« 真田の郷を歩ききる!・・・その6:上田真田まつり① | トップページ | blogを書く意義と影響力との関係。#ブロガーサミット に寄せて »

真田の郷を歩ききる!・・・その6:上田真田まつり②

かなり周回遅れ感が目立ってきた今日この頃…
いや、既に3ヶ月空いてる時点で、
周回遅れも何も、という感じはしますが(汗)
ということで、武者行列と決戦劇でありまする。

P1280156

上田ではヒーローまで幸村さんチック(笑)
ウエイダーというそうです。

P1280157

眞田神社のお神輿、わっしょい!わっしょい!
おっちゃんがんばってるなぁ!

P1280160

群集に手を振る幸隆さん。やってみるとわかるけど、
これすっごく気持ちいいんですよね~

P1280161

なかなか行列ではいいポジションを確保できず、
せっかくの十勇士勢ぞろいも遠いよ(泣)

P1280166

昌幸さん。いいなー、あの甲冑かなりカッコイイよね。
登梯子のエピソードが好きというのもありますが(笑)

P1280168

んで、幸村さん。キリッとされてるなぁ。

P1280171

なぜか、織田のぶニャがと伊達まシャムねも応援に。
真田はないんだー。

P1280179

P1280184

幸村・・の名前ををねこっぽくするのは
難しいかな。むむむ。

さて、決戦劇に備え場所取りをいたします。

P1280186

やっぱりお辞儀する幸村さんなのでした。

P1280193

この幸村さんが写りいいかな?

P1280195

さて、いよいよ始まります・・・真田三代スタンバイ。

P1280201

というときに、カメラの向こうで小助さんは
妙に脚を開いてベーってやってます(笑)

P1280197

キリッとしたかと思えば・・・

P1280199

ニヤッとしてどうしたんでしょう・・(笑)

P1280205

幸村さんが気になるようです・・・

P1280216

あ、やべ、隠し撮りバレた(笑)

P1280214

ドシッと構える幸村さんに対し・・・

P1280208

すでにぐったりしている昌幸さん大丈夫ですか(汗)

P1280209

そんなうちに勇壮な真田陣太鼓の音色とともに、
第一次上田合戦(神川合戦)をモチーフにした
決戦劇が始まってまいります。

P1280221

十勇士の登場からスタート。

P1280225

小助さんはちょっと緊張気味。

P1280227

あら・・あれに見えるは余裕綽々の徳川軍。

P1280236

P1280239

あんな小勢で我らを迎え撃つのかと小馬鹿にして
ゲラゲラ笑い始めます。

さて、そんな徳川軍を小助どのの舞でおもてなし!
徳川の皆々さまー!

P1280242

遠路はるばるご苦労さまでございます!

P1280243

信州上田の土産話となりますよう、
それがしが舞をご披露いたしまする!

P1280246

穴山小助おもてなし奥義・・・
「徳川あいうえお作文」(爆笑)いってみよー!
三代目小助どのならではですねー♪

P1280247

「徳川」の「く」・・・「糞にまみれた三方が原!」
に吹きました(笑)反則だこれ、おもろ過ぎ!
あーはっはっはっは!!

P1280252

・・・っと小助どのの挑発が効いたところで
十勇士の皆さまが出陣。
三好伊三入道が・・か、かわいい・・・

P1280257

テレレレッテレー!で笑いを誘った由利鎌之介。
活躍はさておき、由利基幸という実在の人物が
真田家家臣にいたそうですね。

P1280259

クライド・ストライフ・・・じゃなかった
禰津甚八。どーみてもバスターソードに見える
大剣にマテリアを嵌める穴があるんじゃないかとか、
超究武神覇斬繰り出すんじゃないかと・・(笑)

P1280260

そして、穴山小助。一応設定としては、
梅雪の甥という設定です。
表情がちょいワルたまきさんです(笑)

P1280261

海野六郎。海野家といえば真田家にとって
嫡流筋に当たるんですが、ね。

P1280262

その先はちょっと遠くて写真撮れませんでした・・
爆弾野郎・望月六郎、鉄砲の名手・筧十蔵、
豪傑・三好清海入道、甲賀者・猿飛佐助。

P1280265

禰津甚八がクラウドなら、三好清海入道は
さしずめバレット・ウォーレスってとこかな(笑)

禰津さんが徳川軍に向かっていき、
バス・・じゃなかった大剣を振りかざして
徳川軍を一掃!悠然と戻ってくる禰津さん。

P1280271

いや、これはクラウドじゃなくザックスだ・・・
(FFネタ、しつこい)

三好伊三入道も強い!

P1280276

さて、小助どのの出陣。三人の敵を
一気に相手しますぞ!

P1280284

どりゃぁ!

P1280287

かかってこいや!と挑発する小助どの。

P1280297

うりゃぁぁぁ!

P1280298

最後の一兵!ぐわぁぁぁ!

P1280304

勝負あり!

P1280306

小助どのの勝ち!凱旋!

P1280307

十勇士の活躍で徳川軍を蹴散らした後、
いよいよ徳川軍部将が現れます。

大久保忠世。徳川十六神将に数えられる、
後の小田原藩の藩祖ですね。

P1280311

鳥居元忠。こちらも徳川十六神将。
伏見城の関ヶ原前哨戦での壮絶な玉砕で有名ですが、
上田合戦にも出陣してたんですねー。

P1280315

そして、平岩親吉。イマイチ印象が薄いですが、
甲府城の築城や関ヶ原後も甲府藩の経営に携るなど、
徳川時代の甲府にゆかりのある人物。

P1280320

いきり立つ徳川軍に・・・昌幸さんが
かかったなぁ・・ニヤリ(笑)

P1280323

お兄ちゃん(信幸さん)の伏兵!
なかなかワイルドな信幸さんですよね。

P1280327

かわいい真田軍も勇戦。

P1280329

信幸さんの一騎打ち。迫力があります!

P1280338

が、不覚!信幸さんが負傷・・ピンチ!

P1280343

そこに登場した幸村さん!
(こらこら、このとき人質で上杉にいたでしょ、
 とかゆーてはなりませんぞ)

P1280347

二将を同時に相手する幸村さん!

P1280351

P1280357

史実はちょっと置いといて、純粋にかっこいい。

P1280358

そして徳川軍を撃退した後、更に続けて・・・

P1280367

火攻めと追撃戦での神川をイメージしたダンスが!
火攻めの赤と川の水の青。こう来ましたか。

P1280376

P1280382

総崩れになった徳川軍、平岩親吉の悔しそうな顔が
実に印象的でしたね。

P1280386

信玄公直伝の軍略と戦術、真田家のおもてなしは
如何だったかな・・と台詞にちょいちょい
信玄公が出てくるあたり、うれしかったです☆

P1280390

そして、最後は皆で勝ち鬨じゃぁ!
幸村さんがええ顔したはるわ!えいえいおー!

P1280395

えいえいおー!

P1280404

えいえいおー!

P1280406

そして、紅白のお餅が配られました!
こっちこっちー!こっちにもくれー!!

P1280418

もう幸村さんが一生懸命なのがすごくわかります。
お餅配るのもこの勢いです(笑)

P1280424

わたしはゲットできなかったんですが、
後でお会いしたフォロワーさんに分けていただきました。
ありがたや~

P1280436

合戦劇の様子は、この殺陣をリードされていた
殺陣サークル眞の方の動画がありますので、
こちらをご覧くださいませませ。

四代目幸村公はじめ、皆様方お疲れさまでした。
各地の戦国に関するお祭りはありますが、
上田のお祭りは、アグレッシブで楽しいですね!
来た甲斐がありましたよ・・・うん。

【おまけ】上田の琥珀色の夜
この日、夜には上田のBarに足を運びました・・・
が、思っていたところは休日ということもあり、
さすがにお休みでしたが、J Barでいいひとときを
過ごすことができました・・上田にもいいBarがありますね。

P1280440

またいつものクライヌリッシュ祭り。
ホント、ハズレないなぁ。

P1280443

上田の夜を琥珀色で〆る・・・
いい夜ですわ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 真田の郷を歩ききる!・・・その6:上田真田まつり① | トップページ | blogを書く意義と影響力との関係。#ブロガーサミット に寄せて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田の郷を歩ききる!・・・その6:上田真田まつり②:

« 真田の郷を歩ききる!・・・その6:上田真田まつり① | トップページ | blogを書く意義と影響力との関係。#ブロガーサミット に寄せて »