« ブレンダーズ・トークライブ in NIKKA BLENDER'S BAR | トップページ | 戦国真田の城・岩櫃城 - その1 柳沢城。 »

期間限定の津山城天守。

さて・・・忙しいとある8月の中日。
ちょうど一ヶ月になるんですねぇ・・・・

津山城に期間限定で発泡スチロールの天守が、
お目見えするというニュースがあって、
非常に気になってはいたんですが。

なんと急に休みをGETできそう!ということで、
西へ飛んでまいりました。行かれることを知っていた
夕里さん(@umdry)やしろうさぎさん(@sirousagi77)と
お会いして、行けるわけですからね!

この日一日、泊まりもせずなんと日帰りで、
津山城に行ってしまいました!
(日帰り遠地城攻めは、11年の弘前城以来…)

激安プランで西に向かい、朝9時半すぎに姫路に集合☆
夕里さんの運転で少し姫路城にも向かいつつ…
少しだけ中濠めぐり☆濠として残ってるところも
あるんですね・・・いやいや、まだまだ姫路城もちゃんと
行ってないんですねぇ。反省。

P1310956

P1310958

中濠に掛かっていた姫路城久長門跡。

P1310962

やけに直線的だけど・・・と思ったら、
元々から直線的な枡形なんですね。枡形にはなってるけど、
高麗門のその先に(位置をずらさずに)櫓門。

P1310961

けっこう石垣が谷積でびっくりしました。

P1310964

この辺は、野面というべきでしょうかね。

P1310966

P1310967

このあと、城内図書館で縄張り図をGETして、
津山に向かいますよ☆ ただ、ムリして行ったせいか、
車内で居眠りを・・・夕里さんに運転して
頂いているところ、申し訳ない・・

津山では、思い出のホルモンうどん再び!
うむ、やはり美味しいねぇ♪

P1310968

眠そうな森さんを尻目に、ずんずん進みます。

P1310970

NARUTOフェスがあったせいか、津山城にも
NARUTOのキャラがいっぱい(笑)

P1310971

そして、ホントはなかった道を抜けて、
三の丸へ。ここでは津山城天守の再現アプリで、
現実の津山城跡にCGの天守をかぶせることができます☆

1376454561328

んが、手前の備中櫓と上手く重ねるのが難しい!
よくよく見るとCGバレバレなのがわかる写真に・・orz

ホントは、このバックに備中櫓とともに
天守が写るはずなんですが・・ぶれちゃった(泣)

P1310972

さて、表中門跡を上がって天守のほうへ。
しかしドでかい櫓門だよなぁ・・江戸城や大坂城とも
互角に渡り合えるくらいのものすごい門。

P1310973

P1310974

そして、備中櫓。今回は入りませんでしたが、
畳敷きで御殿の一部のような櫓。
住まうにはもってこい・・(こら)

P1310977

切手門付近の石垣の境い目。こういう境い目、
好物なんですよね。うひひ。

P1310979

ここで、階段はもう終わりよーって子供さんに
言ってるパパさんの声が後ろからして、
うそーん、まだあるやん・・・と思っていたら、
なんとしんさん(@shin_sakon)とそのお子様方でした(汗)

当日お越しになることは知っていたのですが、
見事に後ろから奇襲を受けてしまいました(笑)

んで、備中櫓前から見える1/2復元天守。
発泡スチロール製ですが、思ったほど悪くない。
ちょっとした隅櫓くらいの大きさですが(笑)

P1310980

まぁ、アップにするとアレなんですけどね。
元が発泡スチロールなんだからしょうがない。

P1310990

ここでも天守アプリで撮影可能・・が、
やっぱるブレる(泣)

1376456823770

ここで、絵好くおやじさん(@esqi_oyaji)とも
合流し、天守台に上がって間近で天守を。
やはり近すぎると、ハリボテ感あるよね・・(笑)

P1310982

八番門跡をあたりから振り返って。
少し離れてみるだけでも、随分と印象ちがうんだよね。

P1310985

北東隅の粟積櫓跡から天守。

P1310994

この後、城人オフでは行かなかった北側の縄張りを
見ながら降りていきます。

裏切手門跡。このあたりは紅葉が多く、
秋はきれいになりそうですね~

P1320004

P1320006_2

矢穴がポツンと。矢穴ではなく、門の材を
固定させていた跡かもしれないけど。

P1320009

枡形を下りて左折。裏鉄門。
裏門とはいえ、ここもなかなかの規模ですよ。

P1320010

ただし、残念なことに1809年に焼失した後は、
再建されることはなかったようです。

裏鉄門の南側の石垣は、ここも延ばされてますね。
腰巻櫓の建築がちょっと時代を下るのか、
それとも補修の跡なのか。うーむ。

P1320014

排水口。でも、ここはそんなにピッチリピチピチの
切込接石垣ではないから、排水できそうに思うんだけどなー。

P1320015

ここの階段を下ると、右手に裏中門。
搦手の門としては、津山城内最大級の門です。

P1320017

裏中門前の枡形。

P1320019

裏中門跡。表中門がデカ過ぎるのですが、
裏中門も、十分に立派な風情がありますよね。

P1320020

アチラ方面に行くと、裏下門から城外へ。

P1320022

色付櫓下石垣。反りが美しいねぇ。
石垣の大きな見所ですわな!

P1320023

そして、麹櫓(肘櫓)跡からの天守。
めっちゃ石垣となじんだ様子になってます!

P1320026

さて、多聞櫓下から最後の天守CG撮影スポットへ。
やっぱり、ズレる・・・これ、三脚いるんじゃね?

1376459975772

天守が、土塀に食いこんどるがな・・(笑)
さて、3地点で撮影を終えると、スペシャルコンテンツ。
津山城天守をいろんな角度に回転させて、
写真に貼り付けることができます☆

例えば、こんなイタズラにも(犠牲者:夕里さん)

1376460264219

かなりキレイにインプットされてるので、
アップさせても全然使えますね。

1377963485680

さて、裏下門から城外に出ますか・・・
城外を眺めると、厩濠。
数少ない津山城の現存水濠です。

P1320032

裏下門。この奥左手に櫓門跡。

P1320034

津山文化センター前で休憩。近くには薬研濠。
そこは薬研のカタチになってるんでしょうねぇ?

P1320037

そして、津山文化センター前からの天守が
なかなかいい眺め!天守曲輪(そんなもんないけど)の奥に
たたずむ天守のように見えるじゃないですか!

P1320044

あと、どこか丸亀城天守のようなこじんまりとした
感じがあったりして・・・意外と趣き深い。

厩濠と二の丸石垣、そして発泡スチロール天守(笑)
意外と絵になってるでしょ?ブルーシートが余計だが・・

P1320041

さて、この後は絵好くおやじさんとお別れし、
津山郷土博物館で模型を堪能。
しかし、3人して模型にばっかりかじりついて、
他はあまり見なかったなぁ(汗)

P1320045

ねぇねぇ、○○さんならどこから攻める?
みたいな会話が楽しかったです(笑)

西側。こちらには門はなく攻め入らせない構造。
やはり、西側からの攻め手を意識しているのかな?

P1320056

南側。大手はこちらなんですが、
石垣が高く櫓も大柄ではありますが、
技巧的な戦闘の仕掛けは少ないように思います。

P1320048

表鉄門と鼓櫓。総白漆喰塗籠の津山城の櫓群のなかで、
めずらしく下見板の櫓があったんだね。

P1320049

表中門。やはりデカイよなぁ・・・
ものすごい圧倒感があるんだろうなぁ。

P1320051

これ、枡形の奥にデカイ櫓門があるんじゃなくって、
手前にあるんだよね。仮に表中門が破られたら、
その上の切手門前まで、どーんと侵入されちゃう気がする。

P1320052

搦手のほうが防御力高いんじゃないかと思うほど。
右下の裏下門の枡形、さらにここを抜けたこの空間。

P1320061

裏下門に結合する紙櫓、そこから時計回りに、
飯干櫓、道明寺櫓、荒和布櫓、裏鉄門前の土塀、
そして裏中門。相当な集中砲火を浴びるのでは??
ここを突破するのは、難しそうですよ・・・

が、ここも裏中門を突破されると、裏鉄門まで
スッと行けちゃう気が。ここの枡形は
どう生かそうとしていたのですかねぇ。

P1320058

裏鉄門、石垣の間に挟まって狭そう(笑)
石垣の上と渡櫓とせず、間に収めるのは珍しい。

P1320066

裏中門を突破し裏鉄門方面を諦め、
直接、天守に向かおうとすると、立ちはだかるのが
長櫓・七番門と色付櫓。七番門は二重櫓門で、
かなり戦闘能力高そう。

P1320063

そんな中、北東の十二番門・十一番門から
本丸を目指すのが一番攻めやすいように思いました。
月見櫓からの攻撃はあると思いますが、
大手・搦手と比べれば、そんなに集中攻撃されるほどの
縄張りだったり、櫓があったりすることもなく…

P1320069

そして、最後に天守。破風がない天守も
それはそれで潔くって、悪くない気がします。
装飾性はないですが、スッキリしていますよね。

P1320055

天守最上層に置かれていたという、
細川家から贈られた鐘のレプリカ。
ホンモノは、なんと大阪にあるんですって…

P1320072


南蛮文化館
という、5月と11月にしか開いてない
ちょっと変わった博物館。11月かぁ…帰阪できるかね?

さて、〆は三の丸石垣がわずかに残るスポットへ。
津山セントラルホテルの脇を通り、南下すると
当時の土塁と石垣が見えてきます。

土塁と・・・

P1320080

足下に石垣。

P1320079

外濠跡の碑。が、津山城に行っても
こちらへの案内はまるで無し・・・

P1320078

津山の万里の長城ってのは、よくわかりません…

P1320082

下に降りて、できるだけ問題なさそうな範囲で
石垣をぱしゃり。個人宅っぽかったんでね。

P1320084

この辺りが、外濠の名残なんだろうねぇ。

P1320085

西側はもう完全に埋まってる。

P1320086

そして、京橋御門跡の碑。このあたりが大手口。
想起させるものはほとんどないけど…

P1320087

はい!ここで〆て大急ぎで帰ります!
ムーンライトながらで(笑)姫路まで夕里さんに
送ってもらって、そこから新快速経由で大垣。

最近までムーンライト乗る前は、大垣は時間を
つぶす方法ないなぁ…と名古屋まで行っちゃうことも
多かったんですが、日本海庄やがあることに気づき。

ここで、普通にお刺身食べながら酒飲んで
後は寝るだけ!ってパターンに持ち込めるんじゃない!
ということで、刺身(欠品多かったけど)頂き、
ハイボールをグビグビ。そして、日帰りで
ダイレクト出社と相成りました・・・体力勝負。

お世話になった皆さま、ありがとうございました☆

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« ブレンダーズ・トークライブ in NIKKA BLENDER'S BAR | トップページ | 戦国真田の城・岩櫃城 - その1 柳沢城。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/58193275

この記事へのトラックバック一覧です: 期間限定の津山城天守。:

« ブレンダーズ・トークライブ in NIKKA BLENDER'S BAR | トップページ | 戦国真田の城・岩櫃城 - その1 柳沢城。 »