« GWの西日本城攻め・・・その6 丸亀城 | トップページ | GWの西日本城攻め・・・その8 伊予松山城登り石垣~本壇 »

GWの西日本城攻め・・・その7 伊予松山城二の丸

さて、西日本城攻めの〆は、伊予松山城。
今ようやく、松山城天守の魅力がわかってきてですね…

朝は、フライング・スコッツマンという
オシャレなお店でスタート。

P1290213

極厚のパンケーキ、さらに二枚重ね☆

P1290214

んで、メイプルでろでろ~!
甘いもの好きの至極のブレックファースト♪

P1290215

ここはね、松山来たら押さえておいていいと思う、
甘党にとってはね。老舗の雰囲気も落ち着くし。

ということで、松山城へ。県庁裏の二の丸庭園から
登っていきますぜ。県庁に伊予柑!?

P1290217

二の丸石垣・・かなり高い!

P1290218

位置的には大きな濠に囲まれた三の丸と
山頂の本丸の間にあります。

P1290220

さて、向かいましょう。

P1290222

ここは門があったのかな。

P1290223

石垣にネットがかぶさっているのが残念・・・
修理できたらいいんだけど。

P1290224

二の丸の多聞櫓が見えてきました!

P1290226

二の丸は、元は藩主の政務空間だったところ、
1687年に三の丸(堀の内)が完成、藩主は三の丸御殿に
遷ることにより、世継ぎの屋敷としてつかわれたそう。

が、惜しくも県庁として使われていた
1872年に焼失してしまったとか・・・惜しい。

ズラッと石落としが並ぶ多聞櫓。もちろん再建。
石落としが並ぶ、しかもこの間隔で並ぶのって、
すごく珍しい気がします。壮観。

P1290227

道案内がありがたい。行きは南登り石垣が見られる
県庁裏登城道から。帰りは黒門口登城道にしよう。

P1290228

さて、二の丸多聞下から二の丸内へ。

P1290230

枡形ではありませんが、立派な多聞櫓。

P1290231

早速、多聞櫓内に。

P1290250

多聞櫓は木造で再建されてあって、なかなかの出来。

P1290245

期待してなかっただけに、のっけからいい誤算。
こういう木組みはどれを見てもワクワクです。

P1290234

多聞櫓内には、二の丸の模型があって・・やったーっ!

P1290233

部屋割りの図になってるってことは、外観の図が
残されてないのかなぁ。

P1290236

そのほか、筒井門の模型も。こうして見ると、
なぁーんだと思っちゃいますが、
意外とコレ、現物見ると引っかかるんですよね。

P1290246

土塀の控え柱、木と石を組み合わせてて…
ほほぅ・・・と注目。

P1290251

東端の門からは・・・

P1290254

南登り石垣の終端が見えますよー!

P1290255

んで、奥御殿跡。なんだ、現代的にしちゃってんだ…
と思ったら、この流水園、遺構を盛り土して保存した上で、
奥御殿の間取りに合わせて造られてるんですね!

P1290258

そして、表御殿跡は大井戸が見所。井戸って…
あまりにも大きすぎ(笑)

P1290259

P1290261

これ、飲料水としても使われたでしょうが、
防火用水としての意味が大きかったようですね。

P1290288

火災時には木桶で水を汲み上げ、それぞれの階段から
通路を経て迅速に火災現場に水を持っていく・・・
江戸時代は火災が起きても、破壊して延焼を防ぐ
破壊消火が中心だったわけで、この大井戸は先進的。

んが、その二の丸御殿が明治になって火災で焼失、
とはあまりにも皮肉な事実・・・

わたしはてっきり、道後温泉でも引いて、
露天風呂にでもしていたのかと・・・(笑)

露天風呂チックですよねぇ・・・
石垣に囲まれて最高じゃないですか!

P1290322

あ、でも亀さんが日向ぼっこしてましたよ?

P1290285

ある意味、露天風呂から上がって
休憩している的な感じです(笑)

表御殿は、柑橘類の草花園。
柑橘類のフレッシュな香りがします!!

P1290262

ここも遺構の上に間取りを再現してあって、
こちらは大書院跡。江戸城や二条城をコンパクトに
したような構造で、藩主は上段之間に座ったようです。

今植わっているのは、キシュウミカンとウンシュウミカン。

二の丸奥の大書院付近の石垣。けっこうな高さです。

P1290264

石垣は打込接。好みです。

P1290265

この辺の岩、石垣の石を切り出した跡かなぁ?

P1290267

そして、このあたりの石垣にも刻印がたくさん!
天下普請ではない石垣の刻印って、
どういう理由によるもんだろうね。卍に丸。

P1290268

刻印だらけ・・・

P1290273

丸に上、とあると村上水軍?の村上?

P1290276

多聞櫓だけではなく、四脚門や米蔵なんかの復元も
なかなかいい復元をしています。

P1290293

P1290297

どのくらい史料に基づいているのか、
寡聞にして知りませんが、これだけでも十分な城跡として
楽しめますよね。松山城、二の丸もやるやん。

P1290302

はるか上に小天守。大天守は見えんなー。

P1290303

林泉庭。ここは当時から庭園だったんでしょうな。
羽を休めているお方はホンマモンです(笑)

P1290314

お庭の様子は往時に近いのかな。どうなのかな。

P1290317

ちょっと帰り際に、お茶室聚楽亭を覘いていく。
いい場所だなぁ・・・これ、2~3,000円で借りられるのね。
お茶しなくても、城攻めオフ会の休憩とかによさげ。

P1290306

ホント、檜の香りがよくって癒されます。

丸がない葵紋の釘隠し。なんだかコミカル(笑)

P1290307

さて、登り石垣を見ながら、松山城本丸へ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« GWの西日本城攻め・・・その6 丸亀城 | トップページ | GWの西日本城攻め・・・その8 伊予松山城登り石垣~本壇 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GWの西日本城攻め・・・その7 伊予松山城二の丸:

« GWの西日本城攻め・・・その6 丸亀城 | トップページ | GWの西日本城攻め・・・その8 伊予松山城登り石垣~本壇 »