開け、
大きな濠が姿を現します!幅でけー!

P1320372

まぁ、デカイも何も元々三方を海に囲まれた
海城だったわけですが・・・南東隅あたりが一番
その海城らしさを感じられるのではないでしょうかね?

P1320376

ちょっとこれは圧倒されますよ!
福江城、舐めてたわ・・・と反省した瞬間です(苦笑)

櫓台だと最初は思いはしたんですが、これ櫓台なら
相当デカイ櫓になるよね・・と。名古屋城くらいでないと
この隅にぴったりはまる櫓は建たないなと実感。

P1320377

手前の陸地を脳内で消せば、何とか海城って思える…
高松城もこれくらいだったらいいのになぁ!
特に月見櫓周辺!!

P1320378

一部箇所では、二の丸石垣の上に本丸石垣が
ひょっこり見えるところもあります!

P1320385

しかし・・・あれは・・なんだ!
櫓っぽいが明らかに櫓ではない・・・・

P1320383

うーむー・・・

P1320388

ま、いいや。あれは・・船着場でしょうかね?
ここも周囲に石垣を配して、警戒している感じかな?

P1320390

明らかに模擬だったとしても、もうちょっと
カッコイイデザインだったら、まだ映えるのになぁ・・・

P1320391

濠はここで終わってしまっています。
往時はまだまだ濠が続いていましたが・・・・

P1320392

埋まった濠に沿って更に進んでいきます。
あ、右手に見えるのは枡形跡?

P1320393

その先にも石垣は続いていますが・・・・

P1320395

折れた先は、確認は難しそう。

P1320397

諦めて御番門(表門)枡形に侵入。小振りではあるけど、
江戸城か?と思うような枡形跡です。典型的。

P1320398

振り返ってみて。

P1320405

ここも横町口蹴出門同様、渡櫓門の石垣が
切込接亀甲積になってますね。

P1320410

P1320411

そして、両サイドとも門扉の跡がしっかり残っていて、
建地割でもでてきたら、再建できそうですね。
お金の面でしんどそうですけどね・・・・

そして、城内を再度うろうろ。この辺の内側も
やっぱり土塁+鉢巻石垣。

P1320417

んが、城山神社から福江文化会館のほうにかけ、
石垣がズラッと・・ひょっとすると、
これらは後世の石垣かもしれないね??

P1320418

いや、玉石垣だと明らかに後世・・とかって
非常に分からないので、築城当時のものかもしれないけどさ。

P1320420

この通路は、往時にはなかった通路。

P1320423

他の城でこれやられると、うそでしょー!
と思うんですが、ここはどうみても苔むした古い石垣が
玉石垣で構成されてるもんだから・・・わからん!

P1320427

ここから先は立ち入り禁止でしたが、
庭園の裏手に出てきているようですかね?
ここにも埋門。

P1320431

そして、福江文化会館から本丸濠あたりもチェック。
本丸濠は蓮で埋め尽くされてるな(汗)

P1320441

P1320443

ここも妙な埋まり方・・・実は、先ほどのあれ?
というのと同様、元は平虎口があったのを埋めてるみたい。
元に戻そうよ・・・橋は架けなくていいから。

P1320448

ある意味、埋門はいざというときに、
埋めてしまって防御の役に立つように・・と考えると、
その様子がわかる展示と言えなくもないですが(笑)

ここでちょっと雨がパラパラしてきたので、
文化会館の影で雨宿りしようと思ったら・・先客が。

P1320449

ごら、何の用や?

P1320450

さて、一瞬雨が収まった隙に・・・
五島観光歴史資料館に駆け込む!!

P1320452

館内からよく見える本丸石垣☆

P1320453

さて・・・館内展示なんですが、ずっと城模型凝視(笑)
ホントにその価値がある精巧でわかりやすいんです!

残念ながら、撮影禁止ではあるのですが・・・
こちらのページで少しでもイメージしてみてください。

ホント枡形もキレイに再現されているし、
本丸南東の隅櫓なんて、二条城の櫓に似てるな!
という発見もあったり。それに幕末らしく、
かなり離れた小島に台場を設けてたのも、見所。

ホントにねぇ・・・・他の文化財は一切撮影しないので、
城模型だけ撮影させてくれ!と懇願すればよかった。
なかなか五島には行かないからね・・・・

あと、五島家がなぜか武田菱を家紋にしてる
というのも興味深い。家祖を平家盛にしてるのに(笑)

が、歴史資料館を出たらスゴイ雨!
なんとかすぐそばの最近オープンしたオシャレカフェに
避難したんですが、まぁ場違いなこと(苦笑)
# ぜんぜん気にしませんがね(爆)

武家屋敷群とかも行きたかったんですが、
さすがにこの雨では・・・ということで早々に空港まで
退却しちまいました。また来ればいいしね!

で、五島を出る前に・・・五島うどん!
出汁はあごだしベース、麺は丸くて喉越しよく
つるつる喉に入っていくうどんです。

P1320512

さて、またプロペラ機に乗って五島離脱・・・
なかなかね、機会ナイですから・・
思い切って行ってよかった。またいつか再訪したい島。

P1320517

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 和式城郭最後の城・・・福江城 その1。 | トップページ | 城の魅力を考える三要素。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和式城郭最後の城・・・福江城 その2。:

« 和式城郭最後の城・・・福江城 その1。 | トップページ | 城の魅力を考える三要素。 »