« GWの西日本城攻め・・・現存櫓を追う!その1 明石城坤櫓 | トップページ | GWの西日本城攻め・・・現存櫓を追う!その3 岡山城西の丸西手櫓 »

GWの西日本城攻め・・・現存櫓を追う!その2 備中松山城二重櫓

さて、次の現存櫓潜入・・・は、備中松山城。
昨年城人オフで行きましたが、今回の主役は二重櫓。

20130817213220

20130817213251_2

なかなかこちらの櫓に入れる機会はないので、
ぜひ行きたかったのです。

途中、ちょっとショートカットして姫路まで新幹線。
とりあえず、姫路城の模型は撮っとくよね(笑)

P1280570

備中高梁駅前のコンビニにはねこ。さすがに店の中には
入ってきはしないけど・・・皆様トリミングに夢中。

P1280571

P1280574

ヒマだったら、ねこの相手でもして楽しむところだが、
生憎の過密スケジュールのため、さっさと城へ。

かつては、備中高梁駅から歩いて城に行ったことも
あるんですけど、今日はタクシー。

P1280577

タクシーにも備中松山城天守が映っていて、
思わず撮っちゃいましたよ。

ざっと通り雨が降ったようだが、駅ついたら上がり、
その後も少し雨が降りそうな感じもあって心配でしたが、
なんとか保ちました。ふー。

P1280578

この日はやはりGWでもあって、人が多め。
石垣の上には、甲冑武者もおりまして。

P1280584

そういやほぼ1年前に、城人オフデビューしたんだな、
これがきっかけで城知識にドライブが掛かったんだよね、
などと振り返りながら、登城します。

天守前。こんな人が多い備中松山城は初です!

P1280586

山田方谷の紙芝居。松山藩の改革を推進し、
彼を師と仰ぐ人も多いといい、知名度は低いものの、
大河ドラマに推す声もあるとか。

P1280591

天守・・・あなたは今日は主役じゃないの。
ごめんね(笑)

P1280592

今日の主役!二重櫓さんです、どうぞ!
水谷勝宗の時代(1681-83年)に建てられたそう。

P1280594

重層櫓は、天守を除けばこの櫓のみであり、
貴重な存在だったようです。

一階に出入り口が二ヵ所あり、天守裏と後曲輪を
連結する役割を果たしていました。
あの辺りが、後ろ曲輪。城人オフの際には、
行かなかったので、後で行ってみましょう。

P1280595

内部は瓦や古写真、修理で取り替えられた
材の展示。いいねいいねー!

P1280653

大きな柱をくんくん・・・気のせいか、
甘いチョコっぽいような香りも?(戯言)

P1280596

一見、こちらのほうが古い材に見えるけど・・・

P1280598

実は、キレイに見えるこちらが江戸時代の材で、
マツとクリの木。

P1280597

さきほどの材はモミの木で、昭和の修理の際に
使われた材。適不適がこういうところに
出るんだなぁ・・と納得。

で、現役の梁に注目。このクイッとしている
加工はどういう意味があるんでしょう?

P1280612

古写真群。こちらは天守・・・見るも無残。

P1280601

一部の材は剥がされて、持ち出されていたのかも。
一層部分の竪板張りの板はゴソッとないよね。

P1280602

一方の二重櫓。こちらは比較的形状を保っている
という気はします。くたびれてはいますが…

P1280603

記念写真。どういう意図のものかわかりませんが、
これも昭和の修理前の写真でしょう。

P1280604

こちらは修理後・・でしょうか、ピッカピカの
二重櫓です。初々しいね!

P1280606

P1280607

そして、気になった鬼瓦。どこの鬼瓦??
かなり大きく、かといって天守にあったものでもなさそう。
麓の御殿にあったものでしょうかね?

P1280608

この二重櫓公開、ありがたいのは二階にも行けること!
ひゃー、うれしやうれしや!

P1280648

二階に上がったー!

P1280632

階段が急なのは、城ならではのお約束。

P1280635

入母屋を支える梁の曲がり方がすごいよね!
でも、上手くバランスとってる・・・さすが。

P1280637

反対側はお城によくある他城の紹介。

P1280639

一階部分の梁は、かなりキレイに加工されていて
修理の際に取り替えられたような印象だけど、
この梁は当時のままだろうなぁ。

「奉上棟」と記された板には、昭和参拾参年七月八日、
と記されています。昭和の修理ですね。

P1280616

時を経てきた木材がもちうる重厚感。
たまりませんなあ・・ずっとここにいたい。

P1280619

二層部分から後曲輪。これもなかなか
見れない貴重なショットかも。

P1280623

そして、天守。なかなかこの角度で
天守を見ることないっすよね!二重櫓の屋根も
含めたこの絡み具合がいい感じと自画自賛(苦笑)

P1280625

P1280629

天守だけを。けっこう天守の後姿好きなんで、
二重櫓の高さから撮れるのがウレシイ。

P1280626

普段ならこんな感じで少し角度が付くんだよね。

P1280649

そして、窓から覗き見る感じで(しつこい)

P1280644

うーん、二重櫓思いのほか、楽しかったなぁ。
ただ、外観修理もしたほうがいいと思うんよね・・・
あの落書きとか・・・許すまじ。

P1280654

けっこう漆喰の傷みも目立つしね。

P1280658

天守に入って、天守から二重櫓。

P1280666

天守の柱、二重櫓をみてきた後だと、
大きさに比して柱が結構細いよね・・・と思ったりも。

P1280672

P1280677

備中松山城天守は、囲炉裏があるのが特徴。
籠城するにしては、少し小さい気がするんだよね・・・

P1280676

まさかの八重さんと襄さん。備中松山に
お越しになったことがあるようです。ほほぅ。

P1280682

もちろん上に上がりますよ!

P1280683

階段の途中から、梁を間近で撮るのは好き(笑)

P1280684

天守二層。天守で二層というのも珍しいし、
神棚があるのも珍しいよね。

P1280693

天照大神のほか、水谷氏の守護神羽黒大権現を
祀っているのだそう。

P1280686

さ、天守に別れを告げて、後曲輪のほうに・・・

P1280696

天守は渋墨で塗られているけど、二重櫓など
他の櫓には塗られてなかったのかな。

本丸東御門から搦手に至るへ・・・
このあたりは岩盤に沿って石垣が組まれたんだろうね。

P1280721

後曲輪への道。もちろん、あんまし来る人いない。

P1280700

搦手門曲輪。今は先に道が途絶えており、
ここからの出入りは難しそう。

P1280701

その前には、本丸の裏門である腕木御門。

P1280703

水ノ手門脇曲輪。ここには十の平櫓跡。

P1280704

水ノ手門跡。この先に大松山城跡に行けますが…
今回はパスします。

P1280705

この石垣の違和感ありありなこと・・・
メッチャバランス悪そう。

P1280706

十の平櫓跡前から二重櫓。
けっこういい眺めですね、凛とした姿。

P1280707

水ノ手門脇曲輪から後曲輪に上がります。
この辺も固い岩盤の上なんだろうなぁ。

P1280710

後曲輪からの二重櫓。よくこの狭いところに
建ててるよなぁ・・・後ろにちょこっと天守も(笑)

P1280712

九の平櫓跡。

P1280713

後曲輪は、ちょっと整備されちゃいすぎな印象。
ここまではしなくていいのになぁ。

P1280714

九の平櫓跡から、しばし二重櫓と天守を・・・
ここでお弁当とか食べたかったなぁ。

P1280715

さて、撤収・・・歩いたことのない舗装された
ほうの道から下山したんですが、石垣っぽい遺構が
あってびっくり。行ってみるもんですなぁ。

P1280723

かなり古風な石垣で、中世山城にあるような石垣。
ひょっとしたら、中世遺構なのかもね。

P1280726

あとはずっとずっと歩いて駅まで・・・
高梁運動公園前の交差点。この石垣はけっこう
いい雰囲気だしているんだけど・・・どうだろ。

P1280732

中州公園のほうに抜けていきます。
この先には、麓の御殿があった県立高梁高校。

P1280734

この辺の石垣はどうだろうなぁ・・・
明治以後か往時のものか、けっこう判別が難しい。

P1280735

このあたりも、橋下は明治の谷積だけど、
道の脇にある石垣は、当時のもののようにも見える。

P1280736

あの石垣は、マヂでホンモノでしょ!

P1280738

んで、高校前。小高下谷川は当時の御屋敷の濠。

P1280740

少しばかり、当時の石垣っぽい部分を見つけると、
オッと思ってしまいます。あのへんとかあのへんとかね。

P1280741

P1280742

さて、途中で南に下り、御前神社。
おんざきと読むそう。難しい!

P1280746

順正寮跡。和洋折衷の建築がここにも。
明治にはキリスト教がかなり入っていたみたいですね。
新島襄が出てくるのも、その流れ。

P1280749

龍徳院の石垣。何気なくある石垣にも
いいものがけっこう多い・・・

P1280751

高梁基督教会堂。プロテスタント教会としては、
同志社のチャペルに続いて二番目に古い教会建築だとか。

P1280753

こう・・・西洋風に見せかけているんだけど、
建築技術的には、日本の技術が詰まっている・・っての、
これはこれでいいですよね~

わ、あの土蔵のデザイン、オシャレだなぁ。

P1280756

何故に電源のマークなんでしょう(笑)

P1280755

・・・とかなんとか、言ってると駅に到着。

歩いて城に向かったり、帰ってきたりするの、
歩くのが好きだからというのもあるんですけれども
思いもかけない何かを見つけることもある、
ということが楽しいからでもあるんですよね。

さて、この後は岡山まで。岡山城西の丸西手櫓を
見に行きますぜ。またもや天守は脇役(笑)
岡山城天守、超好きなんだけどね!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« GWの西日本城攻め・・・現存櫓を追う!その1 明石城坤櫓 | トップページ | GWの西日本城攻め・・・現存櫓を追う!その3 岡山城西の丸西手櫓 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/58011695

この記事へのトラックバック一覧です: GWの西日本城攻め・・・現存櫓を追う!その2 備中松山城二重櫓:

« GWの西日本城攻め・・・現存櫓を追う!その1 明石城坤櫓 | トップページ | GWの西日本城攻め・・・現存櫓を追う!その3 岡山城西の丸西手櫓 »